最近はオリジナルよりキャラクターものを作ることの方が多くなっています。

消しゴムハンコベースで

きかんしゃトーマスのワッペンを作ってみたので覚書も兼ねて

 

出来上がりワッペン

 

ベースのハンコ 1版

元絵は、トーマス大図鑑より。

 

これをもとに、ステンシルシート(ダイソー)を作成

ステンシルのための線画ではないため、特に顔の色付けだけで3枚作製。

使用商品はダイソー ステンシル用カッティングシート 2枚入り(ステンシルH E008 No.5)

カットは普通のカッターナイフ使用。

失敗点は、シートの余白が小さかったため、着色時にスタンプ色が外にはみ出してしまうことがあったこと。

3センチも撮れば絶対安全だと思います。

 

これを使用して、同じくダイソーのアイロンシート

日本製 ゼッケンアイロン接着 15cm×20cm 好きな長さにカットできる! No580

に、着色

 

制作手順

○ステンシルシート作成

ステンシルシートにVersaMagic(写真などの非吸収面にも押せるハンコ)で、スタンプ

その後、線に合わせてカット

*失敗点1 半日乾かしたがVersaMagicがカット時に手についた

*失敗点2 線ぎりぎりでカットしたが、少しだけ外側にした方がよかった 

 

○ステッカー作成 ステンシル工程 (使用インク ツキネコVersaCraftシリーズ  ステンシルにはインクがのるスポンジ使用)

・RealBlack で ベースハンコをそのままスタンプ

・Cool Grayで顔を3回に分けて着色 *失敗点 色が濃くつきすぎた。だいぶん薄くしていい

・そのほかの部分を順次着色 *失敗点 ステンシルシートのインクを落とさずにステンシルをしたら、インク色が移ってしまった。石鹸で洗い流してからにすればよかった

 使用色がまちまちで忘れてしまったため未記載

・この時点で、黒がステンシルに比べて薄いので黒が多い部分のステンシルシートを作成して、追加着色

 

以上で出来上がりです

作ったシートを使って、手袋を改造。

 

*手袋改造時の失敗点 下の絵柄に白いインクを事前に塗って色を抑えればよかった

 

before

 

after

 

3歳児はこれでよろこんでくれました。

トーマスのちょうどよいサイズの5本指手袋が商品としてなかったのです。

経済的に見せかけて、新しく買ったインクやら結構大きなスタンプやらステンシルシートやらで(;^_^A

 

失敗だらけですが、いろいろ発見がありました。

最初は色を付けるところに別のハンコを同じ形に作ったりもしたのですが、

ぴったり合わせてハンコを押すのが難しかったり、

濃淡が付けやすいことに気が付いたのでステンシルに方向転換しました。

ハンコがあると、ステンシルシートも比較的簡単に作れるというのが今回一番の発見です。

活動休止しておりましたが、

この度小規模に活動再開させていただくことにいたしました。

 

地元の子育て広場への委託になります。

コムコム広場(香川県丸亀市 土器) 様

http://blog.canpan.info/comcom/

 

オーダーなどは、まだ不確定な部分もございますので、

場合によってはお断りする場合もある、ということご承知おきの上で、

相談を承ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

過去のシリーズ3記事をまとめています。

 

 

制帽運転手さん

 

折り紙の車につけるとそれらしくなるシールがあると子供が喜びそうなので作りました

特急・新幹線向けっぽい形と、

バスや通勤電車向けのつもりの形

想像力次第でなんにでもなりそうです

 

タイヤのハンコと合わせて

 

 

 

 

キャップを被った運転手さん

大型トラックにもいいかもしれませんね

 

 

ヘルメットはショベルカーなどの建機向け

見方によってはほかのヘルメット職種でも行けるかな?と思い救急車にも貼ってみました