台東区議会議員・早川太郎のちょっとひと言
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-01-18 16:39:05

台東区の住宅宿泊事業の実施に関する考え方(保健福祉委員会 1/11)

テーマ:区議会

先週の木曜日の11日。

臨時の保健福祉委員会を開催いたしました。

案件は、住宅宿泊事業法の施行に伴う区の対応について。

 

なぜ、臨時で開催したかというと

 

民泊サービスについて、一定のルールの下、その健全な普及を図るために、ということで、住宅宿泊事業法 (民泊新法)が昨年6月に公布され。

その法律に係る解釈や留意事項等をとりまとめたガイドラインが、当初の予定よりかなり遅れて、昨年12月26日に策定されたのですが。

 

この法律は、本年6月15日から施行で、事業者の事前届け出は、3月15日から開始予定となっていて。

民泊新法では年間180日を上限に民泊の営業を認める一方で、自治体ごとに期間や区域について独自の規制をかけることが認められていて。

台東区独自の条例をつくるなら、その前までの条例制定が必須で。

第4回定例会中には、国のガイドラインが策定されていなかったので、審議が出来ず。

第1回定例会の日程では、十分な審議ができないこともあり、臨時の開催となりました。

 

報告された「台東区の住宅宿泊事業の実施に関する考え方」は。

宿泊者と区民の安全安心を第一に考え、適正な運営を推進する、というもので。

主なルールは。

・家主居住型や、管理者常駐型の家主不在型では、事業の実施期間に区独自で制限は設けず、管理者常駐型以外の家主不在型には、約10平方キロの面積に109か所もの教育機関等が区内全域に林立していることから、教育保育環境を維持するため、区内全域を制限対象とし期間については、基本平日の営業を制限する。

・隣接住民(集合住宅の場合は全住戸)や、届出施設の敷地から半径110メートル以内の学校などに対する7日前までの事前周知の義務付け。

・届出時に、民泊を禁止する管理組合の意思がないことを確認するための誓約書などの添付書類の提出。

・届出住宅の公表。

・苦情等発生時に現地に駆け付けるなど迅速に対処できる体制の確保。

・違反者の公表、など・・・・でした。

 

審議の中で、各委員から。

事前説明の強化や、苦情対応への対応強化、所管の機能強化などなど・・・

活発な審議かおこなわれました。

 

審議の最後に、私からも

事前説明の期間を7日前ではなく、他区でも検討している15日前までへの検討や。

業務改善命令を何度も聞かなかった場合の職権停止があり得るのか、との質問。

誓約書で、民泊を禁止する管理組合の意思がないことを書面だけでなく確認すること。

衛生管理基準もしっかり対応、等を要望しました。

 

台東区では、現在においても、違法民泊がかなりの数、行われていて。

区民の方々より、騒音やゴミ処理、セキュリティーなど

民泊に対しての、ご相談を受ける機会も大変多い状況で。

 

民泊が、話題となりだした一昨年、台東区では、国の規制緩和を受けて、営業時間内は従業員を常駐させることなどの条件を課す区の旅館業法施行条例改正案を議員提案し、全会一致で可決しました。

これは、区民の良好な生活環境の確保と宿泊者の安全性の確保を、しっかりと担保するための条例改正でしたが。

今回の民泊条例についても、その条例改正の意義を継承し。

管理者が常駐するホームステイ型の民泊事業と、そうでない事業をしっかりと区分けして規制を強化するなど。

宿泊業における「台東クオリティー」を守っていくための条例としていかなくては、成らないと思っています。

 

台東区では、1月11日より25日まで、パブリックコメントを実施中です。

ご意見のある方は、ぜひ、コメントお願いいたします。

 

2017-11-05 21:18:57

環境・安全安心特別委員会視察 仙台防災訓練

テーマ:視察
前回の続きで。
 
2日目は、仙台市で、防災訓練についてレクして頂きました。
{544F6715-82BF-42C8-9529-3D48E01D45BB}

東日本大震災において、甚大な被害を被ってしまった仙台市では。

その教訓をもとに、市の防災訓練を大幅な見直しを実施したそうです。

1つには、市民の1割が活用せざるを得なくなった避難所。

庁内に担当課を設置し、各避難所単位の運営マニュアルを整備したり、避難所訓練の充実を図っています。

また、帰宅困難者も、仙台駅で対応が困難に陥ったことから。

仙台駅の対策強化や、周辺施設との運営協議会を設置し、対応を強化しています。

津波対策についても、タワーを設置するなど、対応強化に努めてきたそうです。

 

