不妊鍼灸にも理論の柱を | 大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

枚方市楠葉、大通りから少し入った所にたたずむ小さな治療院です。

20日日曜日、京都で行われた不妊鍼灸の公開講座に参加してきました。




今年は鍼灸師の先生方の講演や症例発表に加えて、醍醐渡辺クリニックの渡辺浩彦院長、同培養室長の木下勝治先生からも貴重なお話を伺うことができました。


病院における不妊治療が日進月歩であるように、不妊鍼灸の分野もそれに追随して進化していかなければなりません。


特に体外受精がかなりの割合を占めるようになった現在においては、古典的な手法による体質改善の鍼灸治療のみならず、「育卵治療」や「着床率の向上」といった、より具体的で踏み込んだテーマにも対応できるような理論の確立、そして治療技術の進歩が必要です。


当院においても情報の収集や治療のアップデートを繰り返すことにより、できる限り皆さんのご期待に添えるよう日々努力しております。