名もなき のぐち

名もなき のぐち

日々のビジネス生活にあれこれ
ボランティア

どうも、私です。

先日、とある飲食オーナーと食事をした時に口論になりました。

 

 

とあるチェーン店(A)で食事をしたさい。

そのオーナーがその(A)店を「不味い不味い」と言って食べているのです。

 

だから私は

あなたの店よりはマシです。と正直な気持ちを伝えたら怒られてしまいました。ww

 

 

B店としましょう。

個人まりとした、小さな居酒屋です。

こだわりの食材でこだわりの料理を

手間暇かけて惜しみなく提供します。

 

そして、料理はおいしいですが

料金は高いです。

 

 

そしてチェーン店Aは

料金は安くて料理はソコソコ美味しいです。

 

 

この時に

消費者心理はどう働くのか?

 

安い割に美味しいよね。(高評価)

高いけど美味しいよね。(普通の評価)

 

つまり、高くて美味しいは「当たり前の事」なんです。

経営者や料理人の人は

比べる場所が違う訳です。

 

 

キチンと思い返して下さい。

 

高くて美味しい→当たり前(普通評価)

高くて不味い→最悪(低評価)

安くて不味い→当たり前(普通評価)

安くて美味しい→以外(高評価)

 

 

人の口コミのメカニズムで

これを想定範囲の視点から見ていくのです。

すると何が一番バズるかわかってきます。

 

普通評価とは想定内という事です。

そして

想定外は意外な事。

話したくなるネタになるのです。

 

なので、安くて美味しいが一番商売として

マッチしている訳です。

 

もちろん高級料理でも高級料理のブランドってのは存在します。

広げ方も全て打つ手が決まっている訳です。

 

 

 

 

結局ね。

会社にお金を運んでくるのは、取引先でも、経営者仲間でもなく

お客様な訳です。

 

 

お客様が求めている事をすれば

必然と、お店は伸びると思いますね。

 

 

高級店をするのであれば

大商圏で挑戦しましょう。

 

 

 

 

 

とこれまでは

今までの原理原則です。

しかし、昨今社会変化で

立地に相違が出てきました。

 

 

今までは

サブアーバンに大きめの店舗が主流だったのに

今後は変化して違う立地が最高の立地になりそうです。

 

これもITの変化ですね。

時代の流れが速すぎる。

 

 

 

昔、商店街が最高の立地と言われ

その後、郊外押しの時代がきて

隙間産業としてサブアーバンが出てきて。

そして、また、立地とオペレーション変換が起きている訳です。

 

これを知らないと

くだらない店舗をつかまされるので、ご注意して下さい。

どうもー!私です。

 

 

 

私は昔から無駄な物が大嫌い。

意味のない仕事はしたくないし

日本の遠回しな文化が嫌いな時期もありました。

 

 

どんな文化と言うと

仕事が無いのに

サービス残業したり

 

時間内で効率的に仕事を終わらせる人よりも

ダラダラ仕事して長時間働く人のほうが認められる世の中とか・・・・。

 

 

これは結構共感してもらえると思います。笑

 

 

しかし、無駄無くし効率化を求めていくとドンドンなくなっていく事があります。

それは「目上を敬う心。」です。

 

 

私は、どの時代も最強なのは若者だと思っています。

だって、今までずーっと進化してきている訳じゃないですか?

これっていつの時代も若者が「素晴らしい」から

技術革新も経済も成長し続けてきた訳です。

 

大人は言います。

「最近の若者は」

 

でも、最近の若者が素晴らしいから

進化し続けている訳であって

大人が言っている事は間違いな訳です。

 

 

でも、ここで注意して欲しい物が一つ。

能力は昔から何も変化していない。って事。

 

 

考えて欲しいんです。

あなたが時給1000円でコンビニでアルバイトできるのは誰のおかげなのか?って話です。

フィリピンにもコンビニがあります。

彼らの初任給はおおよそ4万~5万くらいです。

つまり

25日間1日8時間計算をすると

時給200円って事。

 

 

フィリピンで時給200円で働いている人A君と

日本の東京で時給1000円で働いているB君

能力に5倍の差があるのでしょうか?

 

 

いいえ、それは違います。

 

 

あなたが時給1000円で働けているのは

この経済大国を築いてくれた大人達のおかげなんです。

 

 

正直、若者たちは効率化する事にたけています。

スマホやITに子供のころから接してきて

効率化するプロと言って良いでしょう。

 

しかし、その環境を作ってくれて来たのは

戦後、がむしゃらに働いてきた世代のおかげであり

世界恐慌時代に、我慢の経営をしてきた会社のおかげな訳です。

 

良く、Twitterなので

生きるだけで、税金などのお金のかかる国!的な嫌味を書いている人がいますが

 

道路一本、水道管1本、電話線1本たりとも

無料で出来た物なんて何一つある訳がないんです。

 

それが嫌なら、ルールの無い所で戦え!って思う訳です。

 

 

 

何度も言います。

これから誕生するビジネスの多くは

若者が中心となるでしょう。

 

 

だけど絶対に調子に乗ってはいけない。

なぜなら

土台を作り上げたのは

・あ・ん・た・じゃないからです。

 

何を勘違いしたのか?

その土台があったから

成功したのに

その土台の事は関係なしですか?

 

 

社会の成り立ちを考えれば

やるべき事が見えてくると思う訳です。

 

 

さて、僕たちの活動も是非応援して頂けると嬉しいです。

雑なしめくくりでごめんなさい!w

 

http://international-food-festival.com/

 

どうも!私です。

私達が今進めている

IFF inくるめ

インターナショナル フード フェスティバルですが

なんとジャイカさんに

ご後援頂ける事になりました。

 

 

イベントのサイトはコチラ

http://international-food-festival.com/

 

 

ジャイカさん

独立行政法人国際協力機構はコチラ

https://www.jica.go.jp/

 

 

 

 

パチパチパチ~

 

 

嬉しいですよね。

でも、まだまだこれからです。

 

 

 

テレビ局も

新聞社も

銀行も

公共交通機関も

行政も

領事館も

巻き込むべき所は沢山あります。

 

 

今ね。

日本では、生産労働人口がやばい訳。

どうヤバいかと言うと。

昨年は37万人

恐らくこれからは

毎年50万人規模で

生産人口が減って行く訳さ

 

 

国は急いで労働者確保の為に

実質移民の受け入れを急いでいる。

 

 

今年の4月に法改正して

新しい法改正のなかで

おそらく許可がそろそろ

降りてくる。

 

送りだしの準備も不十分であれば

受け入れの準備も不十分な訳。

 

 

だから、お互いを知ることが大切だと思う訳です。

 

今は互いの事を知らなさ過ぎて

溝が生まれてる。

それを文化の違いと言って

跳ねのける事は簡単だけど

知っていこう!って気持ちが大事だと思う訳でして・・・・

 

 

なので、

誰でも親しみやすい「食」ってテーマを選んだの。

ただのフードイベントでは終わらせない。

 

きっと社会の国際問題に一役たてる

団体になると思っています。

 

 

 

なんで、応援してね。笑

当日食べに来てね。笑

お金出してね。笑

いいねしてね。笑

コメントしてね。笑

シェアしてね。笑

 

 

SNSで紹介してくれるだけでも

大きな力となります。

 

もし、活動に共感でるのであれば

あなたのやり方で、

あなたのなりの応援を頂けるだけでも

本当に嬉しいです。

 

 

おもろい事。

作っていきます。

 

 

どうも、私です。

今日は、なぜ?あんたの会社が毎年成長しないで横ばいの理由を教えます。

 

 

それがほんの話とどう関係あるのか?w

実は世の中の社長は本をめちゃめちゃ読んでいる人が多く

中には読んでるくせに

え?他人の本なんて読まないよ!なんていう人も居ます。

なんの自慢なんですか?ww

 

私からのおススメ

若者は本をどんどん読みましょう!

 

しいて言えば

本当に本を読まない経営者は

実はコンサルとか、先生と呼ばれる人たちに

めっちゃ高い金払って教えてもらって場合が多いです。

 

もちろんメリットデメリットはありますよ。

本は安いですが

時間がかかります。

 

コンサルは直ぐに要点が解り時間短縮ですが

料金は本よりも高い訳です。

 

 

さて、

人はなぜ?本を読んでるのか?

それは知識が

あなたの役に立つ!と決まり切っているからです。

 

 

ちょっと、まって、成長しないとどう関係があるのか?

きになってきたでしょ?

 

 

実は

お金儲けと言うのは言葉で表現すると

資産の現金化。という言葉になります。

 

 

みなさんも貸借対比表をみた事があるでしょ?

左はあなたの持っている資産。

右は、その資産を形成する資本の在り方です。

その資産は借金で買ったの?

自己資金でかったの?って話です。

 

 

これは調べた事実ですが

成長していない会社の特徴は

この資産が毎年変化がありません。

 

逆に成長している会社は

めちゃめちゃ資産が増えています。

 

 

よく考えて下さい。

資産をお金に変える行為をビジネスって言うんです。

そのマネジメントが経営な訳です。

 

なら、若い人は資産を増やさないといけない訳ですよね。

 

 

 

こう考えて下さい。

不動産ビジネスをしている人は

1つの不動産でずーとやっていても売り上げは一緒な訳ですが

2つ3つと資産を増やせば成長していく訳です。

 

逆にコンサルの人は何をしているのか?

知識と言う資産をお金に変えている訳です。

 

なので彼らは知識と言う資産を増やさない限り

成長しないって事です。

 

では、若者はどうすべきか

本を読んで知識を蓄えて下さい。

 

その知識がいきなりお金になる事もあるかもしれませんし

その知識のおかげで、何かビジネスアイディアにお金が集まるかもしれません。

 

ようは、若い時って知識しかお金集めできないんです。

よって、若者は本を読もう!

誰かが気付いた事や、失敗した事が書かれています。

あなたが悩んでいるしょうもない事は実は

昔に解決済み!なんて事も多々ある物です。

 

じゃーなぜ社長達は本を読まない!っていう人がある一定数いるのか?

それは、そもそも立場が違ったとか

周りの環境に恵まれていて、必要が無かったなど

理由は様々です。

 

 

でも一番の問題は

貸借対照表の数字を読めない事が

このロジックを作り上げれない原因と考えてもいいでしょう。

 

もし、あなたが結構高い山を目指すのであれば

人に合うか、読書しよう!

自分のスキルや知識が成熟するまでは!

来年開催する

International Food Festival
インターナショナル フード フェスティバル

IFFの打ち合わせで

ジャイカ九州の福岡デスクの方と打ち合わせさせて頂きました。

来年7月23日(水)祝日は

是非お時間がある方はいらして下さい。

また、学生は無料で海外に行けるプログラムも準備しています。

どしどし

ご応募下さい。

 

 

 

団体サイトはコチラ

http://earthling-jp.com/

 

イベントサイトはコチラです。

http://international-food-festival.com/