白磁のコーヒーカップ | 札幌 円山の家から

札幌 円山の家から

家と草木のアトリエ hausgras(ハウスグラス)のブログ。家づくり、ガーデニング、インテリア、食べ物、カヌー、スキーのことなど気ままに。


テーマ:

 

もう15年、毎日使い続けた白磁のコーヒーカップ。

札幌市内の雑貨屋さんで偶然見つけて数百円で買いました。東欧(ポーランドだったか)製。

手に馴染みがよく、程よい薄さ軽さ、シンプルな形でお気に入りです。

 

 

 

 

ただ、口縁(口当たり部分)が何箇所か欠けているので、似たカップがないか探していました。

そもそも私の家では手荒な扱いはしないのですが、どうしてこんなに欠けたのでしょう。

まあ、仕方ないことですが。

 

 

最近、形やサイズがほぼ同じ白磁カップが見つかり購入しました。

九州 長崎の波佐見焼(はさみやき)の窯元で作っているようです。

少し青みがかっていてクールな印象。

フォルムも上に向かって広がっていてスマートです。

 

 

 

 

取手アーチがちょっと小さめですが、持ってみるとより軽い。

ミニマルなモノですから、どこをどうシャイプするか、見た目と使い勝手のせめぎ合い。

 

 

そして何よりよいと思うのは、日本国内の窯で焼かれた磁器であること。

原材料も天草陶石(あまくさとうせき)で、窯元近くの地元のものです。

 

 

 

 

仕事のお供に欠かせないコーヒーカップ。

どちらも、大事に扱って永く付き合っていきます。

 

 

 

 

hausgrasのもう一つのブログより

雪の公園をめぐる



hausgrasもう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG



北海道 札幌の設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン

hausgras ハウスグラス

 

 

hausgrasさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