レンガを買いに野幌へ | 札幌 円山の家から

札幌 円山の家から

ガーデニング、インテリア、食べ物、カヌー、スキーのことなど。札幌の設計事務所 hausgras(ハウスグラス)のブログ


テーマ:

 

倶知安町の農家の新築工事がようやくまとまり、秋の着工に向けて動き始めました。

工事契約前ですが、収穫で忙しくなる前にやれる事を。ということで、

江別市野幌(のっぽろ)の米澤煉瓦さんに、レンガの買い付けに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は社長さんが別の接客をされていたので、工場長さんにご案内いただきました。

 

 

 

 

玄関ポーチと玄関土間に敷き並べるレンガを650〜700個探します。

地元の江別野幌で採れる土と砂を主原料にして焼かれるレンガですが、

焼く温度、酸化還元(酸素量)、土に微量混ぜる発色元素、

敢えて焼きムラを付ける工夫、角を落とす行程などで、

様々な色と表情のレンガが作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はたまたま、レンガを焼く窯(かま)の中を見せてもらう事ができました。

見せる人も見せてもらう人も嬉しそう。

 

 

耐火煉瓦で覆われた坑道のような長い煉瓦窯。70メートルあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご夫妻に迷いはありませんでした。

「ヤキスギ」といわれる濃い色の赤レンガをベースに、

それより少し明るい色をした原初タイプのレンガをほんの少し混ぜて敷くことになりました。

 

この赤に、外壁板の濃い色とのコントラスト。

そして、農作物の緑黄や褐色、草木の緑がよく映えることだろうと想像します。

 

 

 

 

hausgrasのもう一つのブログより

札幌円山の庭の夏 プレーリーガーデン メドウガーデン



hausgrasもう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG



北海道 札幌の設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン

hausgras ハウスグラス

 

 

hausgrasさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス