日本が誇る世界のSEIKOの欧米ブランド
「PULSAR」が2000年代からイギリス軍のRAFに

納入しているミリタリーパイロットウォッチの
民間モデルが入荷してきました

 

日本での正規展開のない海外モデルです

 

「PULSAR」とはもともと、アメリカの時計メーカー
「HAMILTON」が開発し世界で初めてLEDデジタル時計を

作ったブランドで、1979年にSEIKOが買収し
今ではセイコーの傘下に入り欧米に販売している

時計メーカー。

 

一番下の写真が本物の官給(支給)品ですが
民間モデルとの違いは3時位置に入る「L」のマークと
ケースバックに刻印されるアローマークのみの違い

「L」マークは針に使用される塗料の事
今までは「T」と入っていましたが
トリチウムの事で人体に影響はなく
破壊した時に微量な放射線物質が入っている為
現在は安全面から「L」のルミノバを使用しているという証です

この2つの違いで値段が大きく変わります
官給品で巣と平均相場が10円以上ですが
民間品は26800円となっており大変お買い得。

生産もセイコーが一手に手掛け
日本製ムーブメントを採用しているので
性能面も問題はありません。
官給品とのわずかな違いだけで

全く同じ仕様でお買い求めしやすくなっています


もちろん日本では正規未展開の時計ですので
定価はありませんが当店では相場の値段で販売。
詳細はHPに記載をしております

 

またこの時計のポイントは秒針になります
通常はクロノを使用する際に動く

長い秒針が稼働していますので
時を見るのも見やすくなっています。

シルバーケースにブラックの文字盤
グレイのNTOベルトが男心をくすぐる1本となっています。

42ミリケースで程よい厚みもあり
カジュアルな中に高級感も漂い

コダワリ度満点の時計となっています

SEIKOの欧米ブランド
日本未展開ブランド
イギリス軍が実際に採用していたミリタリーウォッチ
語れる「男時計」として

モノにコダワル方に最高の1本となっています

詳細はHPで

www.hawzit-smallstore.com
 

NEWERAからアメリカ市場のモデルで
お馴染みのMLB

チームキャップが入荷してきました!

 

MLBのキャップといえばNYヤンキース、
ドジャース等の王道がメインですが
メジャーのチームは市場でも
愛用している人が多いので
今回はちょっとマイナーでカラーリングがアメリカっぽい
普段使いにキチンと使えるMLBキャップをチョイス

 

浅めのクラウンにカーブドバイザーに
配色のカラーリングがデイリーのアメカジスタイルに
ピッタリのキャップとなっております

値段も3000円+消費税という破格のプライスもポイントです

 

詳細はHPに記載をしておりますので
気になる方は是非!ご覧ください

www.hawzit-smallstore.com
 

 

フランスのセントジェームスの定番
夏の半袖・薄手タイプのバスクシャツ「PIRIAC」から
真夏に最適なカラー物が6色入荷してきました

 

Tシャツほどラフじゃなく
カジュアルにも綺麗目なコーデにも対応できる
ボートネックのバスクシャツ。

 

1枚で着てもお洒落に見えてしまう
不思議なカットソーですが
定番のマリンカラー以外にもこういったカラーが
毎シーズン展開されて好評です

 

今回は真夏用に6色入荷してきました

上からアプリコット・オレンジ、ミントグリーン
アイスグレイ、マットブルー、フォレストグリーン

チャコールといったカラー展開

 

特に今までにはないアプリコット・オレンジや
ミントグリーンはオススメで
マットブルーやフォレストグリーンなども

Tシャツなどでは見る事がないカラーで

爽やかなイメージも備え持つ不思議なフレンチカラーの展開。

 

セントジェームスだからこそマッチしたカラーになっています

この時期ならデニムはもちろんですがショーツや
軽めのボトムにクラシックなキャンバス製スニーカー等との

コーデで大人の夏のスタイルを演出できそうです

 

特に今回の6色は今季のシーズンカラーですので
ぜひこの機会に手に入れてください

 

今までにないカラーが魅力的な
夏の定番「PIRIAC」の新カラーです

 

詳細はHPでご覧ください
www.hawzit-smallstore.com


 

リーバイスのイタリア企画で
1999年にスタートし、2008年に終了した

伝説の「リーバイス・レッド」

 

世界で初めて立体裁断製法でデニムや

ジャケット類を作ったり
今までにない概念から生まれる

アパレルラインのデニムウェアは

世界中に激震させました。

2008年にプロジェクトが完了し

リーバイスレッドの製品は

作られなくなり、その後は

中古市場などでも高値で

売買されるなど今でも数多くの

ファンがいるリーバイスの

アパレルラインのカテゴリー。

今回、そのリーバイスレッドが復活し
数々のラインアップで登場しました。
その中で小物に注目し

今回、トートバッグを入荷。

 

リジッド系のシンプルな

デニム素材を使ったトートですので
カジュアルなスタイルからキレイ目な

スタイルにも相性よくマッチし

男女問わず愛用できるデザインも魅力的

 

中には当時と同じ「RED」の

ビッグタグが付くなど
雰囲気も良く仕上がっています。

詳細はHPに記載をしているので
気になる方はご覧ください

 

www.hawzit-smallstore.com



 

夏夏本番という事で久しぶりに

アロハ・ショーツを展開しました


ビンテージ・ハワイアンを彷彿させるクラシカルなアロハプリントの

素材は「世界最古の布」と呼ばれ、ウガンダで
約600年前に洋服用に作られた素材の「BARKCLOTH」。
現在主流になっている綿製品の前に使用されていた素材で
歴史的にも価値のある素材。

木の皮を原料に繊維で作ったバーククロスは
生地に仕上がると肉厚で凹凸感があり独特のタッチが特徴で

60年代にアメリカでミッドセンチュリーのブームに乗り
インテリアファブリックとして大ブームを起こします

この生地も同様にバーククロスの組織を持っており
ハワイのホノルルにある生地メーカーがハワイで作った素材。
しかも60年代に実際に合った柄と組織を完全復刻させた

超が付くほどのコダワリのバーククロスになります。

 

ソファーカバーやカーテンなどで使われていた素材の為
肉厚感と大柄のプリントの素材がショーツにした時に
相性が良くクラシカルで雰囲気満点の仕上がりになっています

洗い込んでいくと素材自体がソフトになり
色褪せた感じもエイジングされていくので愛着も沸いてくる1着

60年代のアロハ柄を本場、ハワイで忠実に作った
世界最古の布「バーククロス」のハワイアンファブリックを
日本の品質の高い専門工場で作ったコダワリの
アロハショーツ。
詳細はHPでご覧ください

 

今回、特別価格で販売しておりますので
お早めに!

 

www.hawzit-smallstore.com