不妊と周期療法 | 大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

枚方市楠葉、大通りから少し入った所にたたずむ小さな治療院です。

女性の身体は月経周期1サイクルの中でめまぐるしく変化します。


その変化に着目し、中医学と西洋医学の理論を結合して考え出された治療法が「周期療法」です。


周期療法では、月経周期を ①月経期 ②卵胞期 ③排卵期 ④黄体期 という4つの時期に分けて考えています。


各時期の身体の状態に合わせた治療を行うことで、月経周期全体のリズムを整えていきます。



【各時期の主な治療目的】


①月経期 →古い子宮内膜や経血を完全に排出させる。


②卵胞期 →卵胞の発育と子宮内膜の増殖をサポートする。


③排卵期 →スムーズな排卵を促す。


④黄体期 →着床しやすい環境を整え、高温期を維持する。



4つの時期は連動しているので、これらの治療ですべての時期をしっかりと機能させることが重要です。


ある時期がうまく機能していなければ、その影響は他の時期にも及びます。


その結果、月経周期や基礎体温は乱れ、不妊の原因となる様々な問題を引き起こすことになるのです。



このことから、当院では【体質に合わせた基本治療】にプラスして、【月経周期を意識した治療】を組み合わせて施術しています。