幕張公演の後、

としくんがUPしてくれたインスタの皆さんで撮った写真

言葉には#fanstastic #friends と書かれていました。

としちゃんでも共演者さんのとしくんを仲間として接して下さる姿勢に感動し、

とても嬉しそうにしていらっしゃいました。

 

 

 
 

それを見た時、…もちろん嬉しかったですよ…

でもそれと同時に・・・ちょっとだけ違和感のようなものも感じました。

 

どういうことだろう・・・。

 

それが昨日のとしちゃんで腑に落ちたような気がします。

 

としくんが昨日としちゃんで羽生さんとお話された言葉を聞いた時、胸を掻きむしられるような…締め付けられるような…同時にやっと「真実」に出会えたような…ホッとするような…ショックと安堵が入り混じった気持ちに。

 

そうだったんだ…。

当然だよね…。

 

としくんが(色々なことがあっても)「楽しくいこう」と仰る限り、水を差したくない。その言葉を最大限に尊重したい。

そんな気持ちだけで、それが伝わるように応援してきたつもりでしたが、昨日のとしくんの言葉を聞き、

本当にそれで良かったのだろうか…もっと他にかける言葉があったのではないだろうか…

一ファンがこんなこというのは差し出がましいと思いながらも、そんな思いにならざるを得ませんでした。

 

皆さんもご存知のように、としくんという人は滅多に本音…弱音というべきでしょうか…を言わない方ですよね。

もちろん、公に出る方なので言葉を選ばなきゃならないでしょうし、本音…とくに弱音や愚痴ともとられるようなこと、自分の言い分などは、立場上全て言える訳はないと思います。

しかしそうだとしても、としくんには元来そういう…本音をあまり明かさない性分があるんですよね‥きっと。

 

ですから、それが…時に誤解を招くこともある…あったと思います。

言い訳などいっさいせず、何も言わずひたすら自分の信念を貫いていく姿。

 

そこだけをみて、心無い言葉を投げる ”ファン” もいるでしょう。

ファンだけではなく、バンド活動においてもきっと誤解されることがあるのではないかと…もちろん私の主観です、勝手な考えですが、そんな風に感じます。

 

 

としくんだって人間ですから、

 

なぜだ・・・

と泣き叫びたかったこと・・・また

 

そう至るには、理由があるんだ・・・

 

と、叫びたかった時が何度も何度もあった…いや今もあるのだと思います。

「淋しさも悲しみも誰にも見えない」…マスカレイドの歌詞そのものの気持ちがとしくんの人生の至る場面で今も続いているのだと思います。

 

羽生さんはマスカレイドを演じるにあたって自分の人生と重なる…同じ思いになるととしくんに仰ったそうです。

私には羽生さんの人生の裏側までは当然分からないですが、

今回、羽生さんときっと色んなことをお話され、また羽生さんのパフォーマンスを肌で感じ

人生で感じている理不尽さ、孤独、それでも自分の道を歩もうとする覚悟はまるで、ご自分でも驚くほど鏡に映すかのように同じだと感じられたのかもしれません。

その感動は計り知れず、連日のように羽生さんへの多大な賛辞が止まらないとしくん…。

でもよく考えれば、

としくんの歌詞、旋律そして世界観を非常によく理解し、

自分の分身のように細かい心情の隅々まで体現する。

それは、皆さんも感じていらっしゃるように、

すなわち羽生さんも同じ人生を歩んできた‥いるという真実。

 

そしてCrystal memoriesでは、勝ち取った力強い「勝利の剣」をとしくんに掲げてくれる。

 

そんな光景を目のあたりにしたら…

としくんがあんなにも感動、感激している背景が少しづつ見えてくるような気がします。

私たちがとしくんの詞や歌声、表現を聴き、自分の人生と重ね合わせ泣きながら最後には力をもらえるように、

としくんも羽生さんを通してどこかにあった心のしこりを取り除いている…。

羽生さんとの出逢いがとしくんにどれだけの影響を与えているか…言葉にはならない思いです。

 

皆さんもご存知のように色々なことがあったとしくんですから、人を信用するということは私たちが思う以上に難しいことなのではないかと思います。

そんな中、安心して、自分の本音を話せる…本音を話したいと思える相手に出逢えたこと、本当に奇跡のよう。本当に良かった…そう思います。

 

また、昨日花園でそのお話を私たちに聞かせてくれたことも、奇跡みたいだと思いました。

としくんがToshloveを大切にし、言える範囲で何でも話してくれていること、しかし中々すべてを話すということは難しいということも分かっているつもりです。

ですからそんな中、心を開き、話してくれたことがとても嬉しかったし、私はそういうとしくんもどこかで待っていたんだなって実感しました。

前向きに明るく生きる…それは人生の基本だと思います。しかし、そんなふうにいつも出来ないのも人生です。

いつもいつも楽しい、上手くいってるなんて聞いたら逆に心の健康が不安になります。

ですから、昨日としくんが言ってくれたことが本当に嬉しかった。愛おしかった。

いつももらうばかりでどうして、何も出来ないんだってもどかく感じると同時に

皆を信用し、お話してくれたことが本当に嬉しかった。そして花園はいつまでもとしくんが安心して話せる場所であって欲しい強く思いました。

 

羽生さんや今回のファンタジーオンアイスで出逢った皆さんを通して、自分の進むべき道…あるいは進んできた道に自信が持てた…そんな思いがゆるぎないものになり、…そんなとしくんの心の琴線に触れる素晴らしい出逢いがあったこと本当に良かったと心から思います。

「人は思うよりも一人ぼっちじゃないんだ」

365日の紙飛行機にあるこの歌詞を心から実感できるような方々に出逢えたこと、ただただ嬉しいです。

 

としくん、ひとりじゃないよ。これからもずっと。

羽生さんとの素晴らしい出逢いがいつまでも続き、としくんがますます輝けますように!!

もちろん、羽生さんも!!

としくん、昨日も素敵な氷の花園をありがとうございましたラブラブ

 

さて、昨日はスッキリした気持ちになったと言ってくれたとしくん。

今朝のお目覚めはどうでしょうかラブラブラブラブラブラブ

 

今日はいよいよ神戸公演最終日ですね

はい!!悔いなきよう思いっきり弾けてきてね!!

 

なんと私はいよいよ明日月曜日に日本に行くので、今日は間違いなく一日ソワソワしてると思うけど、

としくんの応援ぬかりなく頑張らせてもらいます。

届けファンタージーーーービーーーーーーーム炎炎炎

としくん、最高の一日をラブラブ ぴっグラサンラブキラキラ