前の記事

ホノルル行きJAL機内にて<2017年春ハワイ島&オアフ島旅行記23>

 

ホノルル空港到着まえのJAL機内にて。

 

(今回は美容オタク満開の記事となります)

 

着陸態勢に入る前にお水をもらって、飲む日焼け止めをのみます。

 

HELIOCARE ヘリオケア ウルトラD

image

3年位前からウワサに聞いていた「飲む日焼け止め」ですがいまいち理論がよくわからなくて、しかもゴルフとかの日焼する機会がない生活をしているので、手にしたことはありませんでした。

 

でもハワイはこの効果を試す絶好の機会です。

 

40歳を過ぎてますますシミが気になるので今回はもののためしに一度飲んでみることにしました。

 

特徴的な成分の「フェーンブロック」というのシダ科の植物で、紫外線によって体内に発生したフリーラジカル(代表は活性酸素)を破壊することで紫外線ダメージを防ぐというもの。

 

ヘリオケアには抗酸化力のあるビタミンやルテイン、活性酸素を減らすリコピンなどが配合されています。

 

要は強烈に抗酸化力を高めたサプリメントって感じです。

 

今はクリニックの他、個人輸入などで買えますが、私は心配性なので内容のおかしいのが来たら嫌なので、近くのクリニックへ行って買ってきました。

 

「ヘリオケア ウルトラD」これは歴代のヘリオケアの中でも最上位モデルのようです。

 

クリニックでもらったチラシには抗酸化作用・免疫防御作用・DNA保護作用・皮膚構造維持作用と書いてあります。

 

いきなりハワイで飲んで体に合わなくてぶつぶつができたり体調に異変があってはいけないので、日本で飲んでみてからです。(実際植物に何かしらのアレルギーがある人は気を付けてください)

 

「フェーンブロック」の効果は日焼けによるダメージを軽くすることで、日焼けそのものを予防する効果はないようです。

 

紫外線そのものをブロックするのではなく、紫外線で受けたダメージをその場で修復していくイメージで、日焼けでシミやしわができるのを予防するものです。

 

なので日焼けの予防に「塗る日焼け止め」は必ずあわせて使います。

 

{228490CB-C5AF-4458-966D-7D0AA5B78D32}
用途に合わせて安いのからまぁまぁ高いのまで。他にもう一つ写真を撮り忘れた日焼け止めを持っていきました。

 

ヘリオケアは飲んでから30分後から効き始め、約5~6時間その効果が持続するとのこと。

 

今回ハワイでは外で活動することが多かったので、朝とお昼過ぎに2度飲みました。

 

結果、10日間のハワイ旅行ではほとんど日焼をしていません。

 

(もちろん帽子に日焼け止め、サングラスはいつものようにしていました)

 

次の記事