解決療法心理カウンセラー®︎中村隼登です。

一般社団法人 解決療法心理カウンセラー協会




どんなに「正論」だとしても
その相手にとって「良いこと」だとしても


相手に聞く耳を
持ってもらえなければ


伝わりません





僕が、時々やっている方法ですが



誰かに言われてやらされた


のでは、人は動かないし
何かあれば「誰か」のせいにしたがります。



だからこそ


「◯◯が良いと思いますよ」
「◯◯にしましょう」と
決めつけるのではなく




「◯◯のほうが良いと思うのですが」




どう、思いますか?



この一言をプラスするのです。



あなたはどう思っているの?
あなたの意見を尊重します
というメッセージを
相手に伝えることになります。



このように


相手の考え、意見を尊重する
つまり「相手に関心を向ける」だけで
大きく相手に伝わるメッセージが変わるのです。



あなたが決められることだとしても
あえて意見を聞く。


「体調はどうですか?」
「大変でしたね」
「少しお時間良いですか?」


と、一言最初に伝えるだけで
相手には「配慮している気持ち」
伝わります。





相手には
「自分を大切にしてもらっている」


という感覚が生まれ


「自分を大切にしてくれる相手を
 大切にしたい」


という気持ちが
生まれる。


これはどんなに心が荒んでしまった人にも
対人恐怖を抱えている人にも
人間嫌いになった人にも
生まれるものだと、僕は思います。






プロフィールはこちら

年間1000件のカウンセリングを通じて、最新の脳科学と伝統のカウンセリングを融合させた解決療法心理カウンセラーの人間関係でうまくいくコツをお届けします。・ 「人間関係はうまくいく」 心理カウンセラーの秘訣メルマガはこちら
 
最初講座スケジュールはこちらお問い合わせはこちら
 

解決療法心理カウンセラー養成講座のお申込み