~駿祐のぐるぐるthinking~ -2ページ目

もし「女とお酒があればいいんだよ」を実践すると。

2011年7月3日(日)

9時起床。さすがにバスで18時間乗っていたから、腰が痛い。この旅で、腰が痛いと言わずに済んだ移動がない。。。泣

朝ご飯を食べに行く。サンドイッチが本当に美味しい。ここらへんはフランスとの歴史上の関係が強くて、こういうパンが美味しい。値段も安く、100円ほどで食べられる。ありがたい。

ホテルに戻り、少し休憩してからアメリカ人のおじいちゃん、Neilとヴィエンチャン観光に出ることに。ヴィエンチャンは広くなくて、一日で頑張ったら回れる大きさ。梅田と中崎町ほどの大きさです(本当に)。

地図をネットで検索し、iPhoneのスクリーンショットで画像を得る。こういう使い方が海外ではwi-fiでできるっていうのは、本当にありがたい。これまでは地図を買わないといけなかったのも、Google Mapなりで得ることができる。

初めに向かったのがWat Sisaket(ワット・シーサケット)。1818年にKing Anou Vongによって建立されたヴィエンチャン最古の寺院。ヴィエンチャンで唯一、建立された当時の形を保っているらしい。とはいえ、施設内は修繕作業ばかりやったけども。本堂と回廊の壁に約6800もの仏像が安置されていた。でも、目に嵌められていた宝石だったり、酷いものは頭部ごと持ち去られている物があった。これは戦争で失われたり盗賊が盗んだりしたとされている。

~駿祐のぐるぐるthinking~

$~駿祐のぐるぐるthinking~



決して広くはないスペースに、本当にたくさんの仏像が置かれていた。その一つひとつに表情がある。だからこそ、それを奪った過去が憎い。どうしてこんな安らかな仏像を作れる人間が、同じ人間によって壊されるんや。。。

$~駿祐のぐるぐるthinking~
首がない。目の宝石がない。表情が奪われる。


1時間ほど観て回り、次に凱旋門に向かう。フランスの凱旋門を模して作られたらしい。その道中にモーニング・マーケットがあったので、そこで40分ほど過ごす。ここは地元の人がよく使うマーケットで、あまり旅行者向けのものはなかった。ただ、そこで売っていたストールがとてもいい色で綺麗だったので購入。Neilと共にぷらぷらと回る。洗濯機や携帯まで売っていた。

$~駿祐のぐるぐるthinking~
モーニングマーケットと言いつつ、普通に夕方まで営業する。笑

$~駿祐のぐるぐるthinking~
韓国製が何気に多かったです。

やっとの思いで着いた凱旋門は、やっぱり大きかった。ここまで歩くのに疲れて、上には登らなかったけど。300円はちと高い。。。ここでお昼ごはんを食べた。一皿で足りず、他のご飯も食べたら多かった。Neilに笑われちゃった。

$~駿祐のぐるぐるthinking~
大きい。。。

少し休憩を入れて、革命博物館へ。すごい名前。

ここで1時間ほど潰した。1階は何てこと無い文化紹介。若者やラオスの村の人々が携帯を使うことに関して様々な検証がされていたり、ラオスの人々の伝統的な衣装や料理などの紹介がされていたり。クーラーが効いていて涼しかったので、しばらく休憩していた。

2階に入ってからが衝撃的だった。ラオスがフランスから独立するまでの闘争、ベトナム戦争時のラオス。それらの時代を写した写真と文章がたくさん並べられていた。こんなにも穏やかで人懐こく、落ち着かせてくれるラオスの人々が自動小銃を持ち、人を殺している。その衝撃は吐き出しきれなくて、案内してくれていたラオス人の女性とのアンバランスさに頭がついていかなくなった。

どうして、人は殺し合うことができるのか。なぜ、あんな神々しい仏像を作ることができる人が殺し合わなければいけないのか。理解出来ない。理解しようとすることがおこがましいのかも知れない。

外に出ると、4時を回っていた。もう歩き疲れていたのでゲストハウスに戻って休む。Neilは相変わらず外に出ていった。63才で、どうしてあんなにも元気なんやろうか。やっぱり、女の子とお酒なんやろうか。。。

7時頃に二人で晩ご飯を食べに行った。近くの食堂でご飯。やたら大きな魚があって、これ何やろーって思って注文した。出てきたのは、まさかのトムヤムクンという。。。ここに来て、タイのトムヤムクン。味は一級品でした。600円したけど。。。

$~駿祐のぐるぐるthinking~
タイのと同じ味付け。おいしい。

$~駿祐のぐるぐるthinking~
夕暮れ時のメコン川沿い。

ゲストハウスに戻り、ゆっくりと時間を過ごす。Neilは4時間のお昼寝を挟み出て行った。時間は夜の11時。こんな時間に散歩って。。。そして、1時半になっても帰ってこない。さすがに焦る。どこかで襲われてないだろうか、酔いつぶれていないだろうか。。。

なんて思っていたら、結局2時に頃に帰ってきた。鼻歌を歌いながら。どこ行ってたの?って聞くと、意気揚々とカメラを見せてくれた。そこには、たくさんの女の子。。。どうやら、バーでお酒を飲みながら女の子の写真を撮り続けていたら時間を忘れてしまったらしい。

$~駿祐のぐるぐるthinking~
人生には、女の子とお酒さえあればいい。実践しているから、気持ちがいいNeilや。

$~駿祐のぐるぐるthinking~
キリッとしてるけど、飲兵衛でエッチなおじいちゃんです。笑

駿祐

今日も1クリック!!お願いします^^*
おかげさまで、めっちゃ順位が上がっています、ありがとうございます!

大学生ブログランキング 27位*

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ世界一周ランキング111位*


にほんブログ村 世界一周