ルイ14世の病気 | 林整形外科のブログ

 太陽王とも呼ばれ、世界中に名前が響きわたっていたフランスのルイ14世(1638-1715)。彼は1686年の初め、馬に乗れないほどの激しい肛門の痛みに襲われました。医師の診断は、痔瘻であったとされています。現代で言う、肛門周囲膿瘍だったのでしょう。

 当時は麻酔も滅菌消毒もない時代でしたから、彼の担当医は種々の薬を使って治療しました。しかし症状は改善せず、10か月が経過したところで、ついに手術が行われたのでした。王室の記録によると、「王は手術の間、一言も苦痛を言わず、雄々しい戦士が戦場に向かうようであった」とされています。手術内容については、メスで切開をしただけという説と、ハサミを使ってしこりを切除したと言う説があります。

 順調な回復に喜んだルイ14世は、術者に貴族の称号を贈りました。この手術がきっかけで、多くの貴族たちが同じ手術を受けるようになり、人々が痔という病気を隠さなくなっていったのです。

 当時の外科医の身分は、内科医に比べ低かったのですが、この手術により地位が向上していきました。このため1686年は、フランス史では「痔瘻の年」と呼ばれているのです。