足のゆび | 林整形外科のブログ

テーマ:

 通常は日本語で「ゆび」という時は、手のゆびと足のゆびの両方を指すことになります。つまり手足の先にあるものは全て「ゆび」と呼ぶわけです。

 ところが英語では、手のゆびはフィンガー(finger)、足のゆびはトゥ(toe)と言って、はっきりと区別されています。日本語でも、医学用語においては手指(しゅし)、足趾(そくし)と言い、手足のゆびには異なる漢字を使っています。Toeには、足の趾という意味だけでなく「つま先」という意味もあって、日本語ではトゥ・キックやトゥ・シューズという言葉が浸透しています。

 手の親指はサム(thumb)と言いますが、足の親趾のことはグレート・トゥ(great toe)とかビッグ・トゥ(big toe)と呼び、小趾はリトル・トゥ(little toe)と呼びます。呼び方は、趾の大きさで区別されているのです。当然ではありますが、2番目の趾を「人差し指」、4番目の趾を「薬指」とは言いません。

 「ゆび」というと、生活に密着した「指を指す」「指をくわえる」「指を鳴らす」などの言葉から、手の指を示すことが多くなっていますが、足の趾も体重を支えてくれて頑張っています。ゆびは20本あることを忘れないでください。

林整形外科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス