今回の勉強会は、歯の大敵!歯ぎしり・くいしばりについて発表しました。


歯ぎしりや、くいしばりの主な原因はストレスですが
心のバランスを取りストレスを解消するために行う大切な防御行動だといわれてます。

しかし残念ながら歯にとっては良いことはありません。


歯ぎしりやくいしばりは、奥歯で自分の体重くらいの力がかかります。
その過剰な力により、歯のエナメル質が割れて虫歯のリスクが上がったり、しみやすくなったりします。


また、せっかく治療したかぶせ物が繰り返し壊れたり、歯周病の治療も思うように進みません。
最悪の場合は、歯の根が割れて抜歯になることも・


そこで、試してもらいたい対処法をお話しします!


歯ぎしりを止めるには?就寝前にトライ!!
まずは、自己暗示療法・
「唇を閉じて、歯は離す」と20回ほど声に出して唱えます。
全身を脱力させ、1日で溜まったストレスがなくなるイメージをします。
高い枕はなるべく避け、歯科医院で作ったマウスピースを装着して就寝しましょう。


日中のくいしばりをとめるには?生活の中でトライ!!


「今、上下の歯当たっていませんか?」というステッカーなどを作って、目につく場所に貼り気付く度に歯を離します。


極端に硬いものを好んで食べるのは避け、必要以上に強く噛む癖に気を付けましょう。
趣味のスポーツやトレーニング、重いものを持つ時などにも意識してみてください。


歯ぎしり・くいしばりは、意識だけで改善が可能です。
是非お試しください。


http://www.hayashi-dental.info/