Freut mich! Wir sind Hauptharmonie.

戦国時代を知らないアイドルたち、
HauptharmonieのBLOGです。


テーマ:

事実上、最後のリリース曲となったこの曲の解説を最後に。

 

 

 

 

(6:10から)

 

80年代、BRUCE SPRINGSTEENやRCサクセションみたいな、雄大な、砂漠をゆくキャラバンをイメージした曲だけに仮タイトルも『WAGON』でした。

 

歌詞もそんな感じで、雨降ったり槍降ったりトラブル三昧のロングアンドワインディングロードでしたけど、どうしても世の中はそんなものだわって割り切ることができなくて、賢くなれなかった私達、掴めなかった私達にどれだけの価値があるかわかりませんがそれでも私達から大好きなあなたに向けてのアイラブユーを認めました。

 

 

あと4日で私達はいなくなります。

もう会えないあなたの心が誰を思っても、仕方がない。

だけど、ときどきでいいのでCDとか聴いて、ノスタルジーでもなんでも、たまに飽きるほど僕のこと想ってくれよって僕が想うくらい僕は君(との時間)が好きでした。

 

 

 

皆さん幸せに過ごしてくださいね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


(3:34から)


ビールを片手に野外の芝生で酔っぱらいながらユルくrudeに踊る。
SKAを標榜してるグループだったら一度は必ずやらなきゃいけないだろうって曲が最後の最後で出来ました。


歌詞は、戦争の終わった荒野を前になすすべもなく立ち尽くしている光景で、次第に暮れて紅く染まっているのか自分の眼球が返り血に塗れてなにもかもがそう見えるのか。辛うじて生き残った人さえ希望を見出せずレミングスのごとく連なって、死に急ぐ。茫洋というか傍観というか諦念というか、なんにせよ救いがないなぁ…って前曲『Tokyoite Grim Reaper』もそうなんだけど。あ、でも「あー」とか「おー」とか言うのは今までに使った事無い、肩の力が抜けてる感じするから少しはPOPなのかな。いや、それとも無気力なのかな。自分でもわかりません(苦笑)


冒頭の波音は、今年の頭、理不尽な理由で僕が行きそびれた国、キューバへの憧れを込めて探したフリー素材、キューバの波音をサンプリングしています。なんだったら仮タイトルは『空想のキューバ』です。どこかで聞いたことある気がしますか?(苦笑)

ほんで、いまのとこ誰にもツッコまれてないからついでにもういっこネタバレしちゃうと、リフの管楽器はBECKの『Sexx Laws』です(笑)

あと、書いたときはこんなに「忖度」って言葉が流行ると思いませんでした(笑)


ツアーにて生演奏で披露します。



さぁ、次回はお待ちかね『豪遊』の解説です。



【Brass!Brass!!Brass!!!発売記念フルバンドツアー】

日程:2017年4月15日(土)
会場:心斎橋Drop
開場:18時 / 開演:19時
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band

日程:2017年4月16日(日)
会場:池下UP SET
開場:11時 / 開演:11時30分
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band
GUEST LIVE:Split BoB

日程:2017年4月21日(金)
会場:渋谷TSUTAYA O-WEST
開場:18時 / 開演:19時
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band

チケットはプレイガイドもしくはメール予約(hauptharmonie.idol@gmail.com)まで。
※入場は手売り→プレイガイド→メール予約の順を予定しています
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


(2:28から)


筋肉質なリフで押して押し倒す曲というのはハウプトハルモニー史上初なのではないでしょうか?なんべんも繰り返す、聴いても聴いても飽きない、リフの難しさを痛いほど思い知りました。

それを受けてのサビも、メロディアスにしすぎたくない、でも単調じゃ嫌だ。高級鉄板焼きでも吉野家でも無い、いきなりステーキくらいの?手頃でありつつ食いでのあるdopeさに落とし込みたかった、そういう曲を3曲目に置きたかった。前曲『唇』の熱量から地続きで薪をくべるような展開を作りたかった。



オケが完成したのは歌録りの数日前で。
いままでで1番慌て狂いながら捻り出し纏めた曲だと思う。

メンバーにも迷惑かけてしまうってわかってないわけじゃないんだが。でも、なんのネタも用意してなくとも「このアルバムの3曲めにはこういう曲が必要なんだ!」って、そうなってしまったらもう、できるだのできないだのは許されなくて。書くしかない。日数がなかろうが計画性がなかろうが最高を仕上げるしかない。最も大事なことは音楽と舞台しかない。そのためだったら魂を悪魔に売り飛ばしてもいい…という考え方がこのグループを破滅に導いた一因であることは、まぁ、今日のところは置いといてください(汗)


歌詞はスラスラ出てきた。
『Kidnapper Blues〜人攫いの憂鬱〜』のときハマらずあぶれた言葉達(「Terminal 1の滑走路は渋滞」とか「ミザリーはエゴイスト」)と、数日前に知った「Tokyoite」という単語を置きたいところに置けたら全体像がイメージできてストーリーも綴れた。

