今回の勉強会では歯周治療には必ず理解しないといけない骨吸収の形態の違いについて復習を兼ねて発表しました。


歯肉の炎症は出血の有無によりおおまかな診断ができますが、


歯周病は、レントゲン写真という二次元的な所見と、ポケット測定によりどの範囲で骨吸収が存在しているか確認することで検査します。



そのなかで、骨吸収の形態は、水平的骨吸収と垂直的骨吸収に分類できます。
この吸収の違いは、歯と歯の距離や歯垢の位置、噛み合わせの力などに関係しています。


湊川公園駅の近くにある林歯科医院のブログ、スタッフ編      湊川公園駅の近くにある林歯科医院のブログ、スタッフ編


    垂直性骨吸収            水平性骨吸収

           (デンタルハイジーンより抜粋)






どちらの骨吸収の形態であっても、欠損部に面している歯根面に歯垢が存在しているはずで、この二つの違いを認識して、歯周病の治療を行い、原因となる歯垢を徹底的に除去することが重要になると考えます。



林歯科医院では、骨吸収の形態を把握して、そうなった原因も分析し、患者さんと今後の治療方針を話し合い治療を行っています。


今後も基本的な知識は勿論、新しい情報も見逃さずに、よりよい治療ができるように勉強していこうと思います。


谷山




http://www.hayashi-dental.info/staff/taniyama.html