HAZE/大宮洋介です。
少し長い文章です、お読みになる方お許しください…!

皆さまのお陰さまで、20歳の時にバンドでデビューしてから、ドラマー、アーティスト活動、ドラムの調律師、ドラム講師、ドラムの教則本の発売、スタジオ運営等、様々な活動させて頂きました。

今まで色んな事がありましたが、たくさんの方々にチャンスを頂き、運良くここまでドラマー、ミュージシャンとして音楽活動をしてこれたと思っております。

全て支えて頂いた皆さまのおかげだと思っております。

本当にありがとうございます。



2020年11月2日より僕のドラマー活動の拠点になる、「HAZE RECORDING STUDIO」を新しく「株式会社ゼンシグ(THENCIG inc.)」という会社にしました。

一応これから僕の肩書きとしては

ドラマー/代表取締役

になります。


ずっと前からいつかは会社をやりたいと思ってまして、タイミング掴めずで日々に追われてましたが、今回ようやく会社をはじめる事にしました。

今、コロナの影響で音楽業界のみならず世界中が大変な状況です。

今までお世話になったライブハウスやスタジオ等、どんどん閉鎖をしてしまっております。本当に寂しい限りです…。

でもこんな時だからこそ、新しい芽を出すタイミングかなと思い、勇気を振り絞って会社としてスタートする事にしました。

TRY (挑戦)
HARMONY (調和)
ELABORETE (精密な)
NEW (新しい)
CRAFT (手工芸)
IDEA (アイディア)
GLOBAL (世界的な)


英語の頭文字をとって「THENCIG(ゼンシグ)」です。

会社のロゴデザインは幼馴染で元バンドメンバーで現在はデザインの会社をしてるdaughter イシバシヨシチカ氏にお願いしました。

会社のコンセプトは
「新しい事に挑戦し、社会と調和しながら、高いクオリティを持って日本から世界中に音を届ける」
です。

会社にしました!とは言いながらも、基本的に僕の活動は変わらずで、引き続きドラマーとしてレコーディングやライブのアーティストサポートをメインに、ソロ活動、ドラムサウンドメイキング、レッスン、セミナー等、変わらず継続して行っていきます。

なので自分の活動は今まで通りです。

「HAZE RECORDING STUDIO」の名前も継続します。スタジオも12月で7年目に入ります。

会社にしたからこそクオリティアップをしようと思いまして、レコーディングシステムをProtools HDX MTRX Studioも導入して加えてドラムセット等やディストリビューターやデジカメ等の機材を新しく追加しました。

リアルタイムでリモートレコーディングやスタジオライブ配信用の設備も導入してまして、リモートレッスンなどのサービスも始めました。(現在4台カメラで配信可能)

ドラムレコーディングも通常のレコーディングスタジオで録るのとほぼ変わらない状況リモートディレクションで出来る様になりました。(詳細はお問い合わせください!)

ドラムレコーディングは僕が叩く場合はワンオペで対応可能です。(専門的な話で申し訳ありません…!)

ウチのスタジオ設備使ってこんなこと出来ない?等の相談もあれば対応しております。
(スタジオ貸して!歌だけ録りたい!等)

小さい会社だからこそのコストパフォーマンス&スピード感+αを目指します。

「で、ゼンシグは結局何屋さんなの?」

と言われたら、これまで出会った沢山の素晴らしいクリエイター、ミュージシャンの方々にも力をお借りしながら楽曲の制作等にも力を入れていこうと思っておりまして、一応

「音楽制作会社」

という位置付けになるのかなと思ってます。

他にも新しい事、面白い事、クリエイティブな事、ドラマーの為になる事、たくさんの提案が出来たらと思っております。

これからの夢としては生涯現役でドラマーとして活動しつつも、皆さまに喜んで貰えるような素敵な環境の大きなスタジオを持つ事です…!
まだまだ夢物語ですが、実現出来る様に精進して頑張ります。

まだ会社のホームページも無いような状況ではありますが少しづつ準備して行こうと思っております。情報は引き続きSNSで発信していきます。

皆さま引き続き応援、何卒宜しくお願い致します!

長文お付き合い頂きありがとうございました。


株式会社ゼンシグ 
ドラマー/代表取締役
HAZE/大宮洋介