キラウエア火山の噴火と私たちの暮らし〜今日のハワイ島 | ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島と日本で・・・
大地と繋がり、本当のあなたを思い出す。
宇宙と繋がり、あなたの可能性を広げる。
そんなリトリート、ワークショップに参加しませんか?

みなさま、アロハ!

 

ハリケーンが予想よりも南にずれて通過!

嵐の後のとてもクリアな朝でした。

 

夏のロミロミ・リトリートも無事に終わり、

今朝、解散しました。

こちらは後日、レポートいたしますキラキラ

 

 

ハリケーンが大型になりつつあるとの報道を

見たときは、(5段階のうちの4にまで!巨大に

なっていました)4年前のことを思い出しました。

 

 

4年前・・・・

8月にハリケーンが熱帯低気圧にサイズ・

ダウンしたものが、プナエリアを通過。

 

「赤毛のアンみたい!」

と参加者のみなさんが大好きだった

ツリートンネルの木々が倒れてトンネルが

なくなり、Hale Hoʻoponopono Olakino

の周りの森の木もたくさん倒れました。

 

木がたくさんの電柱を巻き込んで倒れ・・・

停電が2週間も続きました。

 

 

電気が戻った9月。

 

キーラウエア火山のプウオーオー火口

からの溶岩が近くの町パーホアに

向かって流れているとの報道。

 

向かってくる溶岩で焼ける森からの煙。

装甲車やパトカーが集まり物々しい気配。

 

そんな日々の中で、

「ヒロへの道が溶岩で断たれてしまうかも」

と、住民たちは不安な日々でした。

 

 

<パホアのゴミ捨て場に流れ込んだ溶岩>

 

今年も溶岩とハリケーンのダブルパンチ

なのだろうか?

 

溶岩で十分被災して困っている人たちがいる

こんな時にハリケーンでプナだけではなく、

もしヒロまでもが被災したら大変なことに

なると心配でしたが、南にずれてくれました。

 

<亀裂8番の溶岩>

 

数日前には・・・

急に亀裂8番からの溶岩の流れが

止まりました。まだ溶岩がありますが、

もう流れ出していません。

 

<亀裂8番から流れていた溶岩が固まっています>

 

そしてキーラウエア火山の山頂で

続いていたクレーターの壁の崩落と

伴う地震や多発していた地震も止まり・・・

 

<随分と姿と気配が変わったキラウエアの

クレーターとハレマウマウ火口。左手の白さは灰です>

 

と大きな変化が続いている1週間ほど。

 

 

ハワイ島のコナサイドでは雨が降らず、

大規模な山火事が続いていて、

かなりの面積が燃えました。

 

島の反対側にたくさんの雨を

送りたいと祈っていたら・・・

 

今度は一昨日、ボルケーノの山頂

近くの牧場で山火事が発生。

 

ハリケーンからの風で燃え広がり、

たくさんの古く大きなオーヒアやコア等

が残っている数少ない貴重な原生林が

燃えています。

 

 

 

今朝のクリアな晴天でマウナケアは

輝いていましたが、山の裾を火事の煙が

たなびいていて、悲しくなりました。

 

 

<バードパークをロミロミのクラスの生徒さんと

歩くロクサーヌ先生>

 

この森はロクサーヌ先生も大好きな

『バードパーク』もあるキープカ

 

キープカとは過去に溶岩が流れた時に

溶岩に飲まれずに生き残ったエリアを

さします。

 

この森は世界的にも貴重な原生林。

 

私も大好きな不思議な優しいエネルギーが

溢れる美しい森がある場所。

 

 

海の大好きな場所が次々と

溶岩の下に飲まれていきましたが、

山の大好きな場所は焼かれて

なくなっていくかもしれない。

 

自然のサイクルなのかもしれませんが、

悲しい思いは溢れます。

 

全てが穏やかに治るように

祈る時間が続いています。

 

心からのアロハを込めて

Keiko & Emi

Keiko & Emiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス