Life in Puna! 〜楽園なブラックサンドビーチ〜輪になってドラムを叩く。輪の中で踊る。 | ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島でヒーリング 〜みんなと一緒に幸せに生きる〜

ハワイ島と日本で・・・
大地と繋がり、本当のあなたを思い出す。
宇宙と繋がり、あなたの可能性を広げる。
そんなリトリート、ワークショップに参加しませんか?

みなさま、アロハ♡

 

Hale Olakinoがあるのは、

ハワイ島の東サイドのヒロエリアの

南に位置する『プナ』というエリア。

 

日本のガイドブックでもあまり登場しない

ハワイ島の中でも手つかずの自然が残る

美しいエリアなのです。

 

そんなプナをご紹介するのが

『Life in Puna! 』

 

溶岩の真っ黒

海の紺碧(海がとても深いのです)

そしてジャングルから森までの豊かな緑

 

原色のコントラストが美しいエリア。

 

今日は私たちが日曜日に出かける

プナらしい黒砂のビーチのご紹介。

 

 

プナエリアの海は基本的に・・・・

 

切り立った崖に紺ぺきな海。

 

溶岩の黒い石のコロコロしたビーチ。

 

キラキラなまっ黒な砂のビーチ。

 

<溶岩が砕けて小さくなり海に洗われて

丸い石になっていきます。石の中には

カンラン石が含まれていたり>

 

このメタリックや光るような真っ黒と

深いブルーの組み合わせを見ると、

「あぁ、プナだなぁ」と感じます。

 

そんなプナの中でも、崖を降りると

そこに現れるこの小さな黒砂のビーチは、

日曜日にはドラム・サークルが開かれ、

たくさんの人が集まるビーチ。

 

<海と崖の間の小さなビーチ>

 

走り回る犬や裸ん坊の子供達。

 

大人の中にも年齢や性別を問わず、

トップレスから全裸の人まで様々です。

 

ここは州のビーチパークでないため、

(個人所有の土地)服を着る必要が

ないのです!

 

年々、水着を着ている人が増えている

ように感じますが、最初に訪れた時の

第一印象は「エデンの園」でした。

 

見せるために脱ぐのではなく、

それが自然で心地よいから何も

身に纏わない。

 

そんな人たちにとっては、楽園キラキラ

 

それぞれのドラムを持ち寄り、

即興でリズムや流れをみんなで楽しむ

ドラム・サークル。

 

プナらしい陽気なエネルギーを感じます。

 

<プライベートリトリートの参加者と

ドラムサークルに加わりました>

 

ドラムの輪の中で踊る人、

周りでのんびり踊る人、

ただただ眺める人。

 

それをまた眺めている私。笑

 

みんなで、「いま」を楽しむ。

そして、これは音を通しての祈り

なのだなと、天に向かう音に包まれて

感じました。

 

一人では訪れにくいこんな場所。

 

プライベートリトリートや

プライベートツアーでご案内しますドキドキ

 

 

 

「既成概念が吹っ飛んだ!」

 

「とにかく楽しむことを楽しみました。」

 

「こうやって昔から人は集まり

太鼓を叩き、踊ってきたんだな。

と、太古と今が繋がりました」

 

「恥ずかしいと思ったけど、

自然のままに過ごすことって、

楽で気持ちいいのですね。」

 

こんな時間を私たちと過ごしませんか?

ご興味ある方は、お問い合わせくださいね。

 

ホノルル滞在中の1日をプナで!などの

リクエストにも今なら対応可能です虹

 

心からのアロハを込めて

Keiko & Emi