今回の勉強会では、デンタルハイジーンの「カリエス察知力を強化しよう!」を題材に話し合いました。
私たち衛生士が歯周治療やメインテナンスなどを通していかに患者さんの口腔内の変化に気づき、初期の段階で『察知』し歯科医師に報告する。という日常の衛生士の役割を改めて考える勉強会でした。


この『察知』する力、、。患者さんの些細な変化に察知するために知識を駆使し、肉眼での観察とX線写真の確認を組み合わせ、多くの情報を得ることにより、虫歯を最小限に済ませる事が可能だと話し合いました。

見る=単なる風景
診る=プロフェッショナルが何か目的をもって調べる

漢字で書くと医療人としての自覚をしっかり持たないと!という気持ちに改めて感じさせられますキラキラしょぼん

私達は林歯科医院に来られる患者さん一人一人の生活習慣なども把握し、それぞれにあったプロケアを常に考え、日々取り組んでいます。
引き続き、察知する力を強化しより質の高いメインテナンスを目指したいです!



湊川公園駅の近くにある林歯科医院のブログ、スタッフ編 Taniyama