一人っ子の子育てって・・・、 | 南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

ハワイ親子留学サイトの編集長さんに励まされブログ始めました。
「憧れのハワイでの子育てについて…」ですが、
子育てに、家事に、仕事に、駈けずり回って1日はあっという間。
それでも、ため息をついた時に見上げた青空に、山々にかかる虹に励まされ頑張っています。


テーマ:

もぉ・・・

楽勝ッ~!

 


始めにお断りしますけど、

一人っ子の親御さんに挑戦状など全く送ってませんからね~。

 


みなさん、事情も違いますし、

2人以上育てていてても、

2人と3人でも違うだろうし、

 

共働きか、どちらかが主婦/主夫か

でも違いますし。

 

とりあえず・・・我が家の話ね。

 

 

 

昨日の朝からラニが3泊の修学旅行キャンプに出かけて

昨日のお迎えからコボちゃん一人っ子。
 


昨日の半日、今朝、一人っ子のお母さんですが、
 

もぉ~~~・・・
 
拍子抜けするほど
時間と気力が余りまくり~~!
 
 

まずね、
なんてったって、
くっだらない子供同士の小競り合いがないって、
平和だぁ~~。
 
 
せせらぎが流れるように時間がすぎる~。好
(なんなら鳥のさえずりすら聞こえるわ)
 


子供の数が半分だから
使うエネルギーも半分じゃないのよ。
 
半分以下!!
 
 

昨日なんて、
二人で和やかに話をしながら、
歌を歌いながら学校から帰ってきて、宿題して。
 
ちょっと困ったのは、
コボちゃんに遊び相手がいないから、
すっごい庭に引っ張りだされんの。
 

それでも、争いはないから
相手しながらたまにお台所に帰ってきて
火を調節したり。
 
結局は丸め込んで一緒にお料理して。
 
昨日はラニが嫌いな長ネギたっぷり使ってよだれどり。



ご飯食べて、シャワー終わったら、
二人で日本の温泉番組見ながら
連休後で山のように積みあがった洗濯物を畳んで。
 
コラショ時計にコラショ「寝る時間だよ~」って呼ばれて、お休み~。ぐっすり
 
 
 
だって、普段だったらね、まず食卓で二人で
宿題やりながら5分毎に中断されて、
 
すてぃっち? 「もうちょっと集中してやったらぁ~?」
キューピー 「やってるよっ!うるさいなぁ~!ラニはお母さんじゃないんだから、人の事言わないでいいから自分のことやって!」
 

宿題中・・・
 

キューピー 「ね~、ちょっと、これ見てぇ~!上手に書けちゃった!ねー、ねー、見てって言ってんじゃん!」
すてぃっち? 「見たよ。あ~、ホントだ上手だね。(棒読み)」
キューピー 「ねー、なんでホントはそう思ってないみたいな、ウソっぽい言い方で言うんだよ!」
すてぃっち? 「はいはい、ごめん、今ラニも宿題やってるから、後で見てあげるから。」
 

宿題中・・・

 
すてぃっち? 「ねー、それより、今日お休み時間に先生に怒られてたの?」
キューピー 「ちがうよぉー。ちょっと注意されてただけ。」
すてぃっち? 「何やっちゃったの?」
キューピー 「知らない。」
すてぃっち? 「知らないじゃないじゃん!言いたくないの?」
キューピー 「言ってもいいけど、後でね。、」
すてぃっち? 「マミーに教えちゃってもいい?」
キューピー 「えーっ、自分で言いたいから言っちゃダメ~」
 
 
宿題中・・・
 

ね?
 
進まんのよね。
 
で、この合間、合間に
 
マ 「そうだよ、ラニは自分の方を終わらせちゃいなね。ほらっ、コボちゃんはちゃんと真っすぐ向いて書いて!」
マ 「いいから、じゃぁ、マミーが見たいから見せてみて!」
マ 「さ、二人ともさっと終わらせちゃって、そしたらみんなでお話ししよ。」
 
とかって、国境線で見張りしてなくちゃいけないじゃん?
 
してないと?
 

すてぃっち? 「マーミ~っ!コボちゃんがちゃんと集中してやってないから邪魔になるぅ~!」
 
キューピー 「マーミ~っ!ラニがケチだから見てくれない!」
 

とかって、出動要請を受けちゃうじゃん?
 

それから、昨日は普段ならラニの習い事が
ホノルルであるから帰宅するのが5時半になるけど、
昨日は下校時間ですぐ帰ってきたから3時。
 
今日だってコボちゃん空手だけど、
ラニのテニスの送り迎えないから、
いつもみたいに、
 
帰宅して~、
おやつ食べて~、
二人を乗せてテニスに送りに行って~、車
(一人じゃ置いていけないからね。)
コボちゃんにご飯食べさせて~、ごはん
空手に送り届けた足で車
テニスコートへ迎えに行き~、くるま。R
ラニと下ろしてダディーとご飯食べててもらって~ごはん
マミーは空手を見に行く・・・くるま。R
(たまにダディーに行ってもらうけど、見るの好きなのよね、アタシ)
なんて出入りを今日はしなくていいのだぁ〜。
 
 
しつこいけど
楽勝。
 


でもね、昨日は学校でお迎えして
先生と「さよなら」してドア閉めた途端、
 
 
 「あ〜、もぉ〜〜。」
 
 
何よ、学校でなんかあった?
 
 
 「今日からコボは一体誰と遊べばいいんだ
        よぉ〜?」
 
 
え…、それはラニがいないから?
 
 
「 そぉ。ってか、学校もチョットつまんなかった~。」
 
 
ヒェー、どれだけ依存してんだよ!爆  笑
 
と、思いながら、
それが兄弟だ、と思った。
 


5年間一人っ子人生を満喫していたラニは
きっと同じことは思わないと思う。
 
でも、生まれた時からラニがそばにいる
コボちゃんにはラニがいないと拠り所がないのね。
 
 


以前、ダディの友達で一人っ子を育ててるお父さんが
わが家に一人で来た時に、
 

わが家の二人がごちゃごちゃと
くっ付いたり離れたりしてるの見ながら、
そして、マミーとダディーが翻弄されてるの見ながら、
 
 
he2a 「やっぱり子供って、兄弟がいないとダメだよなぁ。こういう全てのやり取りがあって、それでも家族愛をお互いにもってるっていうのは、一人っ子には得られない感情だからなぁ~」
 

って言った。
 

そのお父さん、普段おっとりしてて、あんまり物申す感じじゃないから、わが家のドタバタぶりを慰めてくれてるのかと思って、
 

マ 「でも、もしお宅にもう一人いたら、今みたいにイージー(楽)ではなくなるよ。」
 
と返すと、
 

he2a 「もともと本当はイージーっていうのは、子供を育てる親が追求するポイントじゃないもんね。兄弟がいて、こうやって争ったり、譲ってもらったり、譲ったり、協力したりっていう環境を提供できるなら、その方がいいに決まってるよ。」
 
 
そうだ。すごい。名言だ。
一人っ子だって、子だくさんだって、人間を育てるのに、楽道(近道みたいな感じね)を探したら、子供に失礼だよね。
 
 
いいんだよ。
今時、機能的な抱っこ紐があるのにわざわざ浴衣の帯でおんぶしたりしなくても。そおゆうとこは勿論「」したらいいけど、産んだからには親それぞれの力を出し惜しみなしで全身全霊で育てないとね。それが愛情を注ぐって事だと思う。
 
 
 
だーけーどー、
あと数日、また怒涛の日々を乗り越えるエネルギーを充電するために、
 
一人っ子コボちゃんとまったりと息抜きさせて貰おうっと~。お茶ぶっ
 

hawaii-nadeshikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス