荏の油(えのあぶら)を塗ってみる | 札幌 円山の家から

札幌 円山の家から

ガーデニング、インテリア、食べ物、カヌー、スキーのことなど。札幌の設計事務所 hausgras(ハウスグラス)のブログ


テーマ:
 
昔から建築、室内木材に塗る油として使われてきた「荏の油」(えのあぶら)。
エゴマから採れる油で、乾性油のひとつ。
塗ってから時間が経つと乾いて膜ができます。
 
 
 
 
 
その皮膜の効果で、防水性、耐候性がよくなるという。
そこで、荏の油をカヌーのパドルに塗ってみました。
 
 
チェリーの無垢を削り出したこのパドル。
塗る前、表面はカサカサです。
 
 
 
 
 
 
 
 
塗ると、しっとり濡れ色に。
荏の油が木の内部に浸透するまで、数時間置きます。
 
 
 
 
 
明日、拭き取ります。
 
 
 
 

hausgrasのもう一つのブログより

木製高性能窓 DOMUS(ドムス)



hausgrasもう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG



北海道 札幌の設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン

hausgras ハウスグラス

 

 

hausgrasさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス