カカオと黒糖だけの手作りチョコレート〜Timeless Chocolate〜 | ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島と日本で・・・
大地と繋がり、本当のあなたを思い出す。
宇宙と繋がり、あなたの可能性を広げる。
そんなリトリート、ワークショップに参加しませんか?


テーマ:

みなさま、アロハ!

 

今週のミートレスマンデー記事は

再び沖縄へ!

 

牛しっぽ牛からだ牛あたま 豚 鳥 羊

 

今回の沖縄の滞在では、地元の素材を

大切に使った美味しいものを作る人たちや

お店が印象に残っています。

 

そんなお店の一つがこちら。

Timeless Chocolate

 

 

Bean to Bar

=豆からチョコレートのバーへ

(板状になったチョコレート)

という考え方で地元の原材料を使い、

地元で製品にまで加工するという

考え方です。

 

ハワイ島でも島産のカカオで作った

チョコレートが増えてきていますが、

タイムレス・チョコレートが始まった

2014年では沖縄初のビーントゥバーな

お店だったそうです。

 

 

 

黒糖と一言で言っても、さとうきびが育つ

島それぞれで味はさまざま。

 

その黒糖の香りや甘さの違いを生かし、

カカオの産地によるカカオの香りの違いも

生かしてタイムレス・チョコレートの

チョコレート達は作られています。

 

カカオとサトウキビだけで作られていて、

保存料、乳化剤など無添加。

 

おまけにカカオバターですら使わずに

大切に作られたチョコレート達。

 

お店ではそれぞれの違いを味わえるように

サンプルが置かれています。

 

 

元の黒糖(ザラメのサラサラな黒糖)

そしてカカオ豆↑そしてチョコレート⤵︎

すべて味わってから好きなものを

選べます。

 

 

チョコレート大好きではありますが、

それほど味がわかるとも思えない私でも、

一つ一つの産地 x 黒糖の違いが

それぞれの美味しさを際立たせていることが

わかりました。

 

お店では、作っている様子もガラス張りで

見えます。

 

<カフェスペースの奥のガラスの向こうでは

チョコレート達が作られていました>

 

カフェでは、コーヒーなどに加えて、

カカオの豆のお茶やカカオのパルプ

(繊維)の部分のジュースなども

楽しむことができます。

 

 

沖縄本島に立ち寄ることがあれば、

ぜひ、北谷の工房兼カフェで

沖縄らしいチョコレート

味わってみてくださいね。

 

沖縄県中頭郡北谷町美浜9-46 

 ディストーションシーサイドビル2F
098-923-2880
営業時間:11:00〜19:00

 

心からのアロハを込めて

Keiko & Emi

Keiko & Emiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス