昨年末の、山田敬花さんに続いて、

 SHIHONさんという方が、私をイラストにして下さいましたーーーっ。(😊)/

 この時の撮影で、

 私は・・・私なりに、今は亡き師匠を乗り越えようと(!)

 女性ならではの衣装(だから、明るい色目なんですね。👀

 華やかさ、

 すがすがしさ、

 愛

 ・・・といったものを、刀法の構えに込めて撮影をしていました。👀

 普通に、みなさん刀を構えると、すっごい怖い顔して撮影することが多いかと思うんですが。👀

 

 そうではなくって、

 刀を構えるという事は、

 大事な人の命を護るということ、

 大事な人との生き方を守り抜く、

 両手を広げて、守る、

 

 刀は威信材だと聞きますが、

 所持する者には役目があり、

 所持するだけの責任があること・・・などなど。

 こんな話も、座学講座ではご紹介をしていきたいですね♡

 

 ちなみに、この構えている刀は、

 私の師匠が亡くなる前に、

 形見にと託された真剣です。✌

 

  、、、カメラマン千葉が、

 真剣での撮影でないとイヤだと

 駄々をこねたからです。😅💦

 

 ちなみにこれは、

 林邦史朗が創作した忍の構えで、

 「陽炎の構え」といいます♡

 SHIHONさん、ありがとうございますーーーーっ。(😊) /