目国内岳(めくんないだけ) 山スキーツアー | 札幌 円山の家から

札幌 円山の家から

ガーデニング、インテリア、食べ物、カヌー、スキーのことなど。札幌の設計事務所 hausgras(ハウスグラス)のブログ


テーマ:
 
日曜日は、ニセコ連峰の目国内岳(めくんないだけ)へ、山スキーツアー。
 
 
 
 
 
快晴無風、真冬に珍しい安定した天気。
行きの道すがら、
尻別岳(しりべつだけ)と羊蹄山(ようていざん)が、
とても美しく眺められました。
羊蹄山の南回り(留寿都村と真狩村を経由)のこのルートが私は好きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
スタート地の蘭越町 新見温泉(にいみおんせん)。
昨年いったん閉館しましたが、経営運営が変わり、
今年の1月7日からマイナーチェンジして再開された秘湯です。
 
 
 
 
 
 
 
 
駐車スペースは車でいっぱい。
昨日までの数日は荒れた天気だったので、
皆さん、お持ちかねだったのでしょう。
 
 
私たちは13人のパーティーで、9時半頃スタート。
画像のやや左奥に見える尖りが、目国内岳のピークです。
 
 
 
 
 
 
 
 
ダケカンバの疎林をゆっくり登っていきます。
 
 
結局、目国内岳の山頂までは行かず、
ダケカンバの疎林の丁度よい斜面を滑ることになり、
午前中に1本滑り降り、午後に登り返してもう一本。
午後から薄雲がかってきましたが、終日穏やかな天気でした。
 
 
 
 
標高860メートルから東側を眺めると、
シャクナゲ岳、チセヌプリ、ニセコアンヌプリ、
そして右奥には羊蹄山の、真っ白な連なり。
どの山もバックカントリースキーの聖地です。
 
 
 
 
滑り出し地点で、先輩諸兄がコースの確認中。
私は後に付いて行くだけです。
 
 
 
 
 
今現在、北海道の日本海側は例年に比べ、
雪がかなり少ないらしく、ここも同じでした。
 
「もっと雪降れ」なんて思ってしまうのは、
我々、山スキーヤーだけです。
 
 
 
 

hausgrasのもう一つのブログより

真冬のカヌー パンケナイ川を漕ぎ上がる



hausgrasもう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG



北海道 札幌の設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン

hausgras ハウスグラス

 

 

hausgrasさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス