落し物はパスポート、携帯、クレジットカードと現金50ドル。 | 南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

南国ハワイで頑張る母の日常 ~ えい、えいっ、オー!

ハワイ親子留学サイトの編集長さんに励まされブログ始めました。
「憧れのハワイでの子育てについて…」ですが、
子育てに、家事に、仕事に、駈けずり回って1日はあっという間。
それでも、ため息をついた時に見上げた青空に、山々にかかる虹に励まされ頑張っています。


テーマ:
今朝、ダディのお友達がいきなり玄関に現れた。
8時過ぎだったかな。


何かと思ったら、
朝、カイルアビーチへ運動のために泳ぎに行ったら
拾い物をしたと。


見せられたのはビックリ、
日本の旅券、アイフォン、クレジットカードと
現金50ドル。
(分かる!この念のため、現金50ドル忍ばせとく心境!)


打ち上げられてはいなかったけど、
そんなに深いところでもなかったらしい。


日本の旅券だったので、
帰り道に我が家によって何か持ち主を探す
手がかりが書いてあったりしないかと見せに来た。


ん〜〜、こんだけ身元はハッキリ割れててもね〜。
旅行会社のシールでも貼ってあれば、
電話してあげられるけど。


とりあえず、電源入らない携帯に万が一
本人から電話がかかって来た時のために
エサを与えることから始めた。



ん〜〜、デルタ航空でご旅行だってことが、
旅券に貼ってある小さなスティッカーで分かるけど、
航空会社って宿泊先なんか知らないだろうなぁー。
帰国便は分かるかもしれないけど。


と、思いながら、
結局は行くだろう在ホノルル日本国総領事館(正式名称書いてみたら長い…。)に電話してみることにした。


そういえば、今春子供達のパスポートの申請に
領事館へ赴いた際に、旅行中に旅券を失くして
帰国にために再発行手続きをしている人がその場に
2人もいて驚いたのを覚えてる。
結構やっちゃう事なのね。。。



とにかく、事情を話すと、何か参照されるデータがないか調べてから折り返し電話してくれるとのこと。


早速、5分で折り返しの電話が来た。



え?




昨日帰っちゃったのかぁ〜〜。。


もう既に、帰り道だけ使える仮の旅券を発行して
昨日ご帰国との事。クレジットカードはともかく、
携帯だけでも早く手元に戻って来てほしいだろうなぁ、と思ったが、


さすが、そこは領事館。

あっさりとシンプルなでも確実な対応で、


おとめ座「恐れ入りますが、仮旅券発行に際して警察署に紛失物届けを出していらっしゃいますから、最寄りのポリスステーションに届け出ていただけますか?」



って。


働いてた事あるから分かるけど、もしこれが旅行会社だったら、出来る限りの手を尽くして、本人に連絡して、出来るだけのものを希望があれば本人に届くように手配するけどね。(もちろん送料などはご本人持ちで)。


きっと、
この携帯でたくさん写真撮っただろうなぁ〜


なんて思いながら、

せめて新婚旅行じゃないといいなぁ〜。いきなり評価ガクンと下がっちゃいそうだし〜。盛り下がるし〜。

って、またお節介なことを考えながら、
案外早く充電が出来た携帯を見ながら、
それ以上首突っ込むわけにも行かないので、

領事館の指示に従って、落し物はカイルア警察署へ。


しっかしさぁ、

この防水ケース、丸一日以上、
水の中で全てのものを乾いた状態で保ってたって、


はい、

拍手〜〜ッ!!


ただ、この首に下げる部分(写真の赤マル部)
が取り外し出来るようになってるのが
たまに傷だったのね〜〜。


果たして警察署からは、
落とし主に連絡が行くのだろうか…。


その辺、

怪しいところである。。。


hawaii-nadeshikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス