産後女性へのメッセージ | 大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

枚方市楠葉、大通りから少し入った所にたたずむ小さな治療院です。

最近の症例――


30代女性。産後半年(第1子)。母乳の出が悪く、産後3ヶ月でミルクに。


主訴:不眠。気持ちが高ぶると朝まで全く眠れない。眠れても何度も目が覚める。


その他、育児への不安感から来る断続的な胃痛・下痢、体重減少、異常な冷え、立ちくらみ、頚から腰にかけての凝り 等。


初診) 初回ということもあり、短時間かつ必要最小限の治療にとどめる。それでも5分ほど鍼を置くと寝息をたてて眠ってしまった。初回の治療で早期改善への手ごたえを得る。


2診) 1週間後の2診時、初診後の様子をメモに書いてきて下さった。


大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ


以後、多少の波はあるものの概ね睡眠は安定し、それに伴い他の症状も改善しつつある。


2診以降、表情が驚くほど柔らかくなった。



*****



産後女性の身体の不調といえば、骨盤の不安定性に起因する腰痛などがよく知られています。


ただ、実際には「痛み」を伴う症状ばかりではなく、ホルモンのアンバランスや育児への不安からくるイライラ、集中力低下、不眠、疲労倦怠感、頭痛、食欲低下などの心身の不調を訴える方が多くいらっしゃいます。


また、あるデータによると、何となく気分が落ち込むなどの「マタニティー・ブルーズ」を経験する方は全体の半数以上、「産後うつ」の罹患率は10%あまりとも言われており、決して珍しいことではありません。


精神的に煮詰まりやすいこの時期、パートナーや家族などのサポートが重要であることは勿論のことですが、緊張しきった心身を緩め、全身の調整を得意とする【鍼灸治療】で、たまにはほっこりとした時間を過ごされてみてはいかがでしょうか?