バス水栓の部品交換 | 札幌 円山の家から

札幌 円山の家から

ガーデニング、インテリア、食べ物、カヌー、スキーのことなど。札幌の設計事務所 hausgras(ハウスグラス)のブログ


テーマ:

 

築10年が過ぎた札幌 円山の自宅。

メンテナンスをする所が少しずつ出てきました。

 

バス水栓を締めた時の水切れが悪くなり、部品を交換することにしました。

我が家の場合は、浴槽の湯水張りとシャワーを兼ねた水栓なので、

開け締め頻度が多くて、パッキン材の硬化や弛みが早いのかもしれません。

 

 

 

 

 

コンクリートの壁に埋め込まれたバス水栓。

円筒状のハンドルを取り外すと、スピンドル部分が出てきます。

 

 

スピンドル部をモンキーレンチで回し抜きします。

 

 

 

 

 

 

 

 

右が新しいスピンドル部で、左が10年使用したスピンドル部。真鍮は酸化して真っ黒。

真鍮製の外郭に、ステンレス製の軸がネジ込まれています。

 

軸の先に、ゴムパッキン付きの真鍮製のコマが差し込まれていて、これが水路を塞ぐ要所。

10年の使用でゴムパッキンが硬化して、水路を塞ぎ(水圧を抑え)きれなくなったのです。

 

 

 

 

このゴムパッキンを取り替えるだけでもよいのですが、

止水コマを含むスピンドル部がネットショップで1500円程だったので、

この際、スピンドルごと取り替えることにしました。

 

 

 

 

部品と工具の用意があれば、誰でもできる簡単な作業です。

 

 

 

 

水栓の部品を取り換える際には、水道管を流れる水を止める必要があります。

 

 

 

 

外の水道メーターボックスを開けると、地面から深さ60センチ程のところに、

水道メーター本体と、その横にハンドルの無い止水バルブ(四角軸)があります。

札幌など寒冷地の特殊仕様です。

 

 

 

 

ハンドルの代わりとなる「止水栓キー」という長い特殊工具を、止水バルブ軸に差し込み、

時計回し(右巻き)に回すと水が止まり、反時計回しで水が通ります。

 

 

 

 

室内に別途、水道の止水栓(水抜き栓)がある場合は、そこで水を止めることができます。

我が家の場合は、水抜き兼用の止水栓が壊れていたので仕方なく、元栓を開け締めしました。

こんどは水抜き栓の修理をしなくては。

 

 

 

 

hausgrasのもう一つのブログより

赤レンガとトドマツ緑の家の完成写真



hausgrasもう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG



北海道 札幌の設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン

hausgras ハウスグラス

 

 

hausgrasさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス