「秋バテ」???

テーマ:

今回は「秋バテ」について発表しました。


夏バテという言葉はよく耳にしますが、秋バテについてご存知ですか?


夏の暑さを引きずったまま、薄着や冷たいものを摂りすぎると、体の表面は暑いのに、体の中は冷えた状態となり、夏バテ解消どころか、余計に体調を崩してしまう「秋バテ」になる人が増えています。

秋バテは夏の間にためてしまった体の冷えから自律神経のバランスを乱し、血の巡りを悪くして内蔵機能をマヒさせているのです。



<症状>


・体がだるく熱っぽい
・食欲が落ちる
・胃腸の調子が悪くなる


さらに、今の時期台風が発生することにより、気圧も急激に乱れやすくなり、頭痛やめまいを引き起こす原因になります。



予防として、栄養がある食事を摂り、入浴で体を温めることが大切です。

特に、食事では根菜や生姜・ニラは体を温める食べ物です。豚肉はビタミンB群なので積極的に摂ると良いそうです。


入浴では全身浴で38℃の湯に浸かり、額に汗ばむ程度が疲労回復の効果につながります。

秋バテにならないよう、体調管理に気を付けましょうね!