(文庫)通勤電車で座る技術! (サンマーク文庫) | 半学半教

半学半教

新聞の中に隠れた人のようにならないために


テーマ:
(文庫)通勤電車で座る技術! (サンマーク文庫)
万 大
サンマーク出版
売り上げランキング: 42,001

 たとえば、前から4番目は確率論で言えば必ず座れる位置だ。しかし、前方にカップルが控えている場合は話が違ってくる。(33頁)

本書は、HONZにて紹介されていて、気になって買ってみたのですが、思い当たる節や、意識せずとも自然に実践していたことなど、通勤電車で座るためのノウハウやそれにまつわる話などが凝縮されていて、かつ、さっくり読める、なかなか楽しめる一冊でした。

『[図解] 電車通勤の作法』快適な通勤で幸せな生活を

http://honz.jp/21128

私の場合、通勤電車の基本中の基本(?)である、次の電車を待つ、という手段を取り、基本座っていて、そこまで苦労していませんが、乗車駅によっては死闘が避けられず、苦労している方も多いことでしょう。

しがないサラリーマンとなり、早3年が経とうとしていますが、通勤電車はなかなかおもしろいもので、同じ時間、同じ車両、同じ位置には、大体同じ人が座っているもので、その人がとっている行動も、本を読んだり、寝ていたりなど、いつも同じであったりしますね。

今年は、今まで以上に、通勤電車を含む電車内では、できるだけ本を読むようにし、その他の隙間の時間をiPhoneでの情報収集等に当てようと考えていて、RSSの登録やTwitterのフォローを厳選していくなどして、効率よく情報収集できるよう努めたいと思います。

本書にある、座っている人が読んでいる本のカバーに貼ってある図書館のラベルから降車駅を把握する、まではいかないものの、通勤電車で座る技術について参考になるところもあったので参考にしつつも、降車優先、といった基本をわきまえながら、妊婦やお年寄りの方に席を譲るといった良識ある行動を取っていきたいと思います。

Hibiki Kawaiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス