七島藺(しちとうい)の縁無畳(へりなしたたみ) | 札幌 円山の家から

札幌 円山の家から

ガーデニング、インテリア、食べ物、カヌー、スキーのことなど。札幌の設計事務所 hausgras(ハウスグラス)のブログ


テーマ:

飛騨高山の古い町屋の再生では、
2階の座敷に七島藺(しちとうい)の縁無畳(へりなしたたみ)を敷きました。





七島藺は通常の畳表のイグサより、5~6倍も強靭で耐摩耗性があります。
それで縁無しにできるということもあるでしょう。

七島藺の断面は円形ではなく三角形。
イグサの畳表よりも素朴で無骨な仕上がり肌触りとなりますが、それも味わいです。





江戸時代の役場であった高山陣屋(たかやまじんや)の座敷にも、
この七島藺の縁無畳が敷かれています。

入手するのも製作するのも難しい七島藺の縁無畳ですが、
そんな繋がりもあり、七島藺の畳表も、それを製作できる畳職人さんも、
まだかろうじて高山には残っていました。




hausgrasのもう一つのブログより。

石を割って叩く



hausgrasもう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG



北海道 札幌の設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン

hausgras ハウスグラス


hausgrasさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス