妊娠12週に入りました。
昨日はパートナーと有休とって胎児ドックを受けに六本木へランニング
胎児ドックは、主にダウン症のリスクがあるか確率を調べてもらうものです。

娘の時はまだ20代だったし妊娠中に元夫と別居になったり色々波乱すぎて出生前診断というのは知ってはいたものの受けはしませんでした。

今回なぜ受けたかというと、妊婦健診の時に『産婦人科で出生前診断を受ける場合は早めに申し出てください』という張り紙がありまして。

それを見て、年齢のこともあるし私には持病があるので、受けた方がいいのかな、、という気持ちになりました。
それでネットで調べてみると初期に受けられる胎児ドックというものがあるということを知りまして、私の通ってる産院にはないのだけど都内にいくつか受けられるとこがあることも分かりました。
でも、受けたところでもしリスク高いと言われたらどうするんだろうもやもやともやもや。

パートナーに相談しました。
彼は『大事なことだもんね。でももしリスク高いと言われて赤ちゃん諦めるの嫌だよね。』と。同じ気持ちでした。

蓮花が安心して出産を迎えられるためにも受けようか』とも言ってくれました。

結果はどうあれ、とにかく安心のために受けてみようか!という意見が一致し、調べた病院の中で良さそうだと思った六本木のクリニックを予約。そして行ってきたという流れです。

お腹の赤ちゃん初めての腹部エコー。
パートナー同伴も初めてですニコニコ
先生がモニター見ながら説明してくださいます。
ダウン症の子だとこの時期首の浮腫みがあることが特徴なんだけど、この子は浮腫み全然ないね。大丈夫だねー。
首の浮腫みがあるかないかは一番気になってたので最初にそう言ってもらって安心しました。

あとは背骨や頭や手足の指の数も数えてくれて全く問題なしとのこと。鼻が高い子ですって言われました爆笑彼似だわ!

ちょっと赤ちゃん動かしてみようか!』と先生がお腹を軽く叩くと赤ちゃんがもぞもぞ動いて可愛いラブラブ

100%大丈夫とは言い切れないけど、確率としてはかなり低いとのことでした。
確定できるのは羊水検査だけど、破水するリスクもあるしパートナーが『羊水検査だけは絶対受けさせたくない』と言っているし私も羊水検査まではしたくないのでこの初期胎児ドックはエコー見ながら先生が説明してくれるし受けてよかったですニコニコ

帰りはつるとんたんへうどんを食べに行きましたピンクハート
明太クリームのおうどんラブ
美味しかった~また食べたいなラブラブ