あなたは海のゴミを拾いますか??? | ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島と日本で・・・
大地と繋がり、本当のあなたを思い出す。
宇宙と繋がり、あなたの可能性を広げる。
そんなリトリート、ワークショップに参加しませんか?


テーマ:

みなさま、アロハ!

 

先日の記事でお伝えしました

世界中で一斉に海のゴミ拾いをしよう!

という『国際海岸クリーンアップ』の日。

 

「今週末に近くの海に拾いに行くよ!」

という方もいらっしゃるかもしれませんが

 

「なんで、わたしが海のゴミ拾いを

しないといけないの?

ゴミのポイ捨てしないし、海では遊ばない」

と、感じた方もいらっしゃったかも・・・

 

<小さな子供連れがとても多かったのが印象的でした>

 

15日、地元のサーフライダー財団が

ヒロ湾(ヒロベイ)にて開催した

ビーチクリーンアップに参加しました。

 

もちろん、私たちも海やビーチに

(どこでもですが!)ゴミは捨てません。

 

日頃から、見つけたら拾います。

 

では、なぜ、他の人が捨てたゴミを

わざわざ拾いに出かけたのか?

 

<みんなで拾って2時間もしないうちにこんなに集まりました>

 

 

理由はいろいろありますが・・・

 

日頃一人や自分たちでしていることを

みんなですると連帯感を感じられて、

より楽しいラブラブ

 

そして、何よりも、

ホヌやアザラシを始め多くの海の生き物たちを

私たちが生み出したモノで苦しめるのは

いやだから。

 

そして・・・

ゴミが海にたどり着く経路は

ポイ捨てだけではありません。

 

風で飛ばされたり、

洪水や津波で流されたり、

気をつけて日々を暮らしているつもりでも、

不可抗力で海にたどり着くゴミも

多いと思うのです。

 

そうすると、私たちが使ったものが、

知らない間に、海のゴミになっているかも

しれない・・・

 

<砂に埋もれた緑のプラスチック。

もともとはなんだったのでしょう?>

 

 

私たちが参加したヒロ湾でのゴミ拾い。

大きなゴミは意外に少なかったのですが・・・

 

一見、何も落ちていないクリーンなビーチ。

ですが・・・よく見ると、木々など自然の

漂着物に混ざって、隠れるように、

小さく砕けたプラスチックたち。

 

 

 

地層の一部のようになっていますが、

カップ麺の容器が割れた?ものやら

釣り糸やら・・・

 

 

<右下の方の??な白いものが絡まった釣り糸です>

 

 

先日の記事でお伝えした

『そのストロー必要ですか?』

で話題になった使い捨てのストローも

やはり落ちていました。

 

使い捨てのストローが

どのような影響を海の生き物に

与えるのか?

 

あんなフニャっとしたものが・・・

どんな影響を?!

と思う方も多いと思いますが。

 

スタバやマクドナルドが

驚くほど早く世界的に使い捨てのストローを

やめて紙ストローに変えると決めた背景は・・・・

(私はストロー自体をどうしても必要な時以外は

使わなくて良いのではないかと思いますが)

 

鼻からストローを吸い込んでしまったウミガメ。

 

それを抜こうと努力するボランティア。

 

鼻から血を流して苦しむウミガメ・・・

ネットに流れたこの映像に、

世界中の多くの人が反応したからです。

 

その反応は、蜘蛛の巣のようなインターネット

の上に雫を落とした後の波紋が広がるように

反復して、増強して、大きなエネルギーとなり、

響き、広がったからだと、私は思うのです。

 

 

<帰りに振り返るとこんな手書きのサインが。

『信仰』『希望』『愛』そして『諦めるな!』>

 

みんなが

「これは違う!」

「状況を変えたい」と望めば、

そこから変化が始まります。

 

ストローで始まったこの流れが、

その他の使い捨てのプラスチックに

続き、そして使い捨てではない

プラスチックの処分方法などにも

広がっていくことを

願っています。

 

 

ホヌ大好き!というあなた。

日常生活でのあなたの選択が

大好きな生き物を助けることも

あれば、苦しめることもある。

 

 

<ハワイ島ヒロらしいのんびりとした集まりでした>

 

 

少しでも、状況が変わることを

祈りながら、一緒に拾いませんか?

 

心からのアロハを込めて

Keiko & Emi

Keiko & Emiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス