「理想のアパレル店長になるために」お悩み相談所
  • 15Mar
    • 本当に学生気分でいるのは一体ダレだ!?

      早いもので、3月もすでに折り返しです。人事異動や新卒の受け入れなどもありますね。各店ガラッとメンバーも変わって心機一転スタートです。そんなシーズンによく聞かれる言葉があります。「いつまでも学生気分じゃダメだよ!」「自主的に動こうね」「ここは学校じゃないからね!」そして役職者が集まると始まるグチ大会。「あの子は入社してもう○年経つのにまだ××できない」「○年目なら××くらい出来ないと」言われるまでやらないし言ったことしかやらない。「教えてもらうのが当たり前だと思ってる」「「ほーんと、学生気分が抜けない子多いよねーー!!」」こんにちは、ハヤミミユキです。さて、学校というところは学年ごとにカリキュラムがありますね。それは時代とともに見直され、改定されています。○年生はこのくらいの学力、知識を身につけるべき。という決められた基準によって優劣(成績)をつけられます。それは時に相対評価だったり絶対評価だったりします。が、どちらにしても「評価するための基準」があります。「学校」はそういうものだとみんな分かっているし分かった上でそこに所属している。「誰か」や「なにか」と比べてその人を評価するのが学校。「誰か」や「なにか」と比べられ評価されるのが学生。あれ、何だか身に覚えがないですか?冒頭に戻りましょう。「あの子は入社してもう○年経つのにまだ××できない」あれ?「○年目なら××くらい出来ないと」…あれ?あれ??最近は働く上で「私は私」「個を大切にしよう」みたいな風潮が多くなってきました。評価も「年功序列」や「勤続年数」から「実力主義」にシフトしてきているように思います。あなたも「ちゃんと私自身を評価して」って思いますよね。はい、私もです。と、いうことは言わずもがなあなたのお店のあの子ももちろんそうでしょう。自分を評価される時には個人を見て欲しいのに人を評価する時には「誰か」や「なにか」と比べてしまうのはどういう事なのでしょうか?まあ、楽なんですよね。比べる何かがあると。結局楽してるんですよね。もうわかりましたよね。「本当に学生気分でいるのは一体ダレだ!?」ハヤミでしたー!!

      36
      テーマ:
  • 19Feb
    • 部下から「店長にはなりたくありません」と言われる原因とは。

      「わたし全然上にあがりたくないです。」「店長とか責任が重くなるからこのままが良いです。」最近こんな言葉をよく聞くようになりました。ひと昔前まではせっかくやるなら店長になりたかったし、人事異動の際に昇格できなかったり、同期に先越されて枕を濡らす夜があったり。なんだかそんな光景を見ることが少なくなってきたなぁって。あなたに周りではどうでしょうか?こんにちは、ハヤミミユキです。なぜ上を目指したいスタッフが減ってきているのでしょう。がむしゃらに頑張ることがなんだかダサく感じる時代だから?頑張ってないわけじゃないし、頑張りたくないわけでもない。けど、必死にやって実を結ばないのが怖いとか、なんでもスマートにこなしたいとか。そんな風潮はあると思います。それが良いとか悪いとかではなく。根性論で何でもかんでも片付けるのは私も反対なので。しかし、実際に以前と比べて「頑張りにくい」空気感ってありますよね。じゃあ「上を目指したくない」人が多いのは時代のせいなのでしょうか?そうだとしたらどうしようもないし、これからの未来なんの望みもありません。でも、それって一番の原因じゃないと思うんですよね。もちろん原因の「一部」ではあるでしょう。しかし根本のところはもっと身近にあると思っていて。そう、店長であるあなたです。あ、な、た。あなたが部下から「こうなりたい」「目指したい」と思ってもらえるモデルになれているのかどうか。もはやほぼ全ての原因はここじゃないでしょうか。具体的には、うーんそうだな。見た目、とかライフスタイル、とかもちろん実績を上げて評価されているとか。その辺てゲスいことを言うと賃金として反映されてるじゃないですか。そういった「お金」が絡んで変わってくる部分って正直すごく大切ですよね。上を目指す一つの要因にはなります。私はもちろんアルバイトよりお金が欲しくて社員になりました。ただの社員よりお金が欲しくて店長になったし転勤もしました。そんなきっかけでしたが、一番大きな要素はそこではないと感じております。では一番大切な要素って?「あなたがイキイキ楽しそうに働いているのか」その姿を見せることができているのか。。ではないでしょうか?忙しくても俊敏に仕事をこなすあなた。売り上げが厳しくても、諦めない前向きなあなた。ピンチの時にも堂々と乗り越えるあなた。そんなあなたを見せることが何よりの説得力です。「せっかくなら店長目指しなよー!」「やりがいあるよ!」ってスタッフには言いつつも自分は笑顔もなく常に何かに追われて余裕なく過ごすあなたを見て誰がやりたいと思うでしょうか店長いっつも大変そうだな…私には無理だな…お金もらえたとしても絶対やりたくない…と思われること必至。もし上に上がってもああなるなら将来が見えないしここで働く意味はあるのかな?というスタッフが出でくることもあります。それだけは、何としても阻止したいしなによりもったい無いですよね。ではイキイキと仕事をする姿とは。具体的に何をすればよいのでしょう。「イキイキ」と言っているくらいなので「笑顔」は必要ですよね。どんなに忙しくてもスタッフと笑顔で接する。たとえしんどくても、それを見せるべき相手は部下ではないですよね。どうしてもしんどくて誰かに言わずにはいられなくて吐き出したくなったら「本当にやばいんですけどー!」って笑って言うだけで半分くらいしんどいのが出て行きます。「店長って大変そうだけどいつも楽しそう!」と思ってもらえればこっちのもんです。笑もちろんあなた自身が本当に楽しく働く事がなにより大切なのは言うまでもありません。人手不足などによって業務過多でなかなか余裕を持って楽しく働くって難しい時代かもしれないけど。そんな時にはなぜあなたがこの仕事を選んだのか。なぜ店長になりたかったのか。思い出して見てはいかがでしょうか。あなたを見て、あなたのようになりたくて上を目指すすたっふが一人でも増えますように。ハヤミでした!

      21
      テーマ:
  • 08Feb
    • アパレル業界のみなさん、「身だしなみ」ってご存知ですか?

      「アパレル店員が、ダサい。」目を引く店員がいない。風景の一部になっている。だから説得力がない。その辺どう思う!?先日、友人に聞いてみた。同じ接客業でも違う業界の彼女の話が聞きたかった。こんにちは、ハヤミミユキです。冒頭の質問に対して彼女は一般的な目で見た感想だけど。そもそもオシャレだとかオシャレじゃないとか、そんなレベルにも達していない人がいっぱいいる。「清潔感」「身だしなみ」ここに無頓着な店員が多すぎる。そりゃアパレル店員だから、「素敵だなぁ」「この人が言うなら間違いないよね!」って思ってもらえる見た目を作るのが大切な仕事。でもこのご時世、そんな人ばかりじゃないのはわかってる。一般人から見ても「えっダサい」て思ってしまう店員がいるのも問題ではある。でも、「ダサい」ことと「みすぼらしい」ことは全く別問題のはず。なぜ毛玉だらけの服で、ほつれやシワのある服で、そんな汚い靴で、髪もパサパサ、なのにアレンジもしない、ネイルも伸びっぱなし、はげっぱなし、メイクも近くで見るのが辛いほどヘタ、名札すらもまともに付けられない、そんな状態で平気な顔して店頭に立っているのか。飲食店だって開店前から仕込みをして、髪の毛一本まで気にして身だしなみ整えて。それで初めて店頭に出れるっていうのに。アパレルは人の見た目を変えていく仕事で、だからこそ自分の見た目が大事で。飲食店と同レベルの清潔感って必須だと思うけどなぜアパレル店員はあんな状態で当たり前ですみたいな顔して店頭にいるの?自分のこと仕込みしないの?なに涼しい顔しちゃってんの?って思う。店の価格のランクに関わらず一定数いるよね、そんな店員。ブランド価値どころかアパレルの価値を下げてるってわかんないのかね。それなのに「アパレルは不況だー」とか「お客さんが買ってくれませんー」だとか甘すぎるにも程があるわ。だからハヤミの言う「アパレル店員がダサい。」そこすらもちょっとズレてる気がする。身だしなみも含めての「オシャレ」だとか「ダサい」ってことなんだろうけど。遠目から見れば可愛くてオシャレに見える店員も近づいたら「うわっキッツイ!」てことしょっちゅうあるしね。なのでアパレル業界は身だしなみの必要性から学ぶべき人が多いんじゃない?とのことでした。はぁーーーーーその通りだわ。自分の身の回りには幸せ(?)なことに「ちょっとダサい」けど「身だしなみができてない」人がいなかったから見落としてた。アパレル関係ない人たちからすれば「オシャレかどうか」よりも「身だしなみが整っているか」の方が圧倒的に目につきますよね。細かいこといえば、「身だしなみ」の一言の中にブランドイメージや着こなしという部分も含まれているとは思いますが。ここでの「身だしなみ」はもーーーっとそれ以前のお話で。彼女に聞いてみてよかった。口が悪いけど、辛辣だけど、ありがとう。そして最後に彼女が言った。ハヤミの店は全体的に清潔感もあって安心して入れて、その点ではいいと思う。でも以前に比べて確かに目を引くスタッフ減ったよね。ダサいとかじゃないけどオシャレでもない、その他大勢てきな。靴屋って洋服自由だからなかなか難しそうだけども、もう少しどうにかした方がいいんじゃない?……だ、だよね!!!!すんません私の責任です!!!頑張ります!!!は、ハヤミでしたー!

      11
      テーマ:
  • 03Feb
    • お店の売上が上がらない魔法の呪文「店長は残業するのがあたりまえ」

      「なんでうちの店長、毎日毎日残業してるんですか?」先日、他店のスタッフと話している時に言われたことです。そのスタッフいわく、「毎日絶対定時で帰らないし、休みの日もなんだかんだで店にくる」「ずっと居ると正直気を使うし、先に帰りにくい」「そもそも何やってるのかわからない」とのこと。ふむ。『店長は残業するのがあたりまえ』これ、アパレルあるあるだと思うんですよね。コンプライアンスが厳しくなってきたとはいっても。特にベテラン組からすると「残業してなんぼ」「必要とされてる」「自分がいないと回らないから」そんな悪しき習慣は強く根付いています。こんにちは、ハヤミミユキです。わたしは、断固残業反対派です。残業代の有無に関わらず1分たりとも残りたくはありません。だからタイムスケジュールを考えるし業務の取捨選択をするしできないことはできませんとハッキリ上司に言います。もちろん、退勤前に店頭が込み合っていたり接客が長引いたり、そんな「接客」に関する部分では喜んで残りますよ。しかしここで言うところの「店長は残業してあたりまえ」は・勤怠管理・本部への報告・発注業務など接客以外の部分が大半をしめていますよね。大切な仕事です、わかります。ほかには・売上が厳しいから責任を感じて・スタッフだけでは不安などの理由もあるかと思います。だけれどそれ、「あなたが」「今日残業しないと」解決しない問題なんでしょうか?本当にあなたがやらなければ店が潰れるのならやるしかないですよね。何時間残ったとしてもね。でも、そこまでの重要で緊急な業務ってそんなにあります?少なくとも私にはありません…あったとしても、勤務時間に優先的に取り組みます。きちんとみんなが定時で帰宅できるように業務を組み立てスケジューリングする。それがあるべき店長の姿ではないでしょうか。毎日のように残業している人の中には「残業することが目的」に近い人もいるし、「残業ありき」でタイムスケジュールを考える人もいます。そりゃ定時で帰れるわけがないですよね。もはや帰る気はない。そうすると『休日出勤と残業でここ1ヶ月休みもまともになくってー』となぜか少し得意げに報告してくるようになるんです。それって「私は仕事ができない」と宣言しているようなもの。「昨日2時間しか寝てねーわー!マジつれーわー!」ってゆーてるミサワと同じです。ここまでくるとあとは負のループ。売上が悪い⇩残業ありきになる⇩時間をダラダラ使うようになる⇩部下からの不満も自分のストレスもたまる⇩パフォーマンスが下がる⇩売上が悪くなる⇩最初に戻る冒頭のスタッフのお店も例に漏れずこの状態です。ここ何ヶ月か売上も取れないのに業務もなにも進まない。店長は毎日何やってるのかわからない。それってたぶん、自分たちでも出来ることだと思うのに。「いーからいーから、気にしないで!」って優しさのつもりかも知らないけど正直ずっとそこに居られるとやりづらいし邪魔。このような空気になってしまっています。ここから抜け出すための1歩は「残業とか絶対したくないから協力よろしく!」ってスタッフに言っちゃうこと。「残業はイレギュラーなんだ」と自分にもスタッフにも言い聞かせること。残業に罪悪感を持つこと。まずはここ。「残業ありき」のスタンスから脱出しない限りは負のループから抜け出せません。昔ながらの大手では会社ぐるみでこのループに陥っているところもありますが。。それをしょうがないと手放しで受け入れず、あなた次第で変えられる部分を見つけましょう。大丈夫、あなたが頑張りすぎなくても大抵のことはどうにかなるしスタッフたちがどうにかしてくれますよ。ハヤミでしたー!.

      7
      テーマ:
  • 24Jan
    • 販売店長の1番大切な仕事とは?考えてみました。

      最近いろいろと思うところがあり、店長の1番大切な仕事ってなんだろなぁと考えました。店長だからって偉いわけではないし、全部が正解なわけでもないし。正直、店長1人で出来ることなんてたかが知れてるし。でも、それでも「店の長」として存在している意味はなんなんだろうと思いまして。こんにちは、ハヤミミユキです。店長とはいっても何も特別な存在ではなく、基本的には店舗のスタッフ達とやるべき事は同じなんですよね。接客する。売上を作る。もちろん細かく言えばマネジメント業務や人材育成、勤怠管理などやるべき仕事は沢山あります。しかしこれらは売上を作る前段階の話であって。いや、大切ですよ?すごく。むしろここの力がないと店長にはなれていないと思うので。んー、しかしながらしっくりこない。「1番大切な仕事」ではない気がする。店長でしか出来ない、店長だからこそやるべきこと。これが出来ないと根本的に、っていうこと。これは人によって違うかもしれませんが、わたしの答えは「部下の行動全てに責任を持つこと」です。なんだかこう書くと薄っぺらいですね。笑責任を持つとはなにか問題が起きたときに自分が矢面に立ち、必要であれば頭を下げること。部下の名誉のために戦うこと。じゃ、ないかな?あなたの上司にもいませんでしたか?販売スキルもマネジメント能力も高い。言ってることは正しいしごもっとも。判断力もあって仕事が早い。しかし自分の評価だけが大切で、成功すれば自分の力だけど失敗すればスタッフの責任。問題が起きれば口は出す。しかし肝心なところでは素知らぬふり。こんな人について行きたくないですよね。ここまでヤバい人いないって?いやいや意外といるんですよ。こんなにあからさまではないにしても。「自分で問題を対処できるようにならないとね」とか何とか言って行動を丸投げしちゃう人。もちろん、何でもかんでも店長が応対すればいい訳じゃないです。本人が頭を下げるべきときもあります。しかし必要以上にスタッフをサンドバッグにしてしまうのはどうなんでしょう。いざ、という時に守ってくれる存在がいないってしんどいですよね。それがあなた、店長であるべきなんです。自分を守ってくれない店長がどれだけ大層なことを言おうと、そこに信頼は生まれませんよね。守ってくれない上に、失敗すれば攻撃してくる。そうするとスタッフは、店長の顔色ばかり見て過ごすようになります。ベクトルがお客様ではなく店長にしか向かなくなるんです。「店長に怒られないようにするには」「失敗したら店長恐いから何もやりたくない」こうなってしまっては誰も自主的に動くことはないし、売上なんて上がるはずもありません。ですから店長がまずやるべき事は、「最後は私に任せて!絶対なんとかするよ!」「大丈夫だから思いっきりいってこい!」って言い切ること。いざと言うときにはすべて背負ってボコボコにされる覚悟を持つこと。これが店長の1番大切な仕事ではないかな、と。もちろん異論は認めます。笑あなたが思う店長の1番大切な仕事とはなんですか?ハヤミでしたー!

      5
      テーマ:
  • 16Dec
    • あなたは自分のこと好きですか?

      本日は自分語り且つ、昔話をば。。わたし、基本的にクズなんですよね。できることなら布団から出ずに1日中だらだらしてたいし。実際、布団からは出るけど1日中だらだらするし。人と連絡取るのがめんどくさいから仕事関係以外は基本音信不通だし。でも、こう言うと何ですが、自分のこと大好きなんですよね。笑こんにちは、ハヤミミユキです。あなたは自分のこと好きですか?「嫌いなわけじゃないけど、大好きとは言いずらい。。」?「好きと言えば好きだけどココもソコも気になる」?しかも自分のこと大好きって自分で言うのは恥ずかしい?わたしね、自分のこと大っ好きなんですよね。自信過剰でもなんでも良いんだけど、大好き。誰かに聞かれたら胸張って言えます。自分大好き。こう言えるようになったのはここ10年くらいかな。昔から嫌いだったわけじゃないけれど。私は小さい頃からひょうきんな子どもで、自己主張が激しくて。両親から一度も何かを否定された事がなく、やりたい事をやりたい時にやりたいだけさせてもらえてた。覚えが悪い方じゃないから、何かが出来なくて悩んだ事もあまり無いし部活でも全国大会で金賞もらえたし。コンプレックスもこれといってない。だから自分が好きか嫌いかで言えば「嫌いじゃなかった。」自分にこれといって不満がある訳じゃない。でも凄く満足している訳じゃない。そんな人生でした。そして忘れもしない高校3年の秋。部活も引退して、進路も決まって、バイトも始めて。体育祭でチアガールなんかもしちゃったりして。そんな順風満帆なとき。病気になったんですよね。しかも国の難病指定の。一昔前なら致死率90%くらいの。さらに言うと皮膚科系で見た目に影響する関係の。いやー笑えなかったですね。「なんで私なん」って思ったし、痛いしご飯食べられないしみんなは楽しく高校生活送ってるのになんで私は病院で包帯だらけなんって。なんか漠然と「あー人生終わったな」って思ってました。なんで私こんなんなん。こんな自分には何もないし見た目もこんなになっちゃって、こんなのは私じゃない。やだやだ嫌い!!!って。だから、この時私は自分が大嫌いだったんですよね。「自分のことが」嫌いだったんです。こんな見た目の自分が嫌い。みんなみたいにバイトしたり出来ない自分が嫌い。病院でボーっとしか出来ない自分が嫌い。みんなに置いていかれる。そもそもこのまま退院出来なかったらどうしよう。だったんです。全部のベクトルが自分にしか向いていなくて。自分から見た自分が嫌いでした。「私が、私が」ばっかりの私。そんな自分ばっかりの私でしたが、周囲の人たちが変えてくれました。入院から3日、私の入院を知ったクラスの「全員」が病院に押しかけてきたのです。全身包帯だったから恥ずかしかったけどみんなあえてなのかアホなのかわからないけどだーれも深刻そうな顔してなかったし「かわいそう」って気持ち一切感じなかったしわーわーやって帰って行きました。それからほぼ毎日誰かが話しに来てくれて。携帯使える病棟だったから、わざわざカケホーダイに私を設定してくれて毎日電話くれる人もいたし。しかも全員物の見事に普段通り。なんなら見た目ちょっと弄ってくるレベル。だからなんか私も元気出てきて「あれ?私もしかして大したことない?おっかしーなー」って錯覚。そうして病状が少し安定してきて、もしもこのまま死んでも私すんごい幸せものじゃない?って気持ちがフツフツと。頭良くないしアホだけど、愉快で明るいやつらに大切にされてるし、両親はどこまでいっても優しいし、結構全力で頑張った経験もあるし。だから、そうしたら何だか病気になった自分もレアで良くない?付加価値すごくない?難病だし?って思えてきちゃって。笑そうなってくると自分の全てが愛おしくなってきて。笑大病患ってネタに事欠かないとことか。あんなイケてる友人がいるとことか。退院してから1ヶ月で体型戻したガッツとか。私がどうにかなっても私の周りの人がサイコーだからオッケーだし。そこから自分大好き人間になりました!笑だからいいの。生産性なくグータラしてても。友人にあって一言も喋らなくても。何やってても自分が大好きです。自信持って言えるようになってから少々の事じゃ動じなくなったし、「とりあえず生きてりゃどうにかなるっしょ」っていういい感じのテキトーさも身についたし、いいことづくめです。結局何が言いたいかと言うと、「好きかどうか」のベクトルが自分だけに向いてるうちは自分を批判したくなります。「こんなに周りに恵まれてる自分」が大好きになったらきっと大抵のことはうまく行きます。そしてだいたいの人は「周りに恵まれています」だから今日も私は自信を持って言います。「私は自分のことが大っ好きです!」ハヤミでした!

      32
      テーマ:
  • 13Dec
    • スタッフの「名前」しっかり呼んでいますか?

      「ハヤミさん、はじめまして!今日からよろしくお願いします!」新人さんの初出勤日。これ以上ないくらい緊張してきています。あなたのお店ではどんな風に新人さんに声をかけていますか?こんにちは、ハヤミミユキです。冒頭の会話は私が入社した日に「先輩に」「先輩のほうから」かけられた言葉です。それまで私は某「大人になんてなりたくない」おもちゃ屋や、某ステーキ屋でバイトをしていました。前者はスタッフが80名を超える大所帯、後者はシンプルに劣悪な環境だったこともあり先輩から挨拶しに来てくれるなんて事なかったんですよね。それはそれでどうかと思うけど、とにかくその時はもうビックリしちゃって。だって入社したその日にすでにスタッフ全員が私のフルネームも年齢も、行ってた学校も知ってて向こうから話しかけてきてくれて。そりゃ履歴書に全部書いてあることだからそんなのすぐにわかるんだけどさ、みんながちゃんと私に興味持ってくれててすでにそこに私の存在があったんですよ。名前覚えておくのも、先輩から話しかけるのも、全部当たり前かもしれないけど。でもその時ほんとーーーに安心感があったんです。「今日から入ったアルバイトの子」じゃなくて「今日から出勤のハヤミさん」としてすでに認めてもらっている感。みんなが淀みなくナチュラルに名前を呼んでくれるって実は結構嬉しいですからね。それだけで少し緊張がほぐれたんです。受け入れてもらっていると思いました。頑張れるかも、頑張ろう!って思えました。だから、何はともあれ、受け入れる側は難しく考えず「たくさん名前をよぶ」これだけで新人さんはうんと働きやすくなります。あなただけではないですよ。スタッフ全員で、です。そしてその土台作りとして、普段からあなたがスタッフのみんなの名前を沢山呼ぶことです。「人員1」ではなく、「このお店の〇〇さん」に変わってくるとやる気はぐんとアップします。まずは「〇〇さん、おはよう!」って「あなたから」挨拶していきましょう!ハヤミでした!.

      7
      テーマ:
  • 02Dec
    • いつまで将来の自分をこき使いますか?

      「あのときああしとけば…」「なんで昔の私はやんなかったの!」「もう年齢がね」こんなこと、誰にでもあるあるですよね。私もあります。もっと若い時に〇〇やっとけばよかったって。人生に無駄などないと言われても、昔の自分に「そんな無駄なことやってないでやる事やって!」って言いたくなりますよね。いや、人生に無駄がないのはその通りなんですけどね。全てがあって今の自分があるから。何だかんだ好きだし、自分のこと。ですがしかし。それとこれとは話が別で!将来も何だかんだ自分のこと好きでいるためにやんないといけない事はあるんですよね。こんにちは、ハヤミミユキです。将来の夢とか、やりたい事とか、沢山ありますよね。そんな時1人脳内会議をするとします。1年後、3年後、5年後、10年後。あなたはそれぞれ何歳になっていますか?会議では色んなやるべき事が挙がると思います。そんな中、あなたは将来の自分に「じゃあアレとコレとソレやっといてねー!」って言えますか?将来の自分たちからすれば「いや、この中で今のあなたが1番若いんだからあなたがやりなさいよ!」ですよね。「1番若いってことは体力もあるし、覚えも早いんだし。」「それを今よりも体力や覚えが衰えてきている私たちにやらせないで!」って思いますよね。10年前の自分に「アレやっといてー!」て言われたら、間違いなく言いますよね。何をするにも手遅れに遅いってことはないし、何かをやろうと決めたら、「今のあなた」がやるべきなんですよね。だってこれからの人生で「今」のあなたが1番若いんだから。当たり前ですがこれから先、今のあなたより若い自分なんて居ないんですから。年齢を言い訳にしてやる事やらないでいたら将来のあなたにおこられますよ。笑だからとりあえず、1番の若造が頑張りましょうよ。かく言う私は、立ってるものは親でも使うタイプなので放っとけば平気で将来の自分に仕事を押しつけます。ですからこれは完全に自分への戒めです。「3~4年前に比べて確実に体力落ちたわー!」って、どうせ3~4年後も言うから。こればっかりは確実に言う。100%、私という人間は、絶対に言う。だから、「めっちゃ体力落ちたけど、やらんといけん事少な!ありがとあの時の私!」って言ってもらえるように若造は頑張ります。自分の人生、年功序列。将来の自分にこき使われるくらいでちょうど良い。そんな12月のスタート。ハヤミでした!

      13
      テーマ:
  • 29Nov
    • ストレスとの付き合い方を極めましょう

      ストレス。ありますよね。そりゃ。あなたはどんな時にストレスを感じますか?人間ですから、ストレスゼロの日々なんて滅多な事じゃありえないと思うんですよね。だから、ストレスとの上手な付き合い方が必要です。こんにちは、ハヤミミユキです。ちなみに私はイラチなもんで、すぐイライラするしストレス感じます。1番のストレスは、誰かが体調が優れない時に「ストレスですね」って言われる事です。笑「そのストレスの原因が私だったらどうしよう、ごめん」って思っちゃってそれがストレスに。。まあ、ストレスあるからって体調とかに影響した事1回もありませんが…笑そんな私ですが、ストレスを感じまいとして自分を押さえつけると精神衛生上良くないので上手な付き合い方が必要になります。そもそもストレスって、ボール(自分のココロ)に圧がかかっている状態。適度な圧は勢いよくはね返ります。しかし圧がかかりすぎると、ボールはペッチャンコに潰れてしまいますよね。それと一緒。心がペッチャンコになる前に、その日のストレスはその日のうちに解消しちゃいましょう!では何をするのか。大切なのは「ストレスを忘れるくらい夢中になれる事をする」です。例えば友人に手紙を書きまくったりお気に入りのノートや手帳を並べて愛でてみたりYouTubeで懐かしのアニソン爆音で流しながら一緒に歌ってみたりまっすぐ家に帰らずカフェでボーーーーーッとしてみたり休みの日には本能の赴くままに食っちゃ寝してみたりネカフェでウシジマくん読みまくったり数独したりテトリスしたり夜ご飯の前なのにお菓子食べてみたり。とりあえず、そんな感じのひとりで出来て楽しい何かをできる限りいっぱい作っておくとよいです。いつ何時むしゃくしゃするか分からないですからね。あとは誰かとできるなにか。桃鉄99年徹夜でやったり。マイナスイオンを浴びに滝に行ったり。銭湯行ったり。お弁当作ってピクニック行ったり。お墓まいり行ったり。なーんでもいいんですよ。ちなみに上記のは全て私のストレス発散方法です。大から小までたくさんあります。ここに書いていないこともまだまだあります。余裕がなくなってる時って、こんなちょっとした遊びが億劫になっちゃうんですよね。そうするとどんどんボールから空気が抜けていっちゃう。だからこそ。ちょっとしんどい気分だからこそ、全力でゆるいことやらなきゃ。そうして心に空気を入れていきましょうね。ちなみに、ほんっとに疲れ果てて(ココロもカラダも)どうしようもない時は、とりあえず1回全部忘れて寝ましょう。夜ご飯なんか一回くらい食べなくても大丈夫だし、ゴミ捨ても掃除もお風呂だってちょっとくらいサボっても死にゃしませんよ。だから明日が休みならとりあえず寝ましょう。どうにもねれない時はマッサージ行ってみたり、ロウソク灯してみたりあったかいカモミールミルクでも飲んでボーっとしましょう。目を瞑るだけでも癒し効果は絶大ですよ。ストレスは敵じゃないし、感じる事が悪でもありません。上手に付き合ってお互い良い関係を築きたいですよね。ハヤミでした!

      7
      テーマ:
  • 25Nov
    • あなたは「優しい虐待」で誰かを傷つけていませんか?

      「優しい虐待」によって、半年前まで一緒に働いていたスタッフたちが傷ついて苦しんで、もう嫌になって真剣に退職を考えるまでになってしまっています。それまで2年、3年、ずっと頑張ってきたスタッフたちなのに。日々沈んだ気持ちで仕事場にいき、ただただその日が終わるのを待つだけ。本人の弱さや甘えの部分ももちろんある。だけれど自分を甘やかさないと耐えれなくなっているのも事実です。そんなの悲しすぎる。実はこの半年間、理由あって私店長から降りていたんですよね。これは自分で望んでの事だったのですが。それまでいた店舗からも異動して、いちスタッフとして働いてみていろーんな事が見えました。身近だったはずの本社メンバー達がいちスタッフからすれば「誰それ?」だし会社が何をやりたいのか、その為にどうするのか、だから自店では何をしていくのか。店長の仕事ってそこを伝えていくことが何より大切だと思っていましたがそんな事は誰からも一切降りてこないし。だからスタッフ達はモチベーション低く、目標も特になく、ただなんとなく働いていて可もなく不可もなくの状態。(正直不可の部分が多いですが)上からは叱られないかわりに、向き合うこともされない。なにこれ?私の大好きな、ムチャぶりとかしてくるからヤレヤレだったけどこの会社がやりたい事ならしょうがないなぁやりましょうか!って思えてた会社どこいったんだろうって。「店長と真正面から向き合って言葉を交わし合う」ことが決定的に足りていないんですよね。もっと言うと、みんなとしっかり向き合うだけの余裕が店長にない。さらに現場に任せきりの役職者が増えてきたことで誰にも余裕がない状態でバタバタと毎日が過ぎていくだけなんですよね。で。だから。本社も店長も真正面から向き合ってない後ろめたさと辞められたらどうしようという不安で「叱る」ことから逃げているんですよね。そりゃ楽しく仲良くできるのが理想だけど、時には厳しいことも言わなければいけないのが管理者の職責ですよね。「ただ働きに来て、不可がなくてやめなければ良い」なんて寂しいじゃないですか。若いスタッフには大人の女性としての立ち振る舞いを学んでもらうのも大切だし、反対にこちらが学ばせてもらうのも大切。それに、いつでも店長や副店長がいるとは限らない。新人スタッフが問題に直面した時に、ひとりで解決できる力をつけてあげるのが仕事じゃないですか。魚をあげるんじゃなくて、魚の釣り方を教えてあげる。その為にぶつかることもあるかもしれないけれど。そうやって向き合って学んでいく事を無くしてしまったスタッフたちはどんどんやりがいを無くして「私じゃなくてもいいんでしょ」「いいように使える駒としか思われてない」って思っちゃうんですよ。ひとりのスタッフが言っていました。「入社したての時はハヤミさんが怖くて怖くて。遅刻してしまった時なんか人生終わったなって思いました。」「でも泣いちゃうことも多かったけど、仕事に行きたくないって思ったことは不思議と一回もなかったし、確実にやりがいは感じてました。」「それに、どれだけ叱られても普段のハヤミさんを知ってるから私のこと絶対見捨てないっていう自信もありました。」って。こんな子が辞めたいって言ってるって本当に悲しいし悔しいし。でも会社、上司に対する不信感は拭えない所まで来ているのかもしれない。「ただ厳しい事を言わないのが優しさじゃない。それは虐待してるのと一緒」「厳しくても、そこに愛情があればそれが本当のやさしさ。」すみません。この記事に結末はないのですが、吐き出さずにはいられませんでした。ただ、こんな現状は耐えられないので、微力ですがもう一度店長やってみようと思ったのです。店舗は違うから本人たちにしてあげれる事は少ないかもしれませんが私の周りから少しづつでも会社をもう一度変えたいなって。優しい虐待だけはしたくない。それで幸せになれる人は誰もいない。決意を込めて。ハヤミでした!

      4
      テーマ:
  • 21Nov
    • 「あたりまえ」の差が「実力」の差。あなたの「あたりまえ」は?

      あなたが普段、仕事で当たり前にやっていることって何でしょう。朝出勤したら掃除すること?きちんと敬語を使うこと?モノを丁寧に取り扱うこと?一つ一つ見れば当たり前にやっていますよね。では、その中身はどうでしょうか?「あたりまえ」にどこまで突き詰めていますか?こんにちは、ハヤミミユキです。あなたのまわりに、とてつもなく仕事が出来る人が一人や二人はいますよね。やってること自体はあなたと変わらないのになぜか仕事が早くて丁寧。しかもクオリティ高い。それって何でなんでしょう。なにがあなたと違うのでしょう。ただ単に「あの人は仕事が出来るから」?「歴も長いしそりゃできるでしょ」?いいえ、違います。あなたとあの人の差、それは「あたりまえ」に行っていることのレベルが違うことです。例えば「自店の在庫状況の把握」。売れ筋商品の在庫数と、欠品商品の把握があなたの当たり前だとする。しかし「デキる」人は上記はもちろん、総在庫数、型数、アイテム別構成、フェース数…ここまで把握しておく事が当たり前なんです。こんなのスキルでも何でもなくて、ただ調べればすぐにわかる情報ですよね。それを「あたりまえ」にやるのかどうか。身近な「デキる」人をよーーく観察してみてください。あなたの「あたりまえ」ではない事ばかりやっているはずです。人はどうしても「スキル」やわかり易く目に見えることばかりやりたくなります。出来なかったことが出来るようになると気持ち良いし、周りからも一目置かれそうですもんね。ですが、ホントの所でのその人の実力というのは「やろうと思えば誰でも出来ること」をどれくらいやるのか。これです。ハリボテの、ただ何となく形だけ出来ることが増えればよいのか、ほんとの意味での「出来ること」にこだわるのか。その一つ一つが「実力の差」になっていきます。あなたが思う「デキる人」をとにかく観察すること。そして可能ならその人に聞いてみること。そして「あたりまえ」のレベルを上げていくには最初はかなり意識して一生懸命やらないといけない事もあるでしょう。しかしやり続ければ必ずあなたの「あたりまえ」になっていきます。最初はレジだって上手くできなかったでしょう?それが今は「あたりまえ」にできている。それを一つ一つやっていきましょ。そして上司やホントにデキる人はその人の実力をはかるのに「あたりまえ」のレベルを見ますからね。目立つことばかりやんなくても大丈夫。あなたの「あたりまえ」のレベルを上げていきませんか?ハヤミでした!.

      8
      テーマ:
  • 19Nov
    • 雨ニモマケズ、風ニモマケズ、台風ニモマケない販促を考えてみた

      台風ラッシュも落ち着き少しずつ冬をむかえている今日このごろ。朝晩めっきり冷え込んできていますが、体調におかわりはありませんか?お昼はポカポカ陽気でついついお散歩しちゃう私です。以前みなさんが記事にされていた「台風に負けない、台風だからこその販促」。今さらですが、私も考えましたので本日ここに発表させていただきます。こんにちは、ハヤミミユキです。まず、大前提として台風が直撃している時に外出は控えましょう。大変危険です。何が起きるかわかりませんからね。停電などにそなえて家でおとなしくしててください。それでは本題。まず一概に天候不順で客足に影響があるといってもファッションビル、SC、百貨店などディベロッパーにより何が問題になるかは違います。今回は私が実際に勤務したことがあるファッションビルとSCについて考えていきますね。ちなみに広島調べですので、片田舎です。まずは客足がどう変化するのか。《ファッションビル》館内からお客様が消える。廃墟と化す。いらっしゃってもお手洗いや一時避難の方ばかり。上層階には人っ子ひとり見当たりません。課題⇒まずは館への集客。お手洗いではなく、こんな天気でも「館」へ来てくださる方は買い物モチベーション高い。「わざわざ行こう」と思える販促が必要。《SC》それなりに人はいる。車で来れてゆっくりできるから、やることないしとりあえず来る。移動で濡れたりしないから天候関係なし。しかしやること無くて来ているだけなので買い物モチベーションはすこぶる低い。課題⇒買い上げ率の上昇。人はいるからどうやって買ってもらうか。「せっかく来たから買わないと勿体無いよね」と思える販促が必要。それではそれぞれの販促案、発表します。《ファッションビル》①配送無料ショップ毎だとばらけて面倒なので、館で一括配送。②持ち物簡単クリーニングサービス靴が濡れちゃった、裾に雨が散っている。。そんな方への簡単な汚れ落としサービス。希望であればお手入れレクチャーも。当日購入の商品に着替えて帰る場合は、お手入れ後配送サービスに。③姫(殿)体験参加ショップを募り、催事スペースなどでブランド関係なくあわせて試着ができる。もちろん気に入った商品はその場でお会計。例えば前日18時から予約受付、先着10名まで。(参加ショップから希望のブランドが選べる )《SC》①買い周りスタンプ1店舗購入で1スタンプ。(1000円以上購入)映画館やスーパーもOK。3スタンプで館内で使えるお食事券500円になる。②駐車場無料開放いくらでもいてね!③ハウスカードポイント2倍SCはやはり、「体験」より「いつもよりお得」な方が効果的かと。それから、「天気悪いけどお出かけしよう!」と思ってもらえるようなアイテム提案も、普段から取り入れていきたいですよね。乗り遅れましたが、私からの提案は以上ですー!ハヤミでした!

      13
      テーマ:
  • 18Nov
    • 【フリートーク】「わからない」って、自分が思ってるより「わからない」

      最近話題の「復元ドライヤー」。正直ヘアビューザーと何が違うのかが分かりません。いや、そりゃ作りの違いだとか、使い方がどうとか、値段とか。それは説明書見ればわかるんですけど。もっとこう、決定的な違いというか。。そんなモヤモヤとともに過ごす本日のわたし。こんにちは、ハヤミミユキです。アパレル業界にいると、アイテムは違ってもだいたいなんとなく使い方だとか、どんな違いがあってどうしたいのか。この辺の事って、想像でわかるじゃないですか。だから別のブランドでお買い物する時も、販売員の説明が拙くても自分で解決して購入する。これが私たちの現実だと思います。ほんとのところでのお客様の「わからない」がわかってなかったんじゃないのかなって。冒頭の話に戻りますが、わたしヘアビューザー持ってるんですよね。そして次に似た感じの復元ドライヤーが出て来た。そして美容院で復元ドライヤーの案内をされた。両方に共通するおすすめポイントは・髪だけじゃ無く、顔や体にもつかえる・リフトアップ効果あり(むくみを取ってくれる)・もちろん髪にも良いメーカーもこの「リフトアップ」推しがすごいんですよね。両方ともそれぞれに方法は違うけど結局リフトアップしてくれる。だからスタッフさんはやたらとリフトアップ言ってくる。わたしとしては「リフトアップ」したいならわざわざドライヤー買わずにReFa買うからそこばっかりおされても1ミリも響かないんですよね。「へぇーすごいんですねー」で終わっちゃう。本来は「ドライヤー」であるはずなので、まずはきちんとドライヤーとしての案内をして欲しい。それも「ツヤが出ますよ」だけじゃなく「さらさら」なのか「つるつる」なのか、どんな髪質の人がこれを使ったらどんな効果があるのか。その上で、「リフトアップ効果もあるので、髪の毛乾かすついでにチョチョイとむくみも取っちゃいましょう!」と言ってもらえる方が「うんうんなるほどね、興味あるわー!」てなります。あとは、両者で値段の違いは何なのか。同じような効果はあっても同じじゃないいんだから、明確な違いを教えて欲しい。そこまで突き詰めていない人が多いようなので結局「だから何が違うの?」に方法の違いだけしか答えられない。わたしが良いドライヤー持ってなくて、何か欲しいなって検討してるとするなら、「安い方がよくない?」って復元ドライヤー買います絶対。もしかしたら私に本当に必要なのはヘアビューザーかもしれないけど。本当に必要な理由があれば、どちらにしても安くないんだしよりベストな方を買いますよ。でもイマイチ違いもわからないし、同じっぽいし、復元ドライヤーおしてくるし。だからよくわかんないけどおすすめされた方にしよう〜。ですよね。本気で違いを調べようと思えば、いくらでもネットで出てくるでしょうし口コミとか見れば大体の自分なりの正解も出せるでしょう。でも調べません。だってそこまでするほどは興味がないから。これが本当に「わからない」お客様の考えかと思います。今回このドライヤーで痛く実感しました。お客様の「わからない」や「ピンとこない」に敏感なつもりでいましたが、つもりでいただけだったのかもしれません。どうしても少し販売員フィルターがかかっていた可能性があるな、と。私たちが「ここがこだわってて、これがポイントなんです!」って鼻息荒く伝えたところで、その情報、1ミリも必要としてない方だっていらっしゃるでしょうし。「だから、何」の部分を見直さなければいけないなぁと。基本の基本ですが、思ってたより出来てないなって反省しました。それに、思ってるよりお客様は興味がないことも肝に命じておかないと。美容師さん、ありがとう気づかせてくれて。しかし美容院での物販はまだまだ改良の余地ありだな。あと少しがもったいない。そんな風に思われないように私も頑張ります。そんな土曜の夕暮れ。ハヤミでした!

      6
      テーマ:
  • 17Nov
    • もう「上の人出してよ」なんて言わせない。貫禄の出し方教えます。

      「ちょっと、上の人いないの?」って言われたことありますか?つらいですよね。しかも自分が「上の人」だった時なんて「わ、わたしが責任者です…」って言い出しにくいししかもなんか「使えない宣言」されてるようで心折られますよね。懸命に説明もしているし、対応だって自分なりの100%でやってる。でもお客様には伝わらない。いわゆる「貫禄」ってやつがあなたには足りていないのかもしれません。こんにちは、ハヤミミユキです。そもそもお客様だけでなく、私たちの価値観は千差万別ですよね。なにを基準にしてどう見られているかは正直わかりません。だから本当は知識も経験もきちんとあって、申し分ない実力があったとしても「ちょっと上の人出してよ」のナイフで切りつけられる時もあります。しかし!立ち振る舞いひとつで切りつけられるリスクをほぼゼロに近づけることができます。「なんか分かんないけど、なんか頼れそう」って思っていただけるような「雰囲気」は出すことが出来るのです。「こいつはただものじゃないな」という「プロのオーラ」です。ポイントは3つだけ。その①「姿勢」接客販売をしていれば、当たり前ではあります。待機中、接客中、いつでも背筋をきちんと伸ばしておく。たったこれだけで堂々として見えるものです。たったこれだけですが、気を抜くとすぐにいつもの姿勢になっちゃいます。お客様はどこから見てるかわかりませんよ。まぁ、店頭で気を抜くなってことですよね。その②「目線」きちんとお客様の目を見て話しましょう。これも当たり前の事ですが。。クレーム対応の時は顕著に差が出ます。目を逸らしがちなとき、「ここから逃げたい」「関わりたくない」という気持ちがにじみ出ています。ですから、しっかり目を見てお話するだけで信頼感アップです。あ、見つめすぎると相手にプレッシャーを与えてしまうので注意です。また、お客様が目の前にいらっしゃらない時には視線を動かし、店内外をしっかり見ましょう。「ジロジロ見る」ではなく「しっかり見る」ですよ。余裕がある人は、しっかり周囲を観察しているので周りが見えているのです。その③「挙動」これが一番「プロっぽさ」と「素人っぽさ」がでますね。・手持ち無沙汰でソワソワしてる・視線が定まらずキョロキョロしている(しっかり周りを見ている訳では無い)・ノロノロ歩くこれやっちゃうと「私はド素人です!」って宣言してるも同じです。「ちょっと1回落ち着こうか」て言われます。ここまでひどくないし!とお思いの方もいらっしゃるでしょう。しかし「ソワソワノロノロ」してる人は歴に関係なく多いのが現実です。以上の3点。つまるところ「はったりでも何でもまずは堂々として」ってことなんですけどね。笑「この人頼りないんだろうなー」って印象持たれて接客するのと、「この人は貫禄ある!」て思われて接客するのでは、あなたのスキルは同じでも全然違う結果になりますよね。自信が無いあなたは、まずは「見た目」だけでも良いからはったりかましましょうよ。やり続ければいずれ本物になります。余談ですが、上記の3点はなれてきた頃に忘れてしまうポイントでもあります。出来ることが増えて忙しく感じて無表情になったり。緊張が緩んでだらしない姿勢になったり。私たちは「プロ」であり、お客様も当たり前にそれを求めています。入社一日目だろうが、店長だろうが、お客様には関係の無いことです。きちんと見た目を演出するということは、どんな立場の販売員にも共通する事です。あなたのお店では「貫禄があるスタッフ」が何人いますか?あなたには「貫禄」がありますか?ハヤミでした!

      4
      テーマ:
  • 13Nov
    • 【靴屋談義】足の現代病「拡張足」を知ろう

      前回の靴屋談義では、靴のサイズ表記はアテにしちゃだめ!なぜ合わないサイズの靴を選んでしまうのかについてお伝えしました。メーカーや木型、足入れサイズの違いと思い込みによって合わないサイズを履き続けてしまう。そうすることで靴擦れやかかとのパカパカが起きてしまうんでしたね。たいていの方は大きすぎる靴を選んでいるのです。今回はこの「大きすぎる靴」で起きている現代病について語りましょう。こんにちは、ハヤミミユキです。「拡張足」聞いた事がありますか?「外反母趾」などと違い、まだあまり出回っていない言葉かと思います。こんにゃく足とも言い、足のトラブルのほとんどはこの「拡張足」から始まるのです。<説明しよう!拡張足とは足裏の筋肉が衰え、足のアーチが崩れてしまった状態のこと。アーチが崩れると、体重をうまく支えることができません。足を床について踏み込んだ時に、足幅がフワッと横に広がってしまう。これが「拡張足」なのです。では、なぜこの拡張足が問題なのか。主に3つの理由があります。①クッション機能が使えなくなる②大きすぎる靴をえらんでしまう③足の筋肉が正しく使えない順番に説明しますね。①クッション機能が使えなくなる足裏のアーチがきちんと保たれていれば、体重はかかと、親指の付け根、小指の付け根の3か所にバランスよく分散されます。そうすると、歩いた時の負荷もちょうどよく分散してくれるのです。しかしアーチが崩れているとこれがうまくできず、必要以上に体重がかかってしまう部分が出てきます。そうしてそこにはタコや魚の目が出来る結果に。。拡張足事自体は痛みなど自覚症状がないので気づきにくいのですが、足の裏の人差し指の付け根にタコができていたらほぼ確定です。アーチが崩れていると、歩くときに親指ではなく人差し指で地面を蹴るようになります。人差し指にはクッション機能が備わっていないため、刺激を受けてタコになるんですね。ちなみにタコや魚の目は、過剰な刺激から体を守るべく皮膚を厚くして防御をしている状態。できる場所によって何が原因なのかがわかります。(また記事にしますね。)こいつを治すには足幅に合った靴を履き、正しく歩くことが何より重要ってことですね。病院で削ってもらっても、結局はその場しのぎでしかないですよ。②大きすぎる靴をえらんでしまうしつこいくらい言ってますが、大きすぎるんです。本当のワイズはもっと細いはずなのに、拡張足は体重をかけると足が広がってしまうので本来のワイズよりも広く、大きな靴を選んじゃうんです。そして拡張足→大きい靴選ぶ→拡張足悪化→。。。負の連鎖の始まりです。どこかで断ち切らなければいけません。そもそも「わたし(日本人)の足は幅広甲高」と思い込んでいる人が多すぎます。試しに測ってみると、とくに幅が広い訳でも甲が高い訳でもない。お、も、い、こ、み。なぜみんな思い込んでしまっているのか。それは年代によりワイズにかなりの差があるためです。50歳代~はEやEEのワイズが多いのに対し30~40歳代はC、Dの割合が増え、20歳代に至ってはB、Cの割合が多くなっています。ということは、本当に幅広甲高なのは50歳代~くらいでそれより若い世代はワイズが細くなってきているということですね。なのに世に出回っている靴は「標準のワイズ」としてEのものが多い。なのにその中でもワイズのゆったりしたものを探そうとする。思い込みによって。それからどうなるかは…しつこいから割愛しますね。笑③足の筋肉が正しく使えないこれは全身に悪影響があり。本来であれば足指→足裏→ふくらはぎと筋肉がうまく連携してくれてバランスよく立ったり歩いたりができます。拡張足になるとこの連携が足裏で止まってしまうため足指やふくらはぎがうまく使えなくなり、結果むくんだり変なところに筋肉がついて足が太くなったりするのです。あーこわい。きちんと歩けていないので疲れやすくもなるし腰や背中の痛み、肩こりなども起こり得ます。まさに百害あって一利なし。どうですか?拡張足と思い込みの恐ろしさ、伝わりましたか?笑さーて次回の靴屋談義は?「拡張足が引き起こす更なる悲劇」「拡張足の見分け方」「拡張足の改善方法」の、3本です!次回もまた見てくださいね!うふふふふ~~(いや、テンションすみません)ハヤミでした!

      7
      テーマ:
  • 12Nov
    • 接客業における「マナー」を見直してみませんか?

      アパレルだけでなく販売業、サービス業ではこれでもかと言われる言葉。そう「顧客満足」。もう耳タコですね。もちろん顧客満足が高いに越したことはないし、そこを上げていくことが結果的に売上に繋がり会社の利益を上げる事になります。だから日々接客スキルを上げるために、商品知識を身につけたりロープレを行ったりしている訳ですよね。しかし接客スキルがどうとか、サービス内容うんぬんの前にやるべき事がありまして。こんにちは、ハヤミミユキです。前回フリートークでも書きましたが、お客様に満足していただける接客ってスキルだけじゃないんですよね。どれだけ接客スキルが秀でていても、「心を込める」「誠意をもつ」ことが出来ていない人は顧客満足度が上がることはありません。その為に大切な5Sというものがあるみたいです。・Smile(笑顔)・Smooth(さり気なく)・Sincerity(誠実に)・Smart(身だしなみを整える)・Sensibility(細心の注意をはらって)うん、まぁ大事ですよね。 このへんは接客するための大前提の部分です。しかーし、さらに大切なことがあるのにお気づきですか?そう、「マナー」です。マナーとは「人に不快感を与えないために守らなければならないこと」。お国柄や経済状況、時代によってそれぞれ価値観は違っても、それでも最低限守るべきマナーは変わらないはずです。 マナー守らずして何が出来るの?ってことです。では、我々販売員においてのマナー違反とはどんな事が思い浮かぶでしょうか?・挨拶がない・呼びかけたのに無視(気づいてない)・商品や店内が汚い・スタッフに清潔感がない・無表情・言葉遣いが汚い・所作が雑などなど不快になる要素っていっぱいありますよね。全て基本的な事だけど、出来てなければ1番クレームになりやすい部分ではないでしょうか。マナー違反って本人には悪気がなかったり自覚がなかったりすることが殆どです。それでもお客様が不快に感じてしまったら、それがその店の評価になりますよね。無意識は1番の罪だし、悪意がないっていう言い訳が1番悪質です。そしてこういう事って、自分のことは気づかないのに人のことになるとよーーく気づけるんですよね。笑そんなもんです。マナーは守らないといけない。しかしマナーを守るだけで良い接客、サービスが出来るのかというと残念ながら違います。マナーは人を不快にさせない為のものなので、接客やサービスのようにお客様に喜んでもらう行為にはなりませんよね。できてて当たり前!マナーが良くてもマイナス点にならないだけでプラスにはならないんですよ。しかし出来ていないと取り返しのつかないくらいのマイナス点となります。いくら接客スキルを上げたりサービスが充実してても、マナー違反で下がった点数を取り返していくことは不可能です。それを忘れて(理解せず)スキルにばかり目がいく会社、お店、すごく多いですよね。まず大前提の部分を整えないとね。マナー相手に不快感を与えないための最低限の行為↓5S接客に必要な心がけ↓サービスお客様が嬉しいと感じる行為やるべきはこの順番です。というか、マナーがきちんと出来てれば同時に5Sも出来てきますよね。あなたのお店ではどうですか?知らず知らずお客様を不快にさせていませんか?明日からの新しい1週間。もう1度ここから見直してみませんか?ハヤミでした!

      5
      テーマ:
  • 11Nov
    • 【フリートーク】はじめての顧客様ができた時のはなし。

      販売未経験で入ったいまの会社。靴屋って専門性が強くて、覚えることも多くて最初は本当に結構しんどかった。毎日出勤するのにキリキリ胃も痛いし、「接客」は楽しいけど、まだあんまりやりがいを見いだせてなかったとき。そんなときに「アパレル販売員」にハマるきっかけになったわたしの最初の顧客様との思い出話。こんにちは、ハヤミミユキです。あの時は入社して二ヶ月目くらいだったかなぁ。ひとりで遅番で、心細い思いしながら「あークレームとか変なこと起きずにこのまま何事もなく閉店出来ますように…」「はぁ、てかひとりでレジ締めかぁ。まだあんま慣れてないんよね、はぁ…」とか思っちゃったりして店頭立ってました。そして閉店5分前。なにやら焦った様子のお客様がご来店。お話をお伺いすると「明日彼氏に会うから新しい靴がほしい。」と。あらやだ乙女。そういうのすごく素敵じゃない。って思いつつ接客してたんですけど、なんか変。彼氏に会うためにオシャレするって楽しいはずなのに、なんだか切羽詰まってるというか必死というか。ちょっと突っ込んでいいかわからなかったけど、「本当の理由」を聞いてみたんです。「実は彼氏に会うのは2ヶ月ぶり。そしてなんだか凄く嫌な予感がする。だから、せめて、1番可愛い自分を見てもらいたい。だから上から下まで全部買いに来た。」と。そして「もう閉店時間ですよね。ほんとにすみません。あと靴だけなんです。どうしよう、、」って泣きそうな顔するんですよ。もう、なんなんそれって思って。「閉店時間は私がレジ閉めるまで来ないんで。それよりとことん選びましょ!」って買ってきたもの全部広げてもらって、お店にあった雑誌引っ張り出してきて。あーでもないこーでもないと言いながら小1時間。最後は笑顔で選んだ靴大切そうに持って帰ってくれました。たぶん、正直、ここまで親身に寄り添って接客したことそれまで無かったんですよね。「そつなくやんないと」が先行しちゃってて。だから、その方が最後笑ってくれた時本当に嬉しかった。その日は結果無届け残業になっちゃったから、ディべからはちょびっと怒られたけど、笑ほんとそういうのどうでも良かった。ただ、私は笑顔が見れて満足出来てるけど彼女は今日じゃなくて明日。明日が本番なんです。わたしが翌日もずっとそわそわしちゃって。「うまくいったらいつか教えに来てくれたらいいなぁ」なんて思いながら。その日の夕方。昨日の彼女が来てくれたんですよ。彼氏と一緒に!!しっかりお話しして、わだかまりがとけて、その足でお店に来てくれたんです。「お姉さんに最初に言いたくて!」って。その子が可愛くて可愛くて。ふたりして少し嬉し泣きするっていう。笑その瞬間にハマっちゃったんですよね。上手にコーディネート提案が出来るわけでもない。アドバイスどころか一緒に悩んじゃう。そんな私に「一緒に選んでくれてありがとう!」って言ってくれる人がいる。だからその人の為にもっと色んなことが出来るようになりたいし、知識もつけたい。だから販売続けようって思いました。その方は結局、その彼氏さんと結婚して、今は遠くに行ってしまったからなかなか会うことは出来なくなったけど私の原点と呼べる顧客様です。なんか、販売やってるとしばしばドラマが起きますよね。それが楽しくてやめられないんだよなぁ。笑そんな私の初めての顧客様の話。ハヤミでした!

      6
      テーマ:
  • 10Nov
    • あなたの発する言葉で結果は変わるから、ウダウダ言うのやめませんか?

      「やってみようと思います」「考えてみようと思います」「聞いてみようと思います」これ、売れないお店の人たちが使いがちな言葉です。よく使ってますか?何が問題かわからない?そんなあなたは勿体無いことをしています。こんにちは、ハヤミミユキです。「~してみようと思います」これ、便利な言葉ですよね。角がなくて柔らかい(気がする)言い回しだし、相手の意向を汲んでる(気がする)し、なんだか前向き(な気がする)し。でも残念ながら「しようと思う」人で、ホントにやってる人は見たことがありません。「時間が無くて…」「なかなかタイミングが…」と理由を並べて、結局やらないのです。ひどい時は「明日やろうと思います!」と「しようと思う」の追撃をかけてきます。この一見前向きに思える「しようと思う」。なぜ行動出来ないのでしょうか?答えは簡単で。書いて字のごとく、しようと「思う」だけだからです。簡単なお仕事ですよね。なんたって、しようと「思う」だけでいいから。うん、まぁ嘘はついてないんですよ。だからあまり深く考えずに言っちゃうんですよね。だから結局やらないんですよね。「引き寄せの法則」がどうのこうとかそんな事言うつもりは微塵もないのですが、やはり自分の口から出した言葉って意識に刷り込まれるんですよ。「やります」「考えます」「聞いてみます」ほら、言い切るだけで違いませんか?ほんのりプレッシャー感じるでしょ?笑「言い切ったからにはやらねばならぬ」感。これがすごく大切です。スピリチュアルな話ではなくって。自分が発する言葉(アウトプット)↓自分の耳で聞く↓再びインプット純粋にこれなんです。地味ですが、この繰り返しです。だからいつまでも「思ってる」だけじゃなーんにも変わらないんですよ。もちろん、だからって何でもかんでも「やります」でイイってことではありませんよ。思考停止せず、本当にやった方が良いことに対して「やります」って言いましょう。自信ないですか?やるって言い切って出来なかったら嫌ですもんね。評価とか下がりそうな気がしますしね。でもこれ、あなたじゃなくてスタッフだったらどうですか?「やろうと思います~」って言うだけで、ウダウダして結局やらずに誤魔化してる人と。「やります!」って行動にうつしてくれて、結局上手くできなかったけどチャレンジしてくれた人。やりますって言って行動したスタッフの評価は下がりますか?何もしないから失敗もしなければ進歩もしないスタッフの方が評価は高いですか?違いますよね。ならあなたも同じじゃないですか。行動した事で評価が下がるような環境ならば、あなたがいる場所じゃありません。だから、やろうと思ってばかりいないでやりましょうよ。「やります」って自分に言いましょうよ!結果は変わってきますよ。結局のところ「やろうと思う」かどうかはどうでもよくって、「やる」か「やらない」かでしかありません。ウダウダ言ってないで、「やります」って自分に暗示かけていきましょ。今日から「「やります」って言おうと思います」か?「「やります」って言います」か?ハヤミでした!

      5
      テーマ:
  • 31Oct
    • なぜあなたは上手く説明が出来ないのか③

      前回まではこちらを。なぜあなたは上手く説明が出来ないのかなぜあなたは上手く説明が出来ないのか②こんにちは、ハヤミミユキです。今回は上手く説明が出来ないシリーズその③です。前回まで「動作に移せないから。」「数が多すぎるから。」という事をお伝えしてきました。今回で最後です。理由その③「すべてを網羅しようとするから」今回も質問です。「『車の機能』といえば、何を思いつきますか?」色んな答えはあるでしょうけど、どの車にも当てはまるといえば「走る、曲がる、止まる」の3つではないでしょうか?もちろんその他にも「運ぶ」や「溜める」(電気自動車)も注目されてますし、車の機能といえば他にも色々あるわけですよ。ですが、「網羅している訳では無いけど、代表的な3つならこれで良いんじゃないの?」とみんなが了承しやすいのが、先程の「走る、曲がる、止まる」なのです。このことから、知るべきキーワードが「網羅性」と「代表性」です。説明が苦手な人の大半が「代表性」ではなくて「網羅性」優先で説明しようとしているため、うまくまとめて伝えることが出来ないのです。試しにこんな実験を。紙を用意して、そこにあなたの扱う商品の特徴やサービスを書けるだけ書き出してみてください。できるだけ沢山ですよ。書き終わったら、「この中から『3大特徴』を選ぶとしたら?」と考えてみてください。省けるものやまとめられるものがあれば、空いてるスペースに書いてください。最終的に「この商品の特徴、サービスはこの3つです!」と言えるようにまとまれば、残りは全部捨ててOKです。これをやると、「えっ5つじゃだめかな?」とか「どれも大事だし3つは厳しい…」という人もいると思います。それこそがまとまらない原因なのです。要するに「捨てられない」から「まとまらない」。正直、たくさん伝えたところで人は忘れますからね。「ある程度代表性はあるから、とりあえずこのくらいでいいか。」という良い意味で妥協することも大切です。前回の記事の「数が多すぎるから」という中でも出てきたように、当然「あれもこれも…」と欲張ってしまう人は代表性を見出すのが苦手です。「そうは言ってもこれだけじゃ完璧じゃないから、あれも伝えないと!」「まだすべて出来てないから、伝えるのは出来てからじゃないと…」と、網羅性を捨てられない人。その説明はただの自己満足になっている可能性が高いです。それでなくても情報過多の時代です。こちらが望んでなくてもどんどん情報が入ってくる。それをうまく活用するには余計な情報を捨てていかなければいけません。ですから、相手にもあなたが伝える情報をきちんと活用してもらえるよう、取捨選択をしてください。そのかわり、それだけ厳選された情報です。確実に頭に入れ、実行してもらってください。ここまで3つの記事を通して言いたいことは、相手に伝える時には「わかるかどうか」ではなく「実行できるか」どうかに重きを置いて欲しいと言うことです。実行するには「動作」で伝え、「代表性」のあるものを「3つ」以内に絞ることが大切です。まずはこれを意識してみるだけでもかなり変化があるはずです!…意識するためにどんな「動作」をしましょうか?ハヤミでした!

      4
      テーマ:
  • 28Oct
    • なぜあなたは上手く説明が出来ないのか。②

      その①を読んでない方はまずこちらをどうぞ。こんにちは、ハヤミミユキです。前回は「なぜ上手く説明が出来ないのか」その①として、「動作に出来ないから」とお伝えしました。今回は理由その②。「数が多すぎるから」まず大切なのは、「知っている」と「使いこなせる」というのは全くの別物だということを肝に命じること。突然ですが質問です。「5W1Hを口に出してすべて言えますか?」どうでしょう?言えましたか?まず、言えなかったあなた。どうしてでしょう?「5W1H」というキーワード自体は学生の頃から何度も聞いたことがあり、何となくはイメージ出来るし「知っている」はずです。でもいざ言おうとすると出てこない。次にすべて言えたあなた。追加で質問です。「すべて詰まらずにペラペラ言えましたか?」だいたい3秒とかそのくらいです。そう言われると「いやそこまでスムーズじゃないかな。。」指折り数え「えーっと、、」って思い出しながら答えちゃう方も多いと思います。どちらにしても、詰まらずスムーズに「When Where Who Why What How」が言える人は少ないんじゃないですかね。では、こんなに聞きなれた「5W1H」。あなたは普段どのくらい使いこなせているんでしょうか?こう言われると、思ってたより「5W1H」が使えてないな、と感じるかと思います。では次の質問です。「なぜあなたは「5W1H」を使いこなすことが出来ないんでしょうか?」答えは単純明快。「数が多すぎるから」です。説明する側は「情報の数を増やしすぎるから説明しても伝わらない」ですし、説明される側は「多すぎる情報をそのまま覚えようとするから、結果的に覚えられない」んです。よくビジネス本でもありますよね。「成功に導く50のポイント」とか。その中で自分が扱える数まで取捨選択出来れば良いですが、たいていは全部取り入れようとして結局どれも身につかないパターン。それもこれも全ては「数が多すぎるから」。ですから、基本的に情報は「3つ」までに絞りましょう。「あれもこれも…」ではなく、「あれと、これと、それ」。「5W1H」ならば、まずはこの中でも特に身近な「When Where Who (いつ、どこで、誰が)」の3つをひとかたまりとして考えます。それから残りの「Why What How (なぜ、なにを、どうやって)」を考えていけばずいぶん分かりやすくなります。ビジネスの場では、「5W1H」では足りない!「6W3H」が必要だ!と言う方もいます。これは5W1Hに「Whom(誰に)」「How meny(どのくらい)」「How mach(いくら)」を足したものです。正直、5W1Hを完璧に使いこなせない段階で更に情報を増やそうとしてもただとっ散らかって終了です。これは5W1Hに限った話ではありません。一気に5個も10個も指示を出したり、何がポイントなのかも分からないままダラダラ説明したり。「1点共有したいのですが」と言いながら、あれもこれもと伝えたり。このような説明で理解できないのは、相手ではなくて伝えているあなたに責任があります。ですので、伝えたい情報を「3つ以内にまとめる力」を身につけることが必要です。ではどうやって3つにまとめるのか。前回お伝えした「動作」ですね。これはまたおいおいお伝えしていきます。まずは「3つを超える過剰な情報」が「分かりにくい説明をしてしまう原因」だということを肝に命じておいてください。次回は理由その③「すべて網羅しようとするから」です。ハヤミでした!

      3
      テーマ:

プロフィール

ハヤミミユキ

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
広島県
自己紹介:
靴屋一筋10年のハヤミミユキと申します。 社員歴ゼロ日での店長抜擢&転勤。。 その後新店立ち上げ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス