明日は節分、という時期に来て、何ですが・・・。汗

 

 昨年末、黒田官兵衛の子孫の方が運営をされている「黒田会」の交流会「グレース会」で、

「新春らしい演武をお願い出来ないか」

 とのお話を、戴きました。じっ

 

 林先生が亡くなられてから2年になりますが、私はこの黒田会で催されるイベント(書道や歴史勉強会、などなどLOVE)によく参加をしていたんです。

 なので、この会の方には知り合いも多く、皆さん、

「話には聞いているけど、ぜひ山野さんが藁斬ってる処が見たいな~ハート

 というリクエストがいっぱい、あったんですね。じっ

 

 

 そうはいっても、・・・そこは林邦史朗先生の教えを汲む私です。

 しかも、20分構成を2本(びっくり!!)お願いしたいと頼まれました。

 ・・・というのは、仕事帰りに立ち寄る方が多いので、都合で早めに変えられる方、そして遅くにしか足を運べない方がおられるので、どちらかだけでも見られるように、という計らいなんだそうです。

 

 なので私は、前半は現代劇で、刀の殺陣はもちろん、珍しい武器コーナーを設けたり。

 今回は法螺貝や太鼓を叩いてくれる方と一緒だったので、法螺貝コーナーを設けて、楽しい武劇ショーにして、まずはここで一発、真剣試斬演武も披露~日本代表日本代表日本代表

 

 今回は、加藤正樹くんが相手を務めて下さったので、色々と、思い切った演武ができましたっ。

 ありがとうございます~っ。ぐぅ~。ぐぅ~。ぐぅ~。

 ・・・たった2時間ほどの稽古で、ホントにありがとうございました。

 コレに懲りずっ、また何かの折には、お付き合い下さると嬉しいですっ。泣き3泣き3泣き3 

 また後半はこれまた、甲冑を着込みまして、真剣で行う「四方祓い」に始まり、戦勝祈願である三献の儀と。

 ・・・私がやる演武なので、せっかくだからと、「本物の剣術がどうなっているのか、何となく掴めるように」と柳生新陰流から「燕飛(えんぴ)の太刀」を取り入れました。

 その後は戦国絵巻という事で、甲冑の戦いを繰り広げた後、真剣試斬演武を披露し、お客さまにとても喜んで戴きました。(^_^)/

 

 ・・・今回、グレース会には村山千加子カメラマンが出席されていたのですが、「勉強の為に、ぜひ撮影させて欲しい」との事で、スチールや動画映像をして下さいました。

 そちらも、ご紹介しておきますね。日本代表日本代表日本代表

「1月15日の映像」