お元気様です。はづき虹映です。

 

いつもありがとうございます。

 


今、一冊ずつ、ひとりずつ、来年の手帳に
チャネリングメッセージを書き下ろしています。

 

おひとりずつ、エネルギーと向き合いながら、
メッセージを文字にしていく…。

 

これ…、かなり地味な作業で、正直、大変です。(^^ゞ

 


山のように積まれた手帳を見ると、
心がちょっと、折れそうになりますが(苦笑)、

 

楽しみに待ってくださっている、みなさんの顔を
思い浮かべると、またやる気勇気が湧いて来ます。

 


ひとつずつ、ひとりずつ、一冊ずつ、丁寧に…。

 

地味な作業を淡々とくり返していく…。

 

なんとも、はづき虹映らしい職人仕事です(笑)。

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

さて、これから、これまでの社会の仕組み
大きく変わっていきます。

 

これはもう、良いとか、悪いとか、
好きとか、嫌いとかいう問題ではなく、
もはや不可避です。

 


心のどこかで、また同じような世の中に
戻るんじゃないか…という希望を抱く人も
いると思いますが、残念ながら、

 

それは叶わぬ夢となるでしょう~。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

日本で言うと、江戸から明治への移り変わりも、
第二次大戦後の復興期も、劇的な変化だったと
思いますが、これから起きる…、

 

イエ、すでに起きているこの変化は、
それらの時代の変化をしのぐレベルの
大転換になると、私は思っています。

 


良くも、悪くも、過去の常識はこの際、
きれいさっぱり流して、

 

一旦、0にしてしまった方がいい
…と、本気でそう思っています。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

これから起こる社会の変化は、それぐらい
衝撃的なインパクトをもってやって来ると、
覚悟すべきだと、私は思っています。

 


これはこの時代に生きる人、
すべてに関わる問題です。

 

関係のない人は、ひとりもいません。

 


その劇的な変化に抵抗しても、
どうしようもないのです。

 

 

「時代の変化を受け入れざるを得ない」
という一択しか、選択肢はないのです。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

そのとき、その変化に直面して、いちばん先に
大きな影響を受けるのは、男性でしょう。

 

 

それも今、社会の一線で働いている中年の男性が、
いちばん強い影響を受けることになりそうです。

 


もちろん、シングルでずっと働いている女性や、
パートナーのいないシングルマザーなども、
同じか、それ以上の影響を受けるかもしれません。

 

 

いわゆる「1の時代」「男性性の時代」が、
いよいよ終焉を迎えることになるです。

 


ただ…。男性と女性を比べると、
変化に対応できる資質が高いのは、
明らかに女性の方なのです。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

なので、今まで「男性性優位」で働いて来た
女性たちも、考え方ひとつで、スルリと

変化の波にのることは可能だと思います。

 

 

それ比べると、中年の男性…。

 

特に40代~60代の働き盛りの男性が、
いちばんキツイことになるでしょう。

 


男性は基本、プライドの生き物ですから、
そのプライドが保てなくなると、
本当にどうしていいか、わからなくなります。

 

 

「お家のために…」とか、「武士の意地…」という、
見栄やプライドを守るために、
自分で腹を切って、切腹してしまうのです。

 

 

男性という生き物は……。

 

女性のみなさん、信じられます~?

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

もちろん、現代の男性で切腹する人は、
サスガにいないでしょうが、

 

これまでの時代でも、企業戦士が会社のため…、
組織のために、自ら命を絶つケースは、
珍しくありませんでした。

 

これって、現代版の切腹ですよね~。

 


追いつめられると、そういう突飛な行動に
出てしまうのが、男性のサガなのかもしれません。

 

 

そして、そういう事態が、これからの社会で
起きて来る可能性は極めて高い…
言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

社会の仕組みが大きく変わって、
従来のやり方が否定されるとき、

 

男性は今までやって来たことのすべてが
否定されたように感じてしまう生き物なのです。

 

 

プライドがズタズタに引き裂かれてしまう…。

 

 

「今までの俺の生き方はなんだったんだ~」
なってしまう…。

 


すると、もう何もできなくなる…。

 

気力がなくなり、生きる意味を失ってしまう…。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

いいですか~。

 


もし…、もしも…、ですよ。

 

 

あなたのパートナーの男性が、そんな状態に
陥ったら、そのときこそ、あなたの出番!

 

あなたが女神になる瞬間なのです。

 


そのとき、あなたがパートナーさんを
無償の愛で包み込んであげるのです。

 

 

すべての弱さをさらけ出させてあげて、
「大丈夫!愛してる!」と、

 

あるがままのパートナーを
思い切り抱きしめてあげるのです。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

それが「女神になる」ということです。

 

もし、それができないのなら、

あっさり、パートナーシップは解消した方がいいと思います。

 

 

今年、私が「女神元年」だと言っていたのは、
こういう事態が起きることを
予め想定していたからに他なりません。

 


そして、こうした対応ができるかどうかこそ、
「アセンション(次元上昇)」するかどうかの
分かれ目になると、私は思っています。

 


だって、人の命がかかっているのですよ~。

 

 

男性を生かし、活かし、イカしてあげて、
命を輝かせてあげるのが、女神の仕事です。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

旧い社会は一旦、崩壊するしかありません。

 

 

中途半端に残っていても、めんどくさいだけ…。

 

新しいものを創るなら、
旧いモノはやはり一旦、すべて撤去して、


更地にして、「0」にしてからではないと、
本当に新しい仕組みはできないと思います。

 

 


そういう現象が今から、起きて来るのです。

 

 

なぜ、女性がこうしたスピリチュアルな世界に
関心があり、先に目覚め始めているのか…。

 

 

その答えが「ここ」にあると、私は思っています。

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

この辺りのことは一度、じっくり時間をとって、
キチンとみなさんにお伝えしたいと思っています。

 


…ということで、男性パートナーをお持ちの
女性のみなさん…。よ~く聞いてください。

 

まさにここからが、正念場です。

 


ぜひ、喜愛を入れて、覚悟して進みましょう。

 

 

「男性受難の時代」が、やって来ます。

 

イエ、もうすでに「それ」は始まっています。

 


ここを乗り越えない限り、
「アセンション(次元上昇)」はできません!

 

 

 

 

 

  +++++     +++++     +++++ 

 

 

 

 

 

いいですか~?

 


この日のために、あなたはこれまで、
スピリチュアルな智慧を学んで来たのです。

 

 

その智慧を活かすのは、まさに「今ここ」


「これから」ですよ~♪ (^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━


 はづき虹映の【無料動画】

 

★ 『はづきなショーwith t』

 

 平日毎日更新中♪

 

チャンネル登録は、コチラ↓から~♪

 http://ichi.link/2dfvtL9

 

━━━━━━━━━━━━━━━□■

 


第272回『男性受難の時代がやって来た!?』

→ https://youtu.be/7Q_0nySEOp0

 

 

 

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━

 

  無料メールマガジン

 

  はづき虹映 

 「ヒーリング・メッセージ」

 

 ━━━━━━━━━━━━□■

 

メルマガ登録すれば、

 平日毎日、はづき虹映が書き下ろす

 

 スピリチュアルなメッセージが

 あなたのメルアドに直接、届きま~す♪

 

【無料】登録は、コチラから~♪

 

→ https://hazuki.club/

 

-----------------------------------