扱いにくい我が家の逸材。 | 南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

ハワイ親子留学サイトの編集長さんに励まされブログ始めました。
「憧れのハワイでの子育てについて…」ですが、
子育てに、家事に、仕事に、駈けずり回って1日はあっという間。
それでも、ため息をついた時に見上げた青空に、山々にかかる虹に励まされ頑張っています。


テーマ:

今週末はやっと、やっと
イースターの飾り付けをしました。


もう後1週間でイースターだからね。



で、今日は毎回の季節のデコレーションを
率先してやってくれるコボちゃんの話。


(お面、シッカリ顔に被っちゃうと
何故か変質者的に見えるわね〜〜びっくり)


このブログでもコボちゃんの形容詞にもよく使う
「社会をナメくさった子」な行動なのがコボちゃん。


そりゃ〜〜〜〜ぁ、育てるのが大変な子。笑い泣き



だって、特に天皇陛下献上品にもなれるレベルに
聞き分けが良くて、サッパリな性格で、
世の中的に良さそうな方を勝手に自分から選んでくれる育てやすいラニの後に、



天からの挑戦状的にマミーの下に生まれたのが、
基本大人の言う事を聞かない、頑固で、
やりたければ全部無理にでもやろうとする
コボちゃんだからね。滝汗



1人目とのギャップが尚更、
高齢の母にはかなりしんどい。笑い泣き


だって、一つも一筋縄じゃぁ行かないんだから。ニヤニヤ



でもね、なんか思うのは、
もの凄い逸材に当たったなって感じがある。グラサン


だって、コボちゃんから出てくるエネルギーが
良い時も悪い時ももの凄く強いから。メラメラ




コボちゃんを育ててみて、散々苦労して、
一筋縄じゃいかないから、アレやってみて、
コレやってみて、って試行錯誤しながら分かってきた。



大人にとって育てやすい子って、つまりは
大人が扱いやすい子、
大人の言う事を聞いてくれる子、のことだ。


そう、ラク(楽)〜。





でも大人に都合がいい子供ほど、
子供から出てる子供自身のエネルギーがそれほど
強くないように思う。
それが大人が御し易い理由にもなってると思う。
(あ、だから「大人しい」って書くのか!?)




大人に「こうして」と言われたら、それが自分の真意じゃなくても「分かった〜」と出来る子には、他にやりたい事があったのに我慢できるエネルギーがあるんだけど、


裏を返すと、「やりたかった」事へのエネルギー(執着)が「我慢できる程度」だった、とも言える。
*社会人としてある程度の我慢は、
特に時と場合によって不可欠ですがね。




だから変な話、子供の頃に大人の云うなりになってて、大人になって世の中から抜きん出て活躍してる人ってあんまり聞いたことがない。



大人の云う事を聞けた人が大成しないわけじゃああない。でも大成の仕方が、銀行とか会社の重役になってるとかそう云う地味な方面が多いんじゃない?(かなり勝手な先入観?) だって、人の言うなりになれる人は、従える人だから。



例えばね、

「この箱大切なものが入ってるから触らないでね」


って言う一言で、



大人がそう言ったから

そう出来る子もたくさんいる。
けど、そこに子供の強いエネルギーはあるの?




コボちゃんだとこうなっちゃう。

「えー、何が入ってんの?」


ここまでは殆どの子供が聞くこと。



そこでコボちゃんは、


「コボ、見たい!!」

と、なる。



ここで見せてあげないと納得しないので
手付かずでは置かせてもらえません!!笑い泣き
(返ってそんなこと言わない方が気を引かないで済むこともある。)



そこで出して見せてあげる。
それが珍しいものだったりしたら、

「触ってみたい!!」


触らせてあげられないものだったら、
その理由を説明して納得させないといけない。


すぐ壊れる素材だからとか、
そうすると何で出来てるとか、


古いから壊れやすいとか、
そうすると何年くらい前に作ったものかとか、


ぜーんぶお話する。


そうすると、「おぉ〜分かった!それは触ったらマズいね〜〜!!」って、やっと納得了解。



そう、とにかくこう言う子供は…、


七面倒臭い!!


笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き


(タイミングが気分と合えば凄く集中出来るの。タイミングが合わないと?籠城する犯人説得の勢いが必要。又は別の機会を見計らうか。。。)

(凝り性でもあるから、お手本を「この辺りから始まって〜」ってもの凄く几帳面に見て慎重に書ける。「を」なんて、どこか形が気に入ったらしく、横にもう一つ書いちゃったもんね。)


だから、コボちゃんを育てるのは、
実にこの七面倒臭い作業の繰り返しで、
高齢の母は精神的にもヘトヘトなんですが、


その代わり
エネルギーが凄いので、
エネルギーがスイートな方向に使われると、


役立つ発明品を作ってくれたり、
頼んだ仕事の仕上がりが完璧以上だったり、
まだ6歳のくせに先回りして仕事終わらせておいてくれたり、(洗濯物取り込んで畳んどく、とかね)、
読み聞かせの本への感想がすっごい面白い内容だったりと、良いびっくりも毎日たくさんあるので
それを母ちゃんの栄養にしてます。ラブラブラブ


(今日は近所のお友達とお庭に作ったホームレス小屋で小1時間は遊んでたわ爆笑)


でもやっぱり「我慢出来ない」のはエネルギー強いだけじゃぁなくって、


自己コントロールが効かない=幼稚 


って部分も多いので、
そこに根気強くアタックしつつ、プンプン
年齢とともに良くなっていくまで、



コボちゃんみたいな子供に関しては特に、


丁寧に子育てする


って事を大事にして、
この類い稀なエネルギーを潰さないどころか
培養していかなくては、


と老体に鞭打ってます。


ほんっと、こっちも体当たり。。。



(ゲームのルールもやっと最近だいたいな場面で守れるようになってきたわニヤリ)



どんな大人になるのかなぁ〜〜?ラブ


45歳 vs. 6歳      


頑張るぞ!!
えいっ、えいっ、オー!!!

hawaii-nadeshikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