今回の勉強会では『子供の矯正 』について調べました。


子供の矯正には大きなメリットがあります。
大人の骨格へと成長する前に不正咬合の軌道修正をしておくことで問題の拡大を
防ぐことができるため、大人になってから治療を開始するよりも治療の負担が小
さいのです。


こうした軌道修正は、成長過程にある子供にしかできません。
大人になれば、あごの骨や歯を支えている骨の大きさ・形は決定してしまい、抜
くなどの外科手術を併用しなければ大きく変えることができません。

子供の場合、適切に対応し健全な成長を促すと、大きさも形も、よりバランスよ
く成長してくれます。


つまり、噛み合わせや歯並びの問題を、その土台から根本的に改善することがで
きるのです。


治療を始める時期は6~7才の頃がベストでしょう。
ちょうど前歯の永久歯が上下四本ずつ生え「乳歯のころはきれいに並んでいたの
に。あれ??」と歯並びが気になりはじめる頃です。


また不正咬合には2つの原因があります。一つは親譲りのものと癖のものがあります。
遺伝の予防は無理ですがくせなら予防できますよね?



詳しくはスタッフに聞いてみてください!


お子さんの矯正は、早すぎるのは待てば良いのですが、遅すぎてチャンスを逃さないようにしましょう!

いつでも相談して下さいね!



湊川公園駅の近くにある林歯科医院のブログ、スタッフ編  Taniguchi




院長からの補足


以前は、矯正のスタート時期は、永久歯がはえそろってから、余分な歯を抜いて
行っていましたが、最近は考え方が変わってきました。


つまり、スタート時期を早めることで、歯の土台の骨自体の成長をコントロール
することで、歯を抜くことなしに矯正できるようになるのです。


遅い矯正を行ったことで、人によっては、第一小臼歯を抜くことにより、口の中が
狭くなり、生きていくのに大切な呼吸に、悪影響が生じて、血液の循環障害など
で、体の不調を引き起こすことがあります。


ひどい時は、うつ病にまでなることがあるとも言われています。


もう一つ大切なことは、早い時期に骨の成長を調整することで、本格的な矯正治
療をする必要がなくなることもあるということです。


費用や、矯正期間も短くなる可能性のある早い時期の矯正はとても大切です。



http://www.hayashi-dental.info/staff/taniguchi.html