【常在学場】早川浩士オフィシャルBLOG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「嬉しいと心もからだもぽかぽかするね」

今日から4月。

新年度2度目のコロナ禍を迎えた。

 

今、新型コロナ第四波を警鐘する声が高まっている。

 

「ウイルスが広がっているのではない。人がウイルスを広げている。」

からこそ、誰もが感染症対策を肝に銘じることだ。

 

「嬉しいと心もからだもぽかぽかするね」と言える日が待ち遠しい。

 

 

今月のカレンダーから

「Update the Value Standard. 014 / 終息した暁には・・・

施行から22年目を迎え、

4月から第8期介護保険事業計画がはじまる。

 

今から四半世紀前に構想された介護保険法の背景には、

少子高齢化が急速に進み、

家族が高齢者を支えられなくなった日本社会の変貌があった。

 

今はコロナ禍をやり過ごす神経戦の日々が続く。

 

 

今回は、

「終息した暁には社会の形を見直す時期が到来する」と

「Update the Value Standard」の14回目の原稿を

2月中~下旬、『地域介護経営・介護ビジョン』2021年4月号に入稿した。

ココから

「歩いてきた道・・・」

今日から3月。

 

コロナ禍から一年余、そして東日本大震災から10年。

 

「歩いてきた道 そして歩いて行く道」は、とっても意味深な言葉だ。

 

 

今月のカレンダーから

「Update the Value Standard 013/誰もが心から共感して・・・」

 連載のタイトルを変えて1年が経過。今のコロナ禍蔓延の状態を思い描くことはなかった。

 感染症の怖さを学んでこなかったからかもしれない。

 ワクチン接種がはじまったとはいえ、桜が咲く年度末~新年度初めの人流は増す。自粛生活を揺るがしかねない。

 今回は、「誰もが心から共感して行動変容につながる言葉がけ」と「Update the Value Standard」の13回目の原稿を1月中~下旬、『地域介護経営・介護ビジョン』2021年3月号に入稿した。 ココから 。

「人と出会う あらたな自分と出会える」 

コロナ禍では、(リアルに)人と出会うことに躊躇いがある。

一日も早く、「人と出会う あらたな自分と出会える」と高らかに言える日が待ち遠しい。

 

 

今月のカレンダーから

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>