手作りツリーハウスに掛ける金額。(予算) | 南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

ハワイ親子留学サイトの編集長さんに励まされブログ始めました。
「憧れのハワイでの子育てについて…」ですが、
子育てに、家事に、仕事に、駈けずり回って1日はあっという間。
それでも、ため息をついた時に見上げた青空に、山々にかかる虹に励まされ頑張っています。


テーマ:
はいはい。
 
ではね、コメントでご質問受けた
手作りツリーハウスの予算ね。

 
分かるぅ〜〜!
誰かがとてつもないもの作り始めたら、

「で?因みにお幾ら万円かかるのよ?」って、

素朴な疑問。
 
 
まずね、
今回、何年も越しの妄想を実現させることになった時、敢えてダディに最初に予算の話は問いただしませんでした。


ヒャハッエラいッ、アタシ!!
ここアタシ大人になってきたわ〜〜。
端から端までコントロールしようとしないッ!!



素晴らしいッ!

自画自賛ッ!!
 


人を尊重してこそ、自分を尊重してもらえる!


って言う、美しい流れじゃなくってね、
散々、自分が尊重してもらってるから、任せてもらってるから、そらぁ、幾ら何でもそろそろ、その心そのまま人にやって差し上げないとなぁ〜〜と言う、曲がり曲がってやっと到達したとこね。爆笑



でもね〜、ダディって初めっから、
お金をジャンジャン遣う人ではないのよ。
でもって、常識的な金銭感覚の範囲にいる人なので。
 

ってか、
基本ケチ。(ドゥハッ!)

特に自分のものには。

トイレットペーパーじゃないと
勿体無くて鼻かめない人だからね。
 

だから、そんなに心配はしてなかった。
 

ただ、じゃボールパークは?
(なぜか英語だと「大体、おおよそ」の事をボールパークっていうのね。)
 


それを勝手にネットで調べたら、


image
相場として9000ドル~250,000ドル。(えっ!昔住んでたタウンハウスは290,000ドルだったがなぁ〜〜~!!!)
 

子供の遊び場としてのツリーハウス(または物見台的なもの)は8000ドル~15,000ドル。
 

構造的に寝泊まりが出来るしっかりしたツリーハウスは25、000~60,000ドル。
 

住居として居住出来るものは75,000~500,000ドル〜〜るるるるるるぅぅ。犬


でもね、これって、本当にツリーハウス。


この写真で見る様な高い高いところに
何階か建てで、屋根ついて、壁ついて、
窓付いてたり。。。。


レベル高ッ。。滝汗

 
わが家で作ろうと思ってるのは、
どっちかっていると物見台みたいな。。。
 
英語ではツリーフォート(砦)
っていうらしい。
 
 

というところで、ダディの見解は
 
manopa 「1000ドルかな。2000ドルはいかないようにする。」
 

って。
 

オーホホホッ…。
ホントに「おおよそ」でございますわね~~。

下と上がは違うやんけ!

 

ここで特に女の人だと感情が先に作動するから
 
え゛!子供の遊び場を手作りするのに10万円越え!
 
って、声がかかりそうですが、
(それが声に出さなかったマミーの「!!」の第一リアクション)
 
 

ダディの冷静な説明によると、
コボちゃん(6歳)が後10年、
ラニ(11歳)後5年思い切り使って遊ぶとして、
 
1000ドルだと最初の5年間を
1年に200ドルの投資だと思ったら
後の5年は元が取れてる。
1年に100ドルだっていいよ。
それでも10年後、子供が達が使わない年になったって元は取り終わってる。
 
で、大切なのは、
「安物買いの銭失い」になると元も子もないので、
直ぐに雨風で腐ったり壊れたりしない耐久性
高いところだから安全性
 
を考慮すると
これ以上はケチれないっていう限界値の値段がある。
 
 

あ〜〜、分かる、分かる。ちょっとケチったつもりで、サランラップを丁度で切り過ぎたら、ギリギリ過ぎて結局皿にギリで引っかからなくって、も一回余計に切って足した事とかね、、、あるある。

あと、百均で買っていいもの、悪いものってある感じでしょ?


ということで、
大体1000ドル
 
 

美しい説明だ。ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱち
 
いいんじゃない!?
 
 

造り始まってからでた予算の話ですが、
後からこんなサイトを見つけた。下差し
 
ツリーフォートを300ドルで作った
アメリカのお父さんの経験談。

 

 
そこに書いてあったけど、2011年にその家に引越して来た時から子供達のために作りたいと思ってたけど、作業が大変な事と費用が掛かるとが分かっていたため、なかなか実行に移せなかった、と。
で、このお父さんがいう当時(6年前)の大体の
底相場が000ドルがだろう、と。
 
 
でもって、$300ドルで作ったのはコチラ下差し

 

 

 

 

そして、このお父さん、1年後、5年後、って

年を追ってその後の経過を書いてて、ほんっとに

素晴らしいんだけど、

 


1年後にまず、



なんと、




この木が


死んだ。チーン

そら〜、まずいべ。。

 

 

 

 原因の一つが写真の赤い矢印右矢印のように、
木に直接ツリーハウスを釘で打ち付けて作ったから。


そぉ〜〜、ツリーハウスって本当はそうなんだよね。イメージとしては。

でも、うちは大事な食料源のマンゴーちゃんの木なので、木にダメージはノンノン。

そこで費用が高くなっても、
ポストを地面に埋め込む方法をとった。



それと、この300ドルのお父さんは床板はベニア板にしたんだけど、結局、劣化が早くて、何度か張り替える必要が出たらしい。我が家のあるカイルアは雨が多いからベニアじゃ更に速攻で腐っちゃいそうなのよ。

と言う事で、床板も費用がかさむ素材を選びました。
(TREXっていうプラスチック素材)

昨日は日中にマミーはコーキングの続きを終わらせました〜




さあ〜てと、

聴きたくなっちゃってきた頃だわね〜〜?



じゃ、いま一体いくら使っちゃってるのか…?




小耳に挟んだ様子だと、1200ドルは行ってんな…。


これ以降は、
レイル(周りの柵)に必要な木材とペンキ。


さぁ〜〜、
最終的にいくらでも完成するでしょう〜!?




知りたくねーッ!


完成後、ご報告しますので乞うご期待!

hawaii-nadeshikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス