職人体質日本の落とし穴。 | 名もなき のぐち

名もなき のぐち

日々のビジネス生活にあれこれ
ボランティア

どうも、私です。

先日、とある飲食オーナーと食事をした時に口論になりました。

 

 

とあるチェーン店(A)で食事をしたさい。

そのオーナーがその(A)店を「不味い不味い」と言って食べているのです。

 

だから私は

あなたの店よりはマシです。と正直な気持ちを伝えたら怒られてしまいました。ww

 

 

B店としましょう。

個人まりとした、小さな居酒屋です。

こだわりの食材でこだわりの料理を

手間暇かけて惜しみなく提供します。

 

そして、料理はおいしいですが

料金は高いです。

 

 

そしてチェーン店Aは

料金は安くて料理はソコソコ美味しいです。

 

 

この時に

消費者心理はどう働くのか?

 

安い割に美味しいよね。(高評価)

高いけど美味しいよね。(普通の評価)

 

つまり、高くて美味しいは「当たり前の事」なんです。

経営者や料理人の人は

比べる場所が違う訳です。

 

 

キチンと思い返して下さい。

 

高くて美味しい→当たり前(普通評価)

高くて不味い→最悪(低評価)

安くて不味い→当たり前(普通評価)

安くて美味しい→以外(高評価)

 

 

人の口コミのメカニズムで

これを想定範囲の視点から見ていくのです。

すると何が一番バズるかわかってきます。

 

普通評価とは想定内という事です。

そして

想定外は意外な事。

話したくなるネタになるのです。

 

なので、安くて美味しいが一番商売として

マッチしている訳です。

 

もちろん高級料理でも高級料理のブランドってのは存在します。

広げ方も全て打つ手が決まっている訳です。

 

 

 

 

結局ね。

会社にお金を運んでくるのは、取引先でも、経営者仲間でもなく

お客様な訳です。

 

 

お客様が求めている事をすれば

必然と、お店は伸びると思いますね。

 

 

高級店をするのであれば

大商圏で挑戦しましょう。

 

 

 

 

 

とこれまでは

今までの原理原則です。

しかし、昨今社会変化で

立地に相違が出てきました。

 

 

今までは

サブアーバンに大きめの店舗が主流だったのに

今後は変化して違う立地が最高の立地になりそうです。

 

これもITの変化ですね。

時代の流れが速すぎる。

 

 

 

昔、商店街が最高の立地と言われ

その後、郊外押しの時代がきて

隙間産業としてサブアーバンが出てきて。

そして、また、立地とオペレーション変換が起きている訳です。

 

これを知らないと

くだらない店舗をつかまされるので、ご注意して下さい。