オイル交換

昨日ホームセンターに行く用事があり『そういえばそろそろアレやっとかんなんな』と思ってついでにエンジンオイルを見に行った。なおここ数年はだいたい6月と12月に換えているものの、先月の車検時には換えていないのでそろそろ換え時…まあ思い立ったが吉日という事でオイルを買ってみた。また本日は午前中の休憩時間にまた違うホームセンターでオイル添加剤とオイルフィルターを買ったので、昼休みに会社の倉庫に車を入れてオイル交換を敢行した。

今回のセット

珍しく全合成油…少々奮発などと書いたらバカにされそうだ(笑)というか今回はちょっと硬いオイルを買ってみた。

交換は正午から準備を始めて12:45には片付けまで完了。倉庫を閉めて会社の近所に走りに出掛ける。今朝の時点でもそんなに走りは悪くないと思っていたけれどフレッシュなオイルだとやはりぜんぜん違う。ECOモードを解除、エアコンOFFそして高回転まで回すとパンチのある加速が取り出せた。でもってロードノイズ以外は静かだ。

そういえば先日のキャンプの翌日だったかな?出勤時に同じようにECOモードを外して左車線から抜く時にちょっと回したら、普段静かなマフラーから突然ちょっと派手な音が聞こえて『えっ、俺?』とか『あれ、中間パイプでも腐食して破れたかな?』とか『これぐらいの音があっても良いな』とかいろいろ思ったんだけれど、派手な音は結局それっきりだった。以前乗ってたBE5レガシィの時に多走行の社外マフラーからほぼ新品の純正マフラーに戻したら、音が静かになって、しかも低回転からトルクが出ている感じがしたんだけれど、この車のマフラーも新しいのにしたらトルクがもっと出るのかな?

興味はあるけれど、この車あと何年乗るんだったっけ?という事で手が出ない。なおタイヤも結構摩耗しているぞ…そっちが先だろうなぁ(汗)

AD

白木峰へ…

テーマ:

朝に雨はやんでいた。天気予報を確認するとこれからどんどん回復するようで、そうなると昨日諦めた白木峰へ行ってみようという気になる。朝食はホットケーキと昨日のカレーを温めて食べた。やはりカレーは二日目が良いな。食器の片付けを急いで出発…既に朝から林道のゲートを何台もの車が通過していたので焦ったものの、林道は追い越しとか出来ないので急ぎ過ぎてもどうなるものでもない。8合目駐車場に着くとまだ2~3台の空きがあったのでラッキーだったけれど準備をしている間にその残りのスペースも埋まってしまった。それより増えると縦列駐車になって行くらしい…


白木峰は初めて登るけれどピークの標高1596mと低い山だし頂上近くまで林道を歩いて行けるとの事でイージーだろうと装備なんかも軽く考えていた。実際林道を登る分にはハイキングに近いと思う。ただ結構距離があるようで当初考えていた『サッと行ってサッと帰って来よう』という感じには到底ならない。そうなると帰ってからのキャンプ用品の撤収の事が気掛かりになる。あきちゃんは次男を抱っこひもで抱っこしており、私が荷物を背負う。長男は楽しそうに歩いている。天気は良く日差しもあり少々暑い…

 

張り切って行ってみよう~!


ひたすら歩いてだいたいパンフレットのコースタイム通りの時間で避難小屋まで到着…長男も随分と歩くようになったものだ。しばし休んで緩やかなアップダウンの緑の中の木道を歩く。

 

木が無いと見通しが良く乾いた風が通り過ぎるのが心地よい。三叉路に差し掛かる…右へ行けば白木峰の頂上で左へ行けばちょっと長い道のり…疲れたからサッサと帰ろうぜと心の中で思っていたけれど、長男がまさかの『左へ行こう!』と宣言したので付き合う事になる。

 

のどかだ…

 

池塘とか点在していたり小高い丘があったりするのだけれど、行ってみるとなかなか良いところだった。何事もやってみるものだなと思った。アザミやニッコウキスゲの花が咲いておりそのアザミの花にマルハナバチがやってきて一生懸命に蜜を集めている。白木峰は今が一番良い季節だそうな…

 

池塘…

 

湿地帯…

 

アザミ

 

浮島の池

 

食虫植物の類?

 

池塘とニッコウキスゲ


一番奥の浮島の池で少々休憩して折り返す。白木峰の頂上では家族で写真を撮った。この辺でちょうど昼だったけれど今回サッと行ってサッと帰ってくるという予定だったので、ガッツリとした食事を用意していない…お菓子で小腹を満たしまた林道を歩いて降りて行く。気温が高くなったのが災いして水分の残量が気になってきた。もうちょっと持ってくるんだったぜと後悔…あと履き慣れないトレッキングシューズにより足が痛い。登山道は行かないのでスニーカーで来れば良かったかもしれない。なおあきちゃんも長男も普段履きのスニーカーだ…

 

ぐんぐん行くなぁ…

 

頂上より下る

 

林道を下る


そしてようやく車まで戻って来れた。気を張る林道だと言っても運転する分には楽ちん…むしろエアコンの効いた車はパラダイスだ(笑)キャンプ場の管理棟まで帰ってきたら自販機でコーラを買って飲んだ。これもパラダイス…キャンプという不便な生活を楽しみに来たのにまだまだ文明のお世話になっている自分の軟弱さを感じる。なお帰ったらすぐお湯を沸かしてカップヌードルを食べた。あきちゃんはカップヌードルを合計6食持って来ていたようで、用意がいいなと思った。キャンプサイトの撤収は急がなくても良いとの事でその辺も自由が利く。何とも気楽なキャンプ場だと思う。


それにしても登山の後の撤収は辛い…そんな中長男は『ねぇ、あそぼ~』とか言っている。どれだけ元気が余ってるんだ?あと何年かすれば親子で体力が逆転するんだろうか?そんな想いを抱きながら片付けに没頭していた。つ~か親を手伝えよ!と簡単な作業を指示したら『はいはい』と言ってノロノロ始める始末。まだまだやな…帰りの方が重量は減るもののゴミなどのかさが増すので積むのに考えないといけない。子供はどんどん大きくなっていくのにいつまでこの車で大丈夫なのか少々心配だ。


撤収が完了して帰途に就く前に村のお食事処に寄って石釜ピザを食べようと思ったけれど、もう火を落としたとの事でやってないみたい…しょうがないのでアイスを食べた。ちょっとしたパフェのように盛ってもらったけれど普通ので良かったかも…

 

ベリーたっぷりパフェ

 

そして家へ向けて出発!長男は途中で寝てしまった。まああれだけ元気だったからしょうがない。これまた明日の朝までノンストップだろう…逆に次男は元気でニコニコ笑っていた。共にちゃんとチャイルドシートに座ってくれるのでラフな道でも父さんは運転に集中できるのでありがたい。


帰りの車は何となく『やり遂げた充実感』に包まれていた。ファミリーキャンプ2回目にして2泊3日という事で、1泊増えると食事が増えるし燃料も多く必要になる割に補給が効かない場所だったので不安だったものの、クーラーボックスの保冷が3日目には切れていた他は、食材や燃料の量に関してはクリア。アクティビティーに関しても思いがけず充実していたし楽しかった。雨に降られたけれどそれも良い経験だったと思う。登山に行ってる間に完全に乾いたので撤収の時にテントの下のグランドシートに至るまで濡れているパーツが無かったのが驚きだった。


さて、次までに何を準備しておこうかな?
 

AD

雨降りそう…

テーマ:

まだ梅雨明けしていないので天気予報がコロコロ変わる。当初この2泊3日のキャンプは良い天気の予定だったのに近くなってから雨マークの予報に変わってしまった。雨が降ったらアウトドアは辛いだろうなと思われたのでなるべくなら降って欲しくはない。なお昨日の予報では今夜から寒冷前線の通過で明日の午前中まで雨が降るらしいとの事…しかしレーダーでは(あ、山奥だけれど携帯の電波は届きます)既に午前中から降っている場所もあるようで、朝から行こうとしていた白木峰登山は諦める。ただ目の前の林道のゲートを白木峰に行く車が結構通過していく。そのゲートの奥の方の山の上には暑い雲が掛かっているように見えるのだが…


朝から焚火をしてお湯を沸かしコーヒーを飲む。あきちゃんは目玉焼きとソーセージを焼いて食パンで挟んでホットサンドメーカー(たい焼き焼き器みたいなヤツ)でホットサンドを作ってい

た。

 

まさかの南部鉄器…

 

焼きたては香ばしくて美味い!


さて、登山がなくなったのでどうしよう?という事で近くのブルーベリー農園へブルーベリー摘みに行く事にする。事前の調査によれば大長谷のブルーベリーは昼夜の寒暖差の為に甘いとの事…これは楽しみという事で掘っ立て小屋で料金を支払ってエントリー…

 

そういえば農場のじいさんやキャンプ場の管理人さんにしても人当たりのやわらかいいい人が多いと思う。それはそうとブルーベリー、丁度旬を迎えているみたいで2mぐらいの高さの木にたくさんなっていた。粒の大きなものや小さなもの、甘いもの酸っぱいものいろいろある。話に寄れば品種は20種類植えてあるとの事で木によって味がちょっとずつ違うようだった。

 

甘いのを探しながら食べ歩いて持ち帰り用のパックに詰めた。

 

なお今年は豊作との事だ。


ブルーベリー狩りの後は温泉施設へ…1泊なら別にいいけど2泊なら途中の入浴は欲しい所だったので実にありがたい。

 

次男はともかく長男もあきちゃんについてってしまったので私はのんびり入る。小規模な施設だけれど露天風呂まである。でもって結構お客さんが来るようだった。体を洗って露天風呂に浸かっていたらウグイスの声が降ってきた。すぐ近くなのに姿は見えないものだな…


先に上がって休憩室でまったりしていた。そのうちあきちゃんたちもあがってきた。長男は見知らぬおばさんに洗って貰ったとの事…風呂から上がっても急ぐ事は無いけれどキャンプ場に戻ってちょっと遅い昼食にする。登山に行く予定だったから朝炊いて作っていたおにぎりとカップヌードルで腹を満たした。あいかわらずどんよりとした天気だけれどまだ雨は降っていない…私はテントに入ってちょっと昼寝をした。


午後3時をまわって森林の散策とか出掛けたものの行けども行けどもうっそうとした森の中を歩くのはどうも爽快感が無い。

 

 

という事で、車に戻りダメモトで白木峰の方へ行ってみる事にした。上の8合目駐車場はキャパが少ないとの事だけれどこの時間からなら空いているだろう…林道は狭く対向車が突然カーブの先から現れる事もあるのでそんなにゴキゲンにはカッ飛ばせない。しかも結構な登り勾配がありこのワイドレシオの5MTではちょっとタイヘンだった。こういうところはCVTの方が楽なんだろうな…3台ぐらい対向車とすれ違っただろうか?そして8合目駐車場に着くと…1台の車もいなかった。

 

ついでに雨がいよいよ降り出し、更に長男は後席で寝ていたので登山は中止…大人しく元来た道を戻って行った。


長男はそのままテントで就寝…起こさなければ朝までノンストップで寝続けるだろう。私は焚火を始めてあきちゃんはご飯を炊いてカレーを作った。

 

 

雨は降ったり止んだりだったけれど夜からは降り続く。テントに落ちる雨粒はパラパラと派手に音を立てるので(木の下に設営したというのもある)実際より激しく降っているように感じて不安に感じてしまう。このテント浸水しないか?もし携帯から『命の安全を確保する行動をとってください』とかいう警報が入ってきたらどうしよう?とか寝袋にくるまりながらいろいろ考えていた。それにしても子供たちはこの騒音の中でも安定して寝続けている。すごいものだ。助かっているのは今のところ雨はそれなりに降っているものの風はないし雷とかも鳴らないという事…もしそれら全ての『オプション』込み込みだったら今後のキャンプに影響するだろうな。

AD

2泊3日キャンプへ出発!

テーマ:

うちの会社は土曜が休日扱いではないので世間で言うところの3連休に休むのは気が引ける。しかし先日キャンプへ行った時にやはり1泊2日では物足りなさを感じたので、後ろめたさもあるものの土曜の休日をゲットして3連休にする事ができた。ありがたや~!


さて今回選んだキャンプ場は『杉ヶ平キャンプ場』という富山県の中でもだいぶ辺鄙な土地にあるキャンプ場…ここはその昔私が学生時代に吹奏楽部(ただし希望者のみ)の夏キャンプで何度か使用した事があったのをあきちゃんに話したら、いろいろ検討が入って決定したのだけれど、八尾の街から30分程すれちがい困難な狭い国道を走らされたりするとにかく辺鄙な大長谷という地域にある。食材が足りなくなってもコンビニどころかスーパーもない…う~む、まあしかしキャンプなんてのはそういう不便を楽しむ事に意義があると思う。何もないところでのんびり過ごそう…


荷造りをして出発!まずスーパーへ寄って行く。厚い牛肉を買った…普段買わない食べ物だけれど前回キャンプ行った時にペラペラな肉を焼いてたらあまりにも速く焼けるのでもうちょっと焼き応えのあるのをと思ったワケだ。あとはトウモロコシが安かったのとペットボトルの飲料などを買った。


暑い中エアコンをガンガンにかけて重積載の車をカッ飛ばす…ガソリンは満タンに入れたばっかりで燃費計の数値がなかなか酷い事になっている。ナビは案内表示しているもののほぼ1本道なので見ない。特に迷う事も無かったし、国道から行くと案外早かったようにも思う。駐車場に車を停めて林の中を歩いて管理棟へ…あきちゃんがチェックインの受付をするとテント持込の場合は料金がすごく安かった。なお2泊目はさらに半額という事で全く儲けようという気は無いようだ…さすがは市営。ちなみにこんなところでも富山市…。富山市広い(笑)すぐ前のコテージやバンガローが並んでいる一帯は児童会の団体が入っているようでにぎやかだった。20年前はベニヤ板を組み立てたような小さい建物しかなかったのに、今はログハウスみたいな立派な建物もあるようだった。


他にテント泊のお客さんが入っていないので場所は選び放題。棚田のような平地が点在しているサイトけれど、一応車が横付けできるところを選んでみた。設営の前にスーパーで買った弁当を食べる。安いけれどゴミが出るのが難点…前回のように道中で食べてくるのが良かったのかもしれない。

 

到着…

 

たくさん積んできた…


そして荷物を車から降ろして設営開始…まずテントの位置を決めて張る。2度目でだいたいの流れを理解しているので前回より速い。それからヘキサタープ…今回は低い方の1辺をテントの入り口に被せるように配置した。長男はペグを打つのを手伝おうとしてくれる。まだ『役に立ちたい』という感じではなく『自分にやらせて』みたいな感じ…まあそのうちかな?

 

ガンバレ~!

 

次男は草の上をハイハイしていた。選んだ場所はオオバコとかそういう植物がはびこっている。芝生ならもっと安心なのだけれど…テントが立ちあがったら次男をその中へ入れておいた。前回と違い少々不満のようでブーブー言っていた。

 

設営完了!

 

別アングル…


先程管理棟にいた男の子が遊びに来た。背の高さはうちの長男と一緒だったけど歳はひとつ上との事…意気投合したのか二人で虫取り網を持って遊んでいた。嘱託職員さんの子供かな?場所に慣れているようで、そう考えるとうちの子ってまだ街っ子なんだろうなと思う。

 

仲良くなった…


一通り準備が整って夕方になったので夕飯の準備を開始する。自分の仕事は火を起こす事で、今回は木材の端切れのバラ薪を買っていたのでそれを鉈で細かく割いて火を着ける。バラ薪はそのまま投入できるので楽なのだけれど何分質量が無いので火持ちは悪そうだった。あきちゃんが米を洗って鍋を火にかける。ついでにトウモロコシを皮がついたまま網の上で焼いた。

 

こうすればいい具合に焼けるそうだけれど皮が黒こげになるので中身まで焼けないか心配だった。回しながら丁寧に焼いた。そのうちご飯は蒸らしに入り、トウモロコシは皮があと1枚残す感じまで焼けたので1個試しに剥いてみる事にする。中身は鮮やかな黄色に良い感じでところどころ焦げていた。

 

見るからに美味しそう…食べるとまず甘みが来る。いつものように蒸したものよりぜんぜん美味しかった。焚火いいな~!自宅で出来ないのが残念!?そしてメインディッシュ!ステーキを焼いた。これもそこそこ美味しかった。サーロインは脂が多く網離れが良かったものの肩ロースの方はちょっとくっついて網から剥がすのに手間取った。あと広い面積の肉を均等に焼くのに火力調整してから焼くべきだったかな?

 

なかなか難しいぜ…なおこの肉2枚でも結構な出費だったけどスーパーであきちゃんは『足りないんじゃない?』と心配していた。普段は財布の紐が硬いのにここぞとばかりはエラい大胆になったりするから怖い…もう1枚高い肉を買おうとしていたのに『ハンバーグにすれば?』と私が提案してハンバーグを買っておいたのだけれど、あまり期待してなかった割にコレがなかなか美味しかった。次回から定番になりそうだ。静岡のレストランのように網焼きが良いのかもしれないけれど、アレは牛100%だから出来る…合挽きで生焼けは怖いので無難にフライパンで蓋をして焼いた。


夜は焚火をしてまったりしていた。空は薄曇りで星の光が薄いのが残念…キャンプ場は団体さんのキャンプファイヤーが盛り上がっていたりいろいろ賑やかだった。疲れたので早めに就寝準備と思いトイレへ行く。テントへ戻る時に1本あったクヌギの木を見に行った。ライトで照らして『クワガタでもいないかな?』と思ってたらブーンと私の頭めがけて羽音が近づいてきたので反射的に手で払い落す。落ちた先をライトで照らすと黒い虫が動いていた…『クワガタだ!』何ともタイムリーという事でテントへ持ち帰った。

 

これは長男が喜んでくれてしばらく長男に遊ばせていたけど地味なメスだし長男を説得して逃がしに行った。その後寝るのにウトウトしていると子供たちが走ってテントへやってきた。『何だ?』と思ったら昼間の子(とその弟)で自販機の灯りに集まるクワガタを捕まえようと長男を呼びに来たらしい。長男とあきちゃんが出て行って私は寝ている次男と一緒にテントの中でウトウトしていた。しばらくしてメスのクワガタを虫かごに入れて帰ってきた。さっきのよりデカイかな?


一日いろんな事が起こるもんだな…
 

休日…

テーマ:

あきちゃんが友人と会うというので私は休日を一人で過ごす事になるらしい。最初『楽器でも吹こうか?』とも思ったけれど、とりあえずずっと出来ないでいた衣類の入れ替えをする。夏物を出して冬物を片付ける…今更なのだが…

さて、夏物はいろいろ持っているはずだが長年使用して傷みが目立つものもある。例えばポロシャツの襟が色褪せているのとか、味と言えば良いけれどみすぼらしい感じもするので思い切って代替わりして行きたいところだ。どうせ着なくなるだろうから…

 

そんな訳で、一人で車をカッ飛ばして小矢部のアウトレットモールへやってきた。折角ここまで来たので予算をつけてやって買い物開始!

 

…が、何故か見るのは子供服ばかり(汗)しかも結構買った(笑)

 

一応自分のも見るんだけれど、何かと理由をつけて『買わない』という風に誘導しているような気がする。それにしてもいろんな店がある。かと言って欲しいものばかりが並んでいるというワケでもない。折角なので麻混の白い半袖シャツを試着…『当店アメリカンサイズなのでワンサイズ小さいのをどうぞ』という事でMとSのをフィッティングルームに持って行った。まずMから・・・成程でかい(汗)そしてSサイズ…コチラの方がフィットしている感じがした。これくださいと持って行ったらまさかのプライスタグ通りの値段…あらっ?セール品ではないのね(汗)

我ながら買い物が下手だなと思う。結局そのシャツ1枚だけしか買わずに帰宅した。

懲りずに毎日コツコツと・・・

テーマ:

先月まで昼間のウォーキングはほぼやっていたものの夜のコアトレーニングはサボり気味だった。加えて社員旅行で美味しいものいっぱい食べてしまったので、何となくお腹の周りが気になってきた。

トレーニング続けないといつかマズい事になる。それはわかってはいるけれどやる気が起きない…

自分自身に鞭を入れるというのはなかなか難しい…というかそうする原動力になる動機が見当たらないというのもあった。このまま泥沼に沈んでいくばかりなのか?

…と、確か風のウワサで今年また高校の同窓会が計画されていると聞いたことがある。それについて情報収集してみたら、8/15にうちの学年だけ単独開催との表記があった。

ふふん。コレは面白いかも?ちなみに前回の開催は2013年の8月で、あまり興味が無かったけれど修二に誘われて参加してみたらなかなか楽しかった。今回も是非とも参加しようと思うが、その前に体を絞っておくのも良いだろう(笑)

という事であと1カ月半の間頑張ろう~!!

カフェで散財・・・

テーマ:

休日という事であきちゃんが『ブルーベリー摘みにでも行く?』と言ってきた。週6日勤務で休日は家族への奉仕が義務付けられる私…最近は楽団の練習へ行く時間すら考慮されず楽器も吹いていない。別にいいんだよ世の中にはもっと大変な人もいるのだから…ブルーベリー摘みは行かないけれど、ブルーベリーパフェでも食べに行こうと思い一家で出発!

 

砺波の農園カフェへ…行った事なかったのでナビ任せで走らせるものの砺波というより小矢部に近い。戸出の叔父さんとうちの兄の家の中間あたりか?コンビニATMでお金を降ろしてから向かった。


吾妻建(あづまだち)という富山では一般的な農家の大きな家を改装して3間ほどぶち抜いてテーブルを置いてカフェにしている感じだった。奥の厨房はだいぶ強化されていると見たが…なかなかの人気店で丁度ランチタイムという事で玄関から入って廊下でしばらく待った。ただたまたまそうだったのか消化が速くて割とすんなり席に案内された。ランチを食べるのも良いけれど、ここはやはりブルーベリーのパフェと長男用に苺のアイスみたいのをオーダー…しばらく待って運ばれてきた。


アイスクリームの上に大粒のブルーベリーがたくさん乗っていて、その上に更にブルーベリーシャーベットが乗っている贅沢な一品…あきちゃんも同じもので、長男のは凍らせた苺のスライスと練乳、それから苺のシャーベット…あと先述のブルーベリーパフェにも入っていたが白玉団子がいい感じだった。なお苺は時期的にそろそろ終わりだけれど(それとも通年メニューなのか?)、旬の果物を使ったパフェが楽しめるという…例えば夏は桃、秋にはイチジクとか巨峰やマスカットなどのブドウ類…うちの子ブドウ好きだから秋に食べに来たら喜ぶだろうなと思われた。

 

ブルーベリーパフェ

 


苺姫とか書いてあったかな?美味しくいただきました


そして会計…レジ横の桃ジュースを1本(1L)ついでに買って万券の半分が飛んで行ってしまった。う~む、車検の後だというのにコレはキビシイ!しかし来ても年3回程度だろうと思うので別に良いか…


それから砺波にイオンへ向かった。長男はキッズコーナーでしばらく遊んでいたがまさかの『うどん食べたい』と言うのでフードコートで食べる事にする。ここのうどんははな●る(チェーン店)なので味に間違いはないが、先程パフェを食べたばかりなので私と二人でかけうどん(中)をシェアすれば良かろう…と安易に考えていたらほぼ長男に食べられてしまった…その後買い物をしているあきちゃんと合流してまたフードコートへ…今度はたい焼きとたこ焼きを買う羽目に…結局パフェなんてものは甘く高価だけれど腹持ちが悪いという事だ。


イオンを出て庄川へ向かう。久しぶりに水記念公園あたりをブラブラしてきた。子供が出来てからは初めてではないかな?長男とあきちゃんは足湯に入っていた。私もサンダルで来れば良かった…

 

足湯・・・


雨に降られる事無く楽しい休日だった。
 

たなばたの集い・・・

テーマ:

夕方からの幼稚園の行事のため15:00で仕事を切り上げ帰ってきた。昨夜より激しい雨が降ったり止んだりしているので今回の行事は屋内での開催となるらしいと事前に連絡があった。屋内か…狭いだろうな…

長男に今年買った白い甚平を着せる。次男にも模様の入った白い甚平で、これはその昔長男用に買ったもので。次男用の服は長男の時のが豊富にあるので困らない。むしろこういう時下の子が女の子なら大変な出費になるんだろうなと思われた。ただ女の子というのは何でも着せがいがあるってもので、車に乗って幼稚園の駐車場に着いて長男のクラスメートの女の子が、髪を結って綺麗な浴衣とか着ているのを見ると、女の子いいなぁ…と思ったりもする。3人目?いや無理っしょ(汗)

受付を済ませて園内をいろいろまわる。園内たくさんの父兄の方々が働いておられるが、来年は私らがやらないといけない。私は何が出来るのかな?焼きそば焼くか?…やはり『広報』の腕章付けてカメラかな(笑)ちなみに2部制になっていて、なかなか拘束時間が長いとの事だ。恐ろしいぜ…

その後広い部屋に集まって盆踊り大会…去年は園庭でやってたけれど後半に寒冷前線の通過で突然の激しい雷雨に見舞われたんだっけ?今年は屋根の下なのでそのような心配はないものの、狭さによりポジショニングに苦労した。一眼レフで静止画を撮りながら、コンパクト機で動画を撮っていると横であきちゃんが『ビデオ(カメラ)持って来れば良かった』とこぼしている。それについて特に何も言わない自分は大人になったなと思う(笑)


長男はなかなか活発に踊っていた。そして楽しそうな感じが顔に出ていた。楽しそうにしていれば良い事あるさ…その後長男に先生とか知り合いの女の子とかと写真を撮ろうと促したが、照れて逃げ回っていたのでサッサと帰宅。焼きそばとかでは足りなかったので、甚平を着た長男とそのまま歩いてラーメンでも食べに行こうと思った。しかし長男はまさかの『うどん食べたい』というので急遽うどん屋へ…随分と久しぶりに駅のうどんを食べたんだけれど出汁がまさかの関東風で、子供の時にはそれでも良かったんだけれど、関西風の出汁に慣れ親しんでいる今となっては残念な気がした。普段うどんをぱくぱく食べる長男も箸が進まないようだった。それでもお客さんが結構入ってくる。


しかしやっぱラーメンにすれば良かったぜ…