リフ部分は全員で叫べるフレーズにしたかった。そこのフレーズは絶対一発で叫べるようにしなくちゃって思ってて、つまりタイトルに冠せちゃうくらいじゃなきゃダメだと思ってて『Tokyoite Grim Reaper』、字面も意味もイイ感じで、仮でハメてたフレーズを差し替えてなお、お釣りで億万長者になれそうな納得具合です。

結局、マスタリング前夜「もう一声!」ライブ後の相沢&銀を連行してセリフとか録り直しとかやり尽くして。よくやってくれました。


ちなみに仮タイトルは『LUNA SEA SKA』でした。
『MECHANICAL DANCE』をSKAにしてみたら面白いのでは?みたいなところが発案でした。
デモにはもっとJanne Da Arcさもあったかな。『ICE』。
それこそMECHANICAL DANCEもツービートに裏打ちギターが乗ってたりするもんね。
サビのギターが『Dejavu』や『TONIGHT』っぽくなった誤算も。やっぱLUNA SEAの血は俺たち世代に根付いてるね。


練りに練った結果、その後の展開もバルカンっぽく、ウチらしくなり、アッパーになった『ディスカバリー・クタイシ』とでも言おうか、なかなか邦楽じゃ聴かないテイストとクッサクサの邦楽っぽさが混在した、国内に稀なんじゃないかな?って、ウチららしい音楽に着地しました。先の『大脱走』よりずっとずっと猥雑であった、ズラッと並べた珍妙な素材を料理にして、上手に1枚皿に盛りつける事ができたと思います。


ライブでは音源よりもうちょっと汚い表現にしたいな。
あと何回披露できるかわからないが、めいっぱいアツくなってくれ。



【Brass!Brass!!Brass!!!発売記念フルバンドツアー】

日程:2017年4月15日(土)
会場:心斎橋Drop
開場:18時 / 開演:19時
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band

日程:2017年4月16日(日)
会場:池下UP SET
開場:11時 / 開演:11時30分
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band
GUEST LIVE:Split BoB

日程:2017年4月21日(金)
会場:渋谷TSUTAYA O-WEST
開場:18時 / 開演:19時
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band

チケットはプレイガイドもしくはメール予約(hauptharmonie.idol@gmail.com)まで。
※入場は手売り→プレイガイド→メール予約の順を予定しています
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『Brass!Brass!!Brass!!』収録曲の中では最も古い、
一花&銀が加入してくるタイミング(昨年秋)に合わせてTapferkeit Bandの皆とスタジオに入りながら作った2曲です。




それぞれ(1:17から)(4:49から)

『唇を奪いにいく』は「これこれこういう曲がやりたいんだよね」つって事前にいくつかリファレンス共有した上で「コードはこれ!はい、よーいドン!」で鳴らしながら作った…ような。深夜練やるときはたいがいみんな飲みまくってやるから記憶が曖昧(苦笑)

同じ日に『ハウプトハルモニーの大脱走』もお披露目するって決めていたので、あっちが陽ならこっちは陰だろうなってイメージはありましたね。だとするなら歌詞もさ、歌舞伎町!って感じで身分も忘れて新米のボーイに恋して駆け出す嬢王の話になりました(笑)なんだったら『黒い太陽』です。酒井若菜さん可愛い。

Bメロの5小節目のコードを今回の収録(Rec)に際し変えて録れたからこれで完成かな。


…ウチら、シャッフル、スウィングしてるビートが多いね。
やっとこさリズム掴めるようになってきたタイミングでゴキゲンヨウですけどね(苦笑)






『脱走』はもっとパワーポップな原曲だった気がします。
それが削ぎ落とすほどにOLDIESなアレンジになり、歌詞も引っ張られて、まぁサムクックというかトータス松本(笑)ってところから始まりつつ、Doo-WapだのRapだのハウプトハルモニーでやってみたかったことをやりたいだけ詰め込んで不協和音もなく、2017年のOLDIES(スタンダード)更新版をやるならこういうカタチが正解なんじゃないかな?

「午前三時の鐘が聞こえたら合図にしよう」って歌詞がね、我ながら支離滅裂だって思いながら語感重視でいっかって通しました。やかましいだろ、そんな時間に鳴り響かれても(苦笑)



いまツアーに向けてのゲネプロやってる最中です。
僕はあまり介入せずこれを書いてます。

メンバー12名のやりとりやかけひきから生まれるグルーブを楽しみにしながら。



【Brass!Brass!!Brass!!!発売記念フルバンドツアー】

日程:2017年4月15日(土)
会場:心斎橋Drop
開場:18時 / 開演:19時
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band

日程:2017年4月16日(日)
会場:池下UP SET
開場:11時 / 開演:11時30分
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band
GUEST LIVE:Split BoB

日程:2017年4月21日(金)
会場:渋谷TSUTAYA O-WEST
開場:18時 / 開演:19時
前売:3,300円 / 当日:3,800円(D別)
出演:Hauptharmonie und Tapferkind Band

チケットはプレイガイドもしくはメール予約(hauptharmonie.idol@gmail.com)まで。
※入場は手売り→プレイガイド→メール予約の順を予定しています
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。