野建ての太陽光発電所にて、リパワリング工事を行ないました。

 

リパワリングとは

設備を新たに更新する工事です。

 

太陽光発電はパネルだけでなく、たくさんの機器を使用しています。

その為、機器の経年劣化は免れず、年々発電量がダウンします。

 

そこで、経年劣化が進んだ設備を最新機器に取り換えることで

発電効率を上げることを目的としているのが、今回行った「リパワリング」です。

 

現在の設備は、設置当初に比べ高機能であったり

新機能が搭載された機器も増え、さらに安価で手に入れることができます。

今、再投資することで、長期的に考えて利益を上げることが期待されます。

 

リパワリングの内容

今回は野建ての発電所に「オプティマイザー」を設置、

パワーコンディショナーも取替をしました。

 

一般的な太陽光発電システムは、何枚かのパネルを1台のパワコンに接続しており、

出力の最も低いパネルに合わせて発電量を制御する仕組みになっています。

 

その為、グループ内の一部分が何らかのミスマッチ要因によって

発電できていなかった場合、発電量を大幅に損失する場合があります。

 

【ミスマッチ要因の例】

  • 汚れ、ホコリ、鳥の糞など、太陽光を遮る様々な要因
  • 設計時になかった障害物が環境変化によって現れる
  • モジュールの経年劣化によるモジュール間の差

 

オプティマイザーを設置することによって、パネルごとに電流・電圧を調整し、

各パネルの発電量を最適化することができます。

 

結果として、システム全体の発電量が2~10%程アップします。

 

【施工の様子】

  • オプティマイザー

  • パワーコンディショナー

 

お客さまも、設置後に発電量が上がった実感があると嬉しいお言葉を頂きました。

 

設備の経年劣化は徐々に訪れ、壊れていても気づかないなんて事も・・・

更に、エラーが起こる前にリパワリングした方がお得な場合もあります。

 

ご相談も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

--------------------

【創業92周年の電気屋さん】

林電機商会ですキラキラ

〒507-0807 岐阜県多治見市京町1−134

T  E  L   0572-22-0552

E-mail    info@hayashidenki.co.jp

【公式HP】
https://hayashidenki.co.jp/

--------------------