更に。28年度に大きな見直しを実施し。

総合防災訓練の夜間実施や、大雨時の水害想定訓練。

熊本地震をうけて、更なる自助を高めるため、「地震防災訓練アプリ」を活用したシェイクアウト訓練なども取り入れ。

防災力向上に努めています。

 

ちなみに、仙台市では、避難施設すべてに太陽光発電システムを導入しているそうです。

 

本当に勉強になりました。

 

その後、「せんだい3.11メモリアル交流館」へ。

この交流館は、東日本大震災を知り学ぶための施設で。

{B0133CE2-ECCB-4191-BB16-C21AA30DF1D6}

 

震災関係の図書も多数あり。

 

{F4D0C631-C7FB-4CBC-958A-99C2C20A9588}

 

 

津波が押し寄せる、リアルな写真展示も。

 

{8A0A6AC1-3E56-475D-9950-943E067278E5}

 

 

 

 

委員会視察終了後、

 

2階まで津波が押し寄せた荒浜小学校を

一人で視察。

{7829DE0F-E1D9-4491-8F71-CDF6FD45C42C}

 

現在は廃校となっていて。

津波の脅威や教訓を後世に伝えるため震災遺構として、一般公開されています。

{ADBE98CF-093B-45EC-BF5B-915892446365}
 

 

津波が押し寄せてきた時に、止まってしまった時計などの展示も。

 

{10F3C35D-362D-4DFA-8BDB-75A59987E658}

 

 
自然災害の脅威を、改めて実感するとともに。
台東区の災害対策について考えさせられた視察でした。
 
2日間、大変勉強になる視察でした。
しっかりと、台東区政に活かせるよう頑張ってまいります。
 
大変丁寧に対応いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

2017-11-04 15:28:34

環境・安全安心特別委員会視察 エコステ

テーマ:視察
今秋の委員会視察第2弾は。
環境・安全安心特別委員会で、10月30日・31日に、福島県と宮城県へ。
 
初日の30日は、福島市で、再生可能エネルギーについて。
 
新幹線を降りてすぐ、福島駅構内を視察しました。
福島駅は、JR東日本が、省エネ・再生エネを最大限活用した
「エコステ」モデル駅の第5弾目の駅で。
 
{C69056B2-083E-4D2E-A1B6-6693ED3162C3}

 

 

軽量型や従来型、有機薄膜など3種類の太陽光発電を活用したり。

 

蓄電池・地中熱ヒートポンプシステム・電気自動車蓄電器・LED照明などなど・・・。

様々な環境保全偽技術をフルに活用しています。

{E125FF6B-E7C2-45F1-B4D8-86279AA5B4F9}

 

窓枠に設置された有機薄膜太陽電池の実用化は、世界初だそうです。

しっかりと見学させていただきました。

 

その後、「四季の里」へ移動し。

福島市の再生可能エネルギー導入推進計画についてのレクを伺いました。

{9A5EE3F6-E0AA-48AA-B29E-79DFAD89AA78}

 

 

 

{CE5D687D-A398-4561-8ED9-F4462C398268}

 

福島市では、5つある重点施策の1つに、再生エネの導入推進を掲げ。
2013年度23.5%だったエネルギー自給率を2020年度で30%へ。
長期目標である2040年度には、50%にすべく、施策を展開しています。
また、東日本大震災の時に、避難所の多くで停電が発生してしまったことから、
太陽光発電に蓄電池をセットとしたエネルギー自家消費型施設普及率を、公共施設では、2,013年度の5.5%から、2020年度には20%。2040年度には100%とするよう目標を定め、事業を行っています。
 

 

普及啓発を含めた小水力発電の四季の里のような施設も、積極的に展開しています。

 

{97FAEA24-A338-475E-83CE-41F75B603629}

 

 
環境分野は、私の政策テーマの1つなので、大変勉強になりました。
 
2日目は、長くなったので、次回に続く・・・

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.