H-D秋田は今日も営業中/シンブログ

Harley-Davidson秋田(店長)の徒然日記


テーマ:

 

FLHR/ロードキング。

その歴史を振り返れば、結構長いです。(笑

 

ツーリングファミリーは全て同じフレームなので、イコール=ツーリングファミリーの原点を探す事になります。

あまりさかのぼると、ハーレーの原点まで行ってしまいます。

ですので、より”ロードキング”らしい形になってきた原点。

 

それは....やはり1977年FLHS/ロードグライド・スポーツの登場ではないでしょうか。

東京にある「ハーレーダビッドソン陸友」さんだとカタログありそうだなー。

 

それから17年後の1994年。

初めてFLHR/ロードキングと言う名を授かりました。

ツーリングファミリーの同じフレーム、エンジンを使用しながらも、

大型フェアリング(やっこカウル)やオーディオ等は装備しない、シンプルツアラー。

クラシックなスタイリングで注目を浴びました。

 

そして1999年よりエボリューションエンジンからツインカム88(1450cc)エンジンに変更。

その後、2007年にはツインカム96(1584cc)。

2012年にはツインカム103(1689cc)!

 

2017年、新型エンジン「ミルウォーキーEight 107(1745cc)」を発表。

そして、この!2月に発表されたファクトリーカスタム「ロードキング・スペシャル」に繋がります。

 

常に発表/発売される最新モデルが”究極””最善””革新”と言われる世界。

(基本は「自分の愛車」が最高なのですが....笑)

まぁ、どんなメーカーもそうだと思いますが、最新モデルが”古いまま”だと嫌だよね。(汗

新しいモノにチャレンジしていく精神の表れなのでしょう。

 

 

オールブラックスなロードキング!クロームメッキとのコントラストがシビレマス。

待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

人それぞれ、好みがありますからね。

そして、ソフテイル/ブレイクアウトで人気な「タービンホイール」をツアラー用にして装着!

 

 

ツアラーモデル(ツーリングファミリー)の標準装備は、

ABS、ブレンボ製リフレックスブレーキ(前後連動)、Milwaukee-Eight™ 107エンジン、クルーズコントロール、

オドメータートリガースイッチ、油圧クラッチなど(それらの詳細はショール―ムでご確認くださいね)

 

それら標準装備に加え、

先月もブログに書きましたが、

エンジンコンポーネンツ(部品)、タービンホイール(F19、R18)、フロントフォーク、ライト(ナセル)、タンクパネルが!

 

 

全てオールブラックス!マフラーも!
サドルバッグもエクステンション(伸びる)しちゃっております。

ビビッドブラック  2,858,704 円(税抜)
チャコールデニム、オリーブゴールド 2,901,760 円(税抜)
ホットロッドレッドフレーク 3,128,149 円(税抜)

 

限定のロードキング・スペシャル。

是非!ご予約よろしくお願いします。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
映画ランキング♪
I like movies!!!I love movie theaters!!
2016年を総括(少し時間が経ちましたが、、)最終発表♪

邦題  /  原題  (配給)
ローグ・ワン スター・ウォーズ / Rogue One: A Star Wars Story(WDisney)
レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant (Fox)
シン・ゴジラ (東宝)
ボーダーライン / Sicario (角川)
デッドプール / Deadpool(Fox)
オデッセイ / The Martian (Fox)
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK / Jack Reacher: Never Go Back(Paramount)
君の名は (東宝)
スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight (ロングライド)
スーサイド・スクワッド / Suicide Squad (WB)
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies (Fox)
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの野望 / Batman v Superman -Dawn of Justice (WB)
ジェイソン・ボーン / Jason Bourne (Universal)
ブラック・スキャンダル / Black Mass (WB)
スタートレック ビヨンド / Star Trek Beyond (Paramount)
見えない目撃者 / 我是证人(GAGA)
サウルの息子 / Son of Sau (finefilms)
Xミッション / Point Break (WB)
エンド・オブ・クリムゾン / (アスミック・エース)
スティーブ・ジョブズ / Steve Jobs (Universal)
クリムゾン・ピーク / Crimson Peak (Universal)
マイケルムーアの世界侵略のススメ / Where To Invade Next (角川)
ヘイトフル・エイト / The Hateful Eight (GAGA)
インディペンデンス・デイ:リサージェンス / Independence Day: Resurgence (Fox)
ハドソン川の奇跡 / Sully (WB)
白鯨との闘い / In the Heart of the Sea (WB)
シビル・ウォー キャプテン・アメリカ / Captain America: Civil War (WDisney)
完全なるチェックメイト / Pawn Sacrifice (GAGA)
残穢 -住んではいけない部屋- (松竹)
フィフス・ウェイブ / The 5th Wave (Sony)
ザ・ウォーク / The Walk (Sony)

「目標を立てれば!願いは叶う!」と子供の頃に中学校の先生に教わりましたが、
目標数値(50本)があまりにも高すぎて、秋田県人口減少に歯止めをかける並みに厳しかった2016。
クリアならず、残念ながら31本でフィニッシュでしたw。

2015に引き続き、2016年も「スターウォーズ」に持っていかれた結果となりました。
まさにキラーコンテンツ!!ベーダー卿の圧倒的なパワー&恐怖!ローグワンはこれに尽きる。
最後、チアルートがカイバー・クリスタルを手に入れて「ジェダイ覚醒!ベイダー対決!」
なーんて見せ場があれば!!!と妄想してしまいましたヨ。(知らない方スミマセン)

ジャックリーチャーは意外に面白かった。
前作は独特のムードで変なハードボイルド系だったのですが、
今回はアクション控えめで、謎の娘(ミステリアス)ストーリーが良かった。最後は号泣で感動しますヨ。

2017も良い映画と出会えるといいな~。


さて、2017年ハーレーダビッドソンはいきなり!突然!新車種を投入してきましたヨ。
驚きますね。突然ですから。血圧に良くないです。
その名も「ロードキング・スペシャル」!
 
昨日発表!更には台数限定と言うね。
もっと早く教えてくれヨー!!シンガポーで教えてよ!
このような情報を我々にも明かさない!それがアメリカンスタイル。
TOPシークレット~♪(笑

ロードキングのカスタムパッケージにしては随分とこだわっておりまして、
エンジンコンポーネンツ(部品)、タービンホイール、フロントフォーク、ハンドル、タンクパネルがオールブラックス!マフラーも!
サドルバッグもエクステンション(伸びる)しちゃっております。

ビビッドブラック  2,858,704 円(税抜)
チャコールデニム、オリーブゴールド 2,901,760 円(税抜)
ホットロッドレッドフレーク 3,128,149 円(税抜)

ブラックアウトされたマシンは、アダルト&ヤング!どの世代にも合うんじゃないでしょうか。
ダークカスタムが施された渾身のスペシャル!
ヤバイ!欲しい....私のローンが全然終わらない...(汗

よろしくお願いします。(笑
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨夜、Facebookページ(Harley-Davidson Akita)のインサイト(統計)を見ていて気が付いた。

ページにいいね!をしてくれた方の数が1400人を超えた。

ありがたし!ありがたいですね~。

 

少しご説明しますと「Facebook=個人用」で「Facebookページ=企業用」

以前はFacebookファンページと呼ばれていた時期もありますが、現在はFacebookページ(FBページ)と呼ばれております。

FBページではアクセス時間帯や男女比率などインサイトを分析できます。

流石に個人情報は分析できませんが(笑)、アクセスしてくれた方のお住まいの地域(市町村)などは分かります。

HPやブログなどでインサイトを取ろうとすると有料になるサイトも多い中、凄い世の中です。

 

インサイトを見ると、県外の方のアクセスが想像以上に多い。

全体の5割以上(780名)は県外からのアクセス。残り620名は秋田県内の方。

その620名の内、約6割に当たる370人が秋田市の方となります。

青森、岩手、山形の北東北の方を中心に全国&世界各地の方々。

日本国内だと北は札幌、南は京都&奈良。世界だと31ヶ国の方からアクセスいただいている。

FBだと自動翻訳機能が付いているので海外の方もみれる。この辺りがFBの特徴で面白い。

 

実際、外国人の来店客も年々増えている。

先日もマレーシアから来てくれたヨスさん。オイル関係(油田?)の仕事で秋田に勉強しに来てたみたい。

アメリカやドイツから来てくれた方も居ました。

世界中に愛好家が居るハーレーダビッドソン。

 

Harley-DavidsonAKITAでも折角足を運んでくれた全国&世界のハーレーオーナーの方に向けて、

そろそろ、新しいお土産的なグッズ(Tシャツ)をデザインしようかと検討中。

完成したらよろしくお願いしますね。

 

 

さて、本日のブログは昨日に続きフリーウィーラー!

昨日更新した後、現在まで好評なアクセス数なので(汗

インサイトから皆様の興味がうかがえます。

 

昨日と違い色違い。ラグーナオレンジ。

このラグーナオレンジだけサイドに柄が入ります。

なかなか良い感じ♪

 

トライグライドのグランドツアラークラスも素晴らしいですが、

フリーウィーラーの特徴でもあるカジュアル感が最大の特徴。

ちょっと釣りに~♪

ちょっとキャンプ~♪

そんな楽しみも期待できそう。

 

昨日お話した通り、維持費なども気になると思いますが

本日はトランクのご説明。

ドアを開けるとこんな感じ。

 

 

横開きのスタイル。少しユニーク。このように開ける方が開口部が大きくなって良いそうです。

容量としては、フルフェイスヘルメットが2個は余裕で入る大きさ。

釣りのタックルケースやクーラーBOXなんて余裕ですよ。

また、テントやイス、ロールテーブル等も横広なトランクルームなので全部しまい込めちゃいそう。

 

 

そしてこんなキャリアも装着できる!!

ゴルフバッグを横積みなんてのも出来そうですねw。

ハーレーでゴルフなんて粋じゃないですか。

実際、アメリカ人でもその様に楽しんでる方が居るそうですw。

 

一度の休日で2度オイシイ!

 

とにかく工夫次第で楽しめるトライク!

一緒にフリーウィーラーの可能性!探してみませんか?

楽しそうでしょ~。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

最近、トライクオーナーが徐々に増えて誕生しておりまして、

実際、お問い合わせも増えております。

 

トライクとは?

3輪のハーレーでございまして、車体中央よりエンジン含めて前方がバイク。

後方が乗用車みたいな作りでございます。

立ちゴケする心配もございません。

それでもやっぱり2輪車とは性質が違うので、慣れてもらうまで若干の練習を必要とします。

ハーレーダビッドソン秋田では、納車の際には1時間程の「乗車講習」にお付き合いいただいております。

 

日本の道路交通法では、車体はオートバイ(車検証は)。

道路に出ると4輪車(クルマ扱い)という、不思議なポジションになります。

車体がオートバイという事は、

①税金===¥6,000

③印鑑証明=不要(ご購入の際に)

④車庫証明=不要

となっております。

また高速道路も「2輪車(軽自動車)」の枠になるので、乗用車よりお得に通行できます。

 

道路に出ると4輪車扱いという事は、法律的にもヘルメットは不要です。

が....ハーレーダビッドソン秋田では着用をお願いしています。

万が一に備えて、たとえ転倒しなくともクルマと違い「シートベルト」もございません。

ライダーだけ振り落とされる事や対物事故を考慮して頂けると幸いです。

 

 

そして今回!

2017年モデルからトライクに新たな仲間が増えました!

その名もフリーウィ―ラー!

 

現在既存のトライグライドに加え、フリーウィーラーが登場。

実は既に先行でアメリカでは昨年より販売をしております。

ツアーパックを装着しない!限りなくシンプルな「ホットロッドスタイル」が魅力のフレームは、

ロードキングをベースに、ハンドル操作が簡単でトライクにしかない安心を感じられます。

(↑の写真はUS仕様となり、フォグランプは付きません。)

 

価格も¥3,572,000から~と、トライグライドに比べ約90万円お得です。

 

2017年モデルにはMilwaukee-Eight® 107エンジンが搭載されます。

アメリカでは女性オーナーも急増中。

3輪ならではの安心感が人気の秘密のようです。

 

オープンカーより開放的で、指先からつま先まで風を浴び!爽快に走る感動。

トライクにしか味わえないハーレーダビッドソンというのもオシャレですよ。

最新モデルでチャレンジしてください♪

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017年モデル。

発表から一週間経過しましたが今でも興奮冷めやらず。

H-D秋田のFacebookでボストンからお伝えした「ライブ中継」はいかがだったでしょうか。

ボストンとは時差が13時間あるので、時間帯がほぼ真逆。

なかなか好評だったみたいで、大分深夜までお付き合いいただいた方も多かったですね。

ありがとうございます。

ライブ配信は癖になりそうで怖いです。(笑)機会を見つけて今度はお店からも試みたいと思います。

 

ライブ配信が観れなかった方はH-D秋田のユーチューブチャンネルをご覧ください。

一部の動画を掲載しておりますのでよろしくお願いします。

 

ツーリングモデルが16年ぶりの新型エンジン「MILWAUKEE-EIGHT®」を積みました。

今までのハーレーのエンジンはV型二気筒・ブイツインエンジンの2バルブ方式です。

シリンダーヘッドの中に「吸気」バルブと「排気」バルブ。合計2バルブございます。

吸、排気効率を高めるために、傘の大きいビッグバルブにしてみたり、大きさを変えてみたり(異形サイズ)、

フィーリングも大事なので、ただ単に高性能なエンジンを作る気はなかったのだと思います。

現在までに様々試行錯誤してきた結果、今回、遂にバルブを増やし8バルブにする決断をしたのです。

 

MILWAUKEE-EIGHT®は8バルブなので、各一本追加で吸気2バルブ、排気2バルブ。計4バルブX2気筒で8バルブ。

4バルブエンジン自体、現代では珍しい技術でもないのです。

クルマは殆ど4バルブエンジン!4気筒で16バルブ!なんて昔は流行りました。

ヤマハは5バルブの特許を持ってましたし、三菱のエンジンにも5バルブ(サイクロンエンジン)ってのもありました。

 

性能を向上させつつも、フィーリングを大事に...

今!MILWAUKEE-EIGHT®を完成させ、新たな歴史を走りだしました。

このエンジンも16年続くのかな~と思うとワクワクします。

ハーレーならではの進化の形だと思いますヨ。

 

 

実はハーレーダビッドソンは93年前の1923年にも「8バルブ」のレーサーエンジンを作り出しています。

(一番上の写真)

OHV1000ccVツインエンジンを搭載したワークスマシンを投入した300マイルレース(カンザス州ダッジシティ)で、優勝を筆頭に、7位まで6台のハーレーが入賞。

「ハーレーダビッドソン」の名を全米に轟かせたモデル。

この時は、とにかく速く!走りたかったと思います。

 

 

9月にUSの「ディスカバリーチャンネル」で3夜連続で放送される「Harley and the Davidson」

ミルウォーキーで産声を上げたハーレーダビッドソン。

誕生秘話からボードレーストラックの模様など予告を見る限り、非常に拘った作り。

当時から現在までアメリカでは約50~70社のオートバイメーカーが存在したと言われております。

その中で勝ち残り、110年以上続くオートバイメーカーが「ハーレーダビッドソン」

映画にしてほしかったな~。

おそらく1903年から1930年代にかけての時代設定だと思うので、8バルブレーサーも登場するかも!!

 

日本でも放送されるといいな~♪

楽しみですね。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)