ハワイの夏の心温まる風物詩〜ボンダンス=盆踊り | ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島と日本で・・・
大地と繋がり、本当のあなたを思い出す。
宇宙と繋がり、あなたの可能性を広げる。
そんなリトリート、ワークショップに参加しませんか?

みなさま、アロハ!

 

突然ですが、皆さんは最近、

盆踊りに出かけましたか?

 

ハワイでは、日本からの移民たちが始めた

盆踊りが、日系人や地元の人々に愛され

ずっと大切に続けられていて、

いまも毎年あちこちで『Bon Dance』

が開かれています。

 

夏前になるとその年のボンダンスの

スケジュールが発表されるのですが、

6月から8月にかけてほぼ毎週末、

ハワイ島だけではなく他の島でも、

どこかの町や集落でボンダンスが

開かれています。

 

 

規模は・・・

小さなものから大きなものまで。

 

参加者の服装は・・・・

浴衣姿からタンクトップまで。

 

踊る曲は?

子供の頃に聞いた懐かしい盆踊りな歌から

今時のポッポソングから・・・

なんと、マイケル・ジャクソンのスリラーまで!

 

色とりどり、愛らしい、そして

心温まるBon Dance

 

 

先日、友人に誘われて屋台のお手伝いに

行きました。

 

小さな集落のボンダンス。

 

夕暮れ時にはもうピクニックチェアを

並べて楽しみに待つ人々。

(1枚目の写真です)

 

日本のように屋台が立ち並ぶ

華やかなイベントではなく、

アンダギーやスパムムスビの屋台と

お手伝いしていた焼きそばの屋台くらい。

 

せっかくだから・・・と

焼きそばを買いに来てくれるのは、

見るからに日系な顔立ちの人から、

白人の人たちまで様々。

 

一緒に売られたのは、

『ポルトギーズ・ビーンスープ』

ポーテュギーソーセージと呼ばれる

ポルトガルから伝わったのかな?

ピリ辛の太いソーセージと野菜を

煮込んだ豆のスープは地元でも

よく飲まれるスープの一つ。

 

焼きそばとの組み合わせが

ハワイらしい。と思いながら、

『野菜焼きそば?チキン?』

とたずねながら、うれしそうに焼きそばを

持っていく人たち、楽しそうに踊る人たちを

眺めながらの楽しい時間でした。

 

 

最後の数曲、私たちも飛び込んで

踊りました。

 

飛び込んでという表現になるのは、

みんな振り付けをかなりちゃんと

覚えていて、どんな曲がかかっても、

踊る人の入れ替わりはあるものの、

まるで練習してきたかのような

完成度で踊る人たちなのです。

 

「9月から翌年の夏まで隔週で集まって

練習しているる人たちもいるよ」

と、友人が教えてくれました。

 

さもありなん。

ステップも複雑

回転もあれば、手ぬぐい技まで繰り広げられる

高度なボンダンス。

 

楽しむのが一番と、

足はもつれながらも、

笑顔でみんなとぐるぐると。

 

生演奏もあり。

 

 

来年はもっとあちこちのボンダンスを

楽しみたいなと感じたボンダンス。

 

 

こちらの写真はこれまた小さな町、

ホノカアの盆踊りから。

今年で116年目だそうです。

 

どんな風に踊っているのか見たい!な

あなたは、こちらのリンクから。

 

Big Island Video News

8月25日のホノカアの盆踊り

 

来年の夏にハワイ島に来られる方は、

日程が合えば、好きな町のボンダンス、

参加してみてくださいね♡

 

心からのアロハを込めて

Keiko & Emi