環境・安全安心特別委員会視察 エコステ | 台東区議会議員・早川太郎のちょっとひと言
2017-11-04 15:28:34

環境・安全安心特別委員会視察 エコステ

テーマ:視察
今秋の委員会視察第2弾は。
環境・安全安心特別委員会で、10月30日・31日に、福島県と宮城県へ。
 
初日の30日は、福島市で、再生可能エネルギーについて。
 
新幹線を降りてすぐ、福島駅構内を視察しました。
福島駅は、JR東日本が、省エネ・再生エネを最大限活用した
「エコステ」モデル駅の第5弾目の駅で。
 
{C69056B2-083E-4D2E-A1B6-6693ED3162C3}

 

 

軽量型や従来型、有機薄膜など3種類の太陽光発電を活用したり。

 

蓄電池・地中熱ヒートポンプシステム・電気自動車蓄電器・LED照明などなど・・・。

様々な環境保全偽技術をフルに活用しています。

{E125FF6B-E7C2-45F1-B4D8-86279AA5B4F9}

 

窓枠に設置された有機薄膜太陽電池の実用化は、世界初だそうです。

しっかりと見学させていただきました。

 

その後、「四季の里」へ移動し。

福島市の再生可能エネルギー導入推進計画についてのレクを伺いました。

{9A5EE3F6-E0AA-48AA-B29E-79DFAD89AA78}

 

 

 

{CE5D687D-A398-4561-8ED9-F4462C398268}

 

福島市では、5つある重点施策の1つに、再生エネの導入推進を掲げ。
2013年度23.5%だったエネルギー自給率を2020年度で30%へ。
長期目標である2040年度には、50%にすべく、施策を展開しています。
また、東日本大震災の時に、避難所の多くで停電が発生してしまったことから、
太陽光発電に蓄電池をセットとしたエネルギー自家消費型施設普及率を、公共施設では、2,013年度の5.5%から、2020年度には20%。2040年度には100%とするよう目標を定め、事業を行っています。
 

 

普及啓発を含めた小水力発電の四季の里のような施設も、積極的に展開しています。

 

{97FAEA24-A338-475E-83CE-41F75B603629}

 

 
環境分野は、私の政策テーマの1つなので、大変勉強になりました。
 
2日目は、長くなったので、次回に続く・・・

 

早川 太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス