エッグ・ベネディクトの別バージョン、エッグ・フロレンティーン。アラモアナのこちらのお店で♪ | さゆり in Hawaii

さゆり in Hawaii

「ワイキキ・ダウンタウン歴史街道ツアー」主催、さゆりロバーツのブログです。ハワイ在住ガイドが見たハワイとは!?

 
 
(あ、これ!エッグ・ベネディクトです…か⁇)
 
 
さてさて、
11月後半から1月頭までの1か月半は、
一年で一番、体重の増加が気になる時期でございますねあせる
 
体重の増加を気にし過ぎていると、
せっかくの楽しい時間が、なんだかな~キョロキョロという感じになってしまうので、
 
「食べる時は食べる!
その後は…後で考えるっ!」
 
この時期はこれをモットーに生きております爆  笑あせる
 
 
そんな中、
先日のラジオ収録が終わって、
プロデューサーのHさんと、
ランチをご一緒させていただきました。
 
場所はアラモアナセンター、
昔からロコに愛され続けているお店が、
ついにアラモアナ進出!ということで、
 
話題のお店でもあります。
そのお店は…
 
 
リリハ・ベーカリー。
 
メイシーズの3階、
元、有名なアラン・ウォン シェフのお店、
パイナップル・ルームがあった所であります。
 
このお店の始まりは、
カリヒという、住宅地にあるお店で、
本当にロコがヒョンとパンを買いに行くような、
こぢんまりしたお店であります。
 
パン屋さんコーナーに隣接して、
「町の食堂」といった感じのスペースがありまして、
 
全く気取らない、これまたロコがヒョンとランチを食べに行くような、
そんなお店だったのが…
 
今では広々としたスペースにオープンキッチン、
さらにしっかりパン・スイーツコーナーまで…
 
その成長ぶりにつくづく感心いたします照れ
 
こちらのお店のアラモアナ店は、
オープン当初からかなり話題に。
 
オープンしたてのお店は、どこもたっくさんの人が集まるので、
いつも、ある程度落ち着いた頃に行くようにしているのですが、
 
リリハ・ベーカリーのアラモアナ店は、
なかなか落ち着きませんあせる
人気なんですね。
 
メニューを見た時に、
人気の理由が分かりました。
 
image
 
ハワイらしいメニューの豊富さと、
そのお値段が、立地の割にすごく良心的音譜
 
なので、
メニューを渡されてから、
一つに決めるのに、ものすご~く時間がかかりましたあせる
どれも食べたいあせる
 
悩んで悩んだあげく、
名前が素敵な、こちらにしてみました。
 
Eggs Florentine(エッグ・フロレンティーン)。
 
 
エッグ・ベネディクトという、ハワイの朝食メニューでも人気の料理の、
ちょっと違ったバージョン。
 
ほうれん草が使われています。
 
こちらのお店の卵部分は、
フワフワオムレツ風になっていて、
(メニューの説明では、スクランブルエッグとのことですが)
 
ベーコンかエビが選べるようになっていたので、
エビにすると、
オムレツの中にエビが入って登場しました。
 
 
オムレツ部分は、体のことを考えてくれているような塩加減。
その下の、コーンブレッドが、
しっかり塩味の効いたバターがタップリしみ込んでいるようで、
 
合わせて食べると、もうバッチリ!
これはもう、満足度高し!であります。
 
Hさんは、パンケーキを、あえての1枚。
そこに、ポークソーセージを合わせました。
 
パンケーキ、1枚でいいの?と、
おせっかいながら気になっていると…
 
 
いいんです、1枚がちょうどいいあせる
1枚がかなりの大きさでありました。
 
クリームのような白いものは、
実はバターという、ひねった演出がまたいいですね。
 
お料理が出てくる前に、
ポップオーバーという、柔らか~いパンに、
バターが、これでもかっ!というほど染みこんだものが運ばれてきました。
 
 
真っ赤な、本当に真っ赤なグアバ味のソース。
 
バターの塩辛さと、ソースの甘さ。
しょっぱいのと甘いのが、一緒に口に入ると、
なぜか美味しかったりしますよね。
 
そんな世界が、このお店には広がっていました。
 
Hさん、ご一緒させていただいて、本当にありがとうございました!
ガイドさゆりはこれから、結構通うお店になると思いますグッド!ニコニコ
 
お向かいにある、ベーカリーコーナーも、
パン好きなら見逃せません。
 
 
さてさて、
年末に向けて、パーティーの機会が増えていきますが、
 
つい昨日のサンクス・ギビングデー。
 
一般的には、ローストしたターキー、
パンを小さな角切りにして、野菜などと混ぜてターキーのお腹に入れて一緒に焼いた、
スタッフィングと呼ばれるもの、
マッシュしたジャガイモやヤムイモ、クランベリー、パンプキン・パイ…
 
と、お正月のお節料理のように、
決まった料理があるのですが、
 
我が家のサンクス・ギビングディナーは、
明日の土曜日ということになっているので、
 
サンクス―の日は、こんなものを食しました。
 
コストコで見つけた…
 
 
トマホークという名の牛肉。
 
肋骨がもれなく付いてきますあせる
トマホークとは斧の一種。
確かに斧に見えますよね。
 
こういう、いかにもパーティー料理になるものに関しては、
ガイドさゆりは全くノータッチであります。
全部、我が夫の担当グラサン
 
なんせガイドさゆりは、別名ズボラシェフさゆり。
パーティー料理は、ズボラシェフの手には負えませぬ~音譜
 
 
厚さ5㎝にもなる、巨大なお肉。
焼くのも難しい大きさです。
 
さて、我が夫はどうやって火をとおしたのかというと…
 
 
味付けしたお肉を、真空パック専用バッグに入れて、
空気を抜き…
 
お湯の温度が一定に保てる機械の中に入れて、
低温でジックリと調理していました。
 
その後、封を切ってお肉を取り出し、
鉄製のフライパンで表面を焼く…という方法で、
 
 
ステーキらしい風貌になりました爆  笑
 
もっのすごく柔らかくて、
食べだしたら止まらなくなる美味しさ笑い泣き
 
最後に焼き目を付けるという、
逆転の発想のおかげで、
 
こんなに分厚いお肉でもしっかり火は通りつつ、
柔らか~く仕上がりました。
 
ちょっと我が夫を褒めてあげましょうかグッド!
 
またぜひ食べたいものであります。
 
と、そんなわけで、
美味しいものが目の前に並ぶ機会が多い年末。
 
「食べる時は食べる!
その後は…後で考えるっ!」
 
皆さんもぜひ、こちらのモットーで、
楽しい年末の日々を過ごしてくださいませウインク
 
 
ブログ更新への励みになります、クリック/タップ、お願いいたしますおじぎ