今日の勉強会では、セルフケアの範囲を広げるための補助用品ワンタフトブラシについて発表しました。

ワンタフトはピンポイントに狭い部位に毛先が届く清掃道具です。


患者さんの口腔内の手入れについての知識が高まる今日、
私たち歯科衛生士が行う TBIも、より患者さんに適したものが求められています。


歯周病治療の症状が安定、治癒した後の進行、再発防止には
患者さんが行う縁上プラークコントロール=セルフケアと、
私たち衛生士が行うプロケアの両立なくして健康維持はありえません。


深いポケットや複雑な矯正装置の上からでもリスク部位に届きやすいワンタフトブラシ。
使用方法もコツをつかむと誰でも上手にできます。




湊川公園駅の近くにある林歯科医院のブログ、スタッフ編


いつものセルフケアにプラスαすることでより一層、効果があがると思います。


林歯科スタッフは今回の勉強会で患者さんの口にあったセルフケア用品を選ぶ大切さと
プロケア両方の必要性を理解することができました。


谷山


http://www.hayashi-dental.info/