外が…暴風…(T_T)…

テーマ:
凄く外が
びふぉ~ぶひょ~ざくぅ~←ちょっと違う?
凄い音たてて風が過ぎていく…
私…この風の音が嫌い(T_T)ウウウッ…



『何言ってんだよ ○ ○ 』←いきなり妄想
『そんなにデカイ体で』

『もお!体は関係ないでしょヽ(`Д´)ノプンプン』

『仕方ないな…後ろ乗るか?…
あ、ダメだった…もう荷物積んでたわ…
残念だな。』

『もお、何よ…なんでそんな
意地悪ばかり言うの?』

『ごめんごめん…ほら泣かないで

そう言うとカイが片手で自転車を押し
もう片方の手で私と手を繋いでくれました❤

『ほら…帰ろ。』

私は涙を吹きながらカイの方を見た瞬間

『ちゅ💋』

カイにキスされました

『えっ…』

『ほら、帰るよ。』

そう言って何食わぬ顔で
私の手を引きながら
帰るカイなのでした❤



なんじゃそら~Σ(T▽T;)
あまりにも音が嫌いなので
大好きなEXOちゃんズで妄想しようかと…
そして脳内ハッピーになれば寝れるかな…
まだ…びょーびょー言ってる←これも違う?








『おお~い、いつまでそこに
立ち尽くしてるつもりだ?』

『だって…外凄い風なんだもん…(つд;)』

『バカだな…早く帰ろうぜ…』

少しあきれぎみに私に近づくと

『ほら…これで怖くないだろ』

ベクが私に自分のしていたイヤホンを
つけてくれました…
中からはEXOの歌…

『ベク…』

『あ、わかったから。
もうこれ以上惚れるなよ!
もう惚れようがないだろ。』

そう言って微笑むベクに



ずっきゅんどっきゅん凄いんですが❤
もう外の風の音も聞こえないね(//∇//)

ていうか…お外が更に凄い嵐に…
明日の朝までに家の回りの物が飛ばされて
無くなってるんじゃないかってくらい
凄い音が…そんな中…雪掻きをする音が…
マジですか!←マジです。さっきから
暴風の音と一緒にじゃりしゃりと
雪掻きする音が…誰だよこんな夜中に雪掻きするのは
しかも暴風だぜ( ̄▽ ̄;)
普通に怖いから…





『もう、怖がらなくても大丈夫だよ。』
『えっ…』

『俺が守ってあげるから』



きゃ~❤
最強のお言葉をもらいましたぁ~❤
いやいや自分で書いたんだからね(笑)

妄想したっていいじゃないかぁ~❤

あ、雪掻きする音が止んだ…
後は…この暴風の音だけだな…







『○ ○ ~俺が横にいるんだから
風の音くらい平気でしょ?』
おっとカイ2ラウンド目
『そ…そうなんだけどね…
でも怖いものは怖いの~嫌いなのこの音…』

『ふぅ~ん…』
『えっ?何?』

カイは無言で近づいてくる…

『うーん…』

ちゅ💋

『えっ///💦』

『ほらこれで忘れただろ』

『う、うん///💧ありがとう…』

『でも ○ ○ …俺が今から襲っちゃうけどね』

『えっ』

『覚悟しとけよ~  がぁーお』

『う、う… にに熊に襲われた…』

『あ、なんだと?ににくま?
言ったなこの~』

わぁ~きゃ~と
いちゃこらして夜は更けていきましたとさ❤

なんじゃそりゃ(笑)

はぁ~少しは…いや脳内はかなりハッピーに
なってきたよ❤



ありがと~❤
これで寝れるかな…
EXOの歌聴きながら寝よう…
はじめっからそうすれば良かった(爆)




ここまでお付き合いくださり
ありがとうございました(^^)v


画像はすべてお借りしました
ありがとうございましたm(_ _)m







EXO(エクソ)ランキングへ
AD

コメント(4)